PPP注入療法(プラズマジェル)

PPP注入療法(プラズマジェル)の内容・効果

PPP注入療法(プラズマジェル)とは、自分の血液から採取したPPP(少血小板血漿)を使用して、短時間でシワ、くすみ、ほうれい線を改善することが出来る【再生医療】といわれる施術です。
PPPに含まれるタンパク質に熱変性を発生させて、注入しやすい硬さ(ジェル状)に加工したものを肌に注入します。なお使用する機器によって、PPP注入療法またはプラズマジェルと名名称は変わりますが、注入する内容は同じです。

自分の血液のみを使用するので、薬害性のアレルギーなどが起こることなく、ヒアルロン酸やコラーゲン注射に抵抗のある場合でも安心して施術を受けることができ、比較的リスクの少ない施術と言われています。

PPP注入療法(プラズマジェル)のメリット


PRPの注入は効果が得られるまでに1~2か月程度の期間が必要ですが、PPP注入療法(プラズマジェル)は、注入直後から効果を得られるようです。

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの注入に比べ、自分の血液から抽出したPPPを使用するため、異物反応がなくアレルギーの心配もありません。注入後の腫れも少なく、ダウンタイムもほとんどないため、お仕事を休めない方などにも人気の高い治療です。
一回の採血から抽出できるPPPで、しわやくぼみ、ほうれい線など複数個所に注入できます。

また、この施術の対応症状は、シワ、タルミの改善、ゴルゴ線、ほうれい線、ニキビ跡、くま、輪郭の改善、頬のくぼみの改善、おでこの丸みを出す、鼻を高く、アゴを出す等の顔全般に関する多くの悩みを改善する事が出来ると言われています。

PPP注入療法(プラズマジェル)のデメリット・リスク

注入したPPP最終的には体内に吸収されるため、個人差はありますが、持続期間は3~6か月程度となります。よって、長期的な効果は期待できません。
また、ドクターの技術によって予期しないしこりや凸凹が出来てしまうことがあります。

PPP注入療法(プラズマジェル)の痛み・麻酔

クリニックによって変わりますが、基本的に麻酔クリーム、静脈麻酔などがよく使用されます。よって、麻酔注射時のチクッとした痛みはありますが、施術中の痛みを感じることはありません。

PPP注入療法(プラズマジェル)のダウンタイム

個人差はありますが、稀に注入部分に内出血、周辺部の赤みや腫れ、硬さが現れることがあります。およそ1~2週間程度で落ち着いていきます。また、メイク、洗顔、シャワー等は当日から可能です。

PPP注入療法(プラズマジェル)の料金・費用

クリニックや部位、また注入量によって変化しますが、およそ10万円前後が目安となります。

PPP注入療法(プラズマジェル)と他の施術の比較

PPP注入療法(プラズマジェル)は即効性がありますが、中長期的に効果が期待できる施術がPRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)という施術です。原理自体はPPP注入療法(プラズマジェル)に近いですが、こちらは成長因子(グロスファクター)を注入する事で、皮膚の再生や修正を促す作用になります。よって、個人差はありますが、1~3年程度だと言われています。また、この治療は効果が出るのが遅いため、PPP注入療法(プラズマジェル)と併用して施術を受けることも可能です。

ただし、これらの治療は総じてリスクが低い分料金が高いため、比較的安価で受けることが出来るヒアルロン酸注入(顔)コラーゲン注射ボトックスリフトなどもよく施術されています。

他にも同じようにしわやたるみに効果的な施術で、フラクショナルレーザーサーマクールCPTといったレーザーを使った施術や、フェイスリフトなどで物理的に肌を引っ張り、症状を改善させる方法もあります。

PPP注入療法(プラズマジェル)の失敗・修正

基本的に薬品などは入っていないため、アレルギーなどのリスクは少ないですが、まれに腫れや内出血、周辺部が赤くなったり硬くなるなどの症状が生じる場合があります。
また、注入量や部位を適切に判断しないと、しこりなどが残ってしまう可能性があります。きちんと経験の豊富な、且つカウンセリングもしっかりと行ってくれるドクター選び、クリニック選びは重要です。もし、そういった点でお困りのことがありましたら、ぜひ美容医療相談室にご相談ください。一人ひとりに合わせた最適なクリニックやドクターをご紹介させていただきます。

PPP注入療法(プラズマジェル)の名医

美容医療相談室では、PPP注入療法(プラズマジェル)など、美容皮膚科(注射・注入)やその他の美容医療の名医紹介を行っています。ドクターのご経歴や学会発表だけでなく、実際に治療を受けた方の体験談、ドクターが評価・信頼するドクターなどの情報を集め、独自の基準をクリアした名医をご紹介していますので、お気軽にご相談くださいね。

PPP注入療法(プラズマジェル)のよくある質問と回答

Q.ヒアルロン酸注入と迷っています。違いは何ですか?
A.ヒアルロン酸もPPP注入療法(プラズマジェル)も即効性があり、実感できる効果はさほど違いはありません。しかし、大きなポイントとしてPPP注入療法(プラズマジェル)は薬剤を一切使用していないため、アレルギーなどが起きることを防ぐ、体に異物が入ってしまうことに抵抗がある、などの問題をクリアすることが出来る再生医療による新しい施術です。しかしその分、料金もヒアルロン酸注入に比べて高価です。迷っているようでしたら、その点をふまえて一度ご検討ください。

Q.施術を受けることが出来ない場合はありますか?
A.最終的な判断はドクター次第ですが、基本的に皮膚やコンディションに何らかの障害があったり、妊娠中の方などは、施術を受けることが出来ない場合があります。

PPP注入療法(プラズマジェル)の口コミ・体験談(最新30件まで表示)

美容医療相談室に届いたPPP注入療法(プラズマジェル)の美容医療&美容整形の口コミ・体験談です。
※当相談室でご紹介しているクリニックの口コミではございません。クリニック・医師によりスキルは異なりますので、慎重にお選びください。

  • PPP注入療法(プラズマジェル)の口コミ・体験談―不満

    投稿日:2013-07-21/匿名さんからいただいた口コミ・体験談

    これ、良くないですよ。

  • PPP注入療法(プラズマジェル)の口コミ・体験談―不満

    投稿日:2013-05-31/たつさんからいただいた口コミ・体験談

    ヒアルロン酸のほうが良かったです。

  • PPP注入療法(プラズマジェル)の口コミ・体験談―不満

    投稿日:2013-04-29/morikaさんからいただいた口コミ・体験談

    NHKの再生医療の投稿欄に書き込みができなかったので体験談投稿をしたいと思います。
    私はPRPを2回受けましたが2週間で大体元に戻ってしまいました。PRPよりまだヒアルロン酸の方がもちが良いです。

  • PPP注入療法(プラズマジェル)の口コミ・体験談―不満

    投稿日:2011-09-23/かんたろうさんからいただいた口コミ・体験談

    ほうれい線にプラズマジェルを入れました。入れたときは、本当に薄くなってすごいと思ってたのですが、1か月もたたないうちに元に戻ってしまいました。再注入にはまたお金がかかるし、セルリバイブとかもっと長期的なものを選べばよかったと後悔しています。

ご意見をお寄せください!

美容医療相談室では、みなさまからお寄せいただいた体験談やご意見を元に、治療法に関する情報提供や名医の紹介を行っています。 「治療を受けたことがある」「カウンセリングに行ってみた」「友人が治療を受けた」など、ぜひ口コミ・体験談情報をお寄せください!

口コミ体験談の投稿
口コミを投稿
美容医療の相談
アドバイザーに相談

美容皮膚科(注射・注入)

美容医療カタログ 目次