ダーマローラー

ダーマローラーの内容・効果

ダーマローラーとは、無数の細い針がついたローラーを皮膚上で転がして目に見えない程度の小さな穴をあけ、その刺激によってコラーゲンの生成促進など、美肌効果を得る美容医療です。
毛穴の開きや小じわ、ニキビ跡の改善など顔の悩み以外にも、妊娠線や毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)といわれる、背中や二の腕の裏にできるぶつぶつなどの改善に効果が期待できます。

合わせて、施術直後に美肌成分を塗布することで、普段は浸透させることができない肌の深部にも、極小の穴を通って浸透させることが出来ます。

2~4週おきに6回程度施術を受けると効果的です。また、術後の赤み・乾燥などのダウンタイムが短いため、日常生活に支障なく、安心して治療を受けられるようです。

※ 市販されている家庭用のダーマローラーなどもありますが、ここでは、病院やクリニックなど、医療機関で行うダーマローラー治療について記載しています。

ダーマローラーを行う頻度は?

ダーマローラーの施術は、4週間に1度の頻度で行っていくと効果を実感しやすと言われています。微細な穴を無数に開けて刺激し、約4週間かけてグロースファクター(成長因子)を肌に浸透します。コラーゲン産生と肌の再生が行われるのです。
この周期を守りつつ数回、施術を行うことでより高い効果を感じることができると言われています。
回数をどのくらい行うかは、何を目的にダーマローラーを行うのかによって異なってきます。アンチエイジングやリジュビネーションを目的に行うなら、4週に1度の頻度を6回程度。これを1クールとして行うようにするとより高い効果が期待できると言われています。

ダーマローラーのメリット

光治療や高周波治療、注入治療などと比較すると、治療料金がリーズナブルな施術です。
治療後のダウンタイムも短く、赤みなども短期間でおさまるため、長期のお休みが取れない方に人気があります。
基本的な肌トラブル全般に対応できるため、比較的人気の施術になります。

ダーマローラーのデメリット・リスク

個人の肌質、ニキビ跡の状態などによって、美肌効果、ニキビ跡の改善効果が得られない場合もあります。事前の診断、カウンセリングでドクターの診断を確認するようにしましょう。
また、自分の肌トラブルに合わせた適切な針の長さを選ばないと、効果が出ない場合があります。

ダーマーローラーで悪化?失敗例が知りたい!

基本的にダーマローラーをやることでその後、肌に何かしら失敗トラブルが起きるリスク、危険性は低いと考えられます。その理由は、TCAピーリングのような強烈な酸による肌へダメージを与える方法やフラクセルレーザーのようなレーザー治療と比較すると自己治癒での効果を利用した施術となるためです。
しかし、施術の1つである以上失敗するリスクはつきものです。

まず一番目に挙げたいのが、ダーマローラーのやり過ぎが考えられます。
ダーマローラーに関してはほぼほぼ、これが失敗する原因として一番と言えます。
ダーマローラーを使っての穴あけをやり過ぎると、ニキビ跡の凹みクレーターが逆に悪化したり、以前は無かった切り傷のようなものが残る可能性があります。ダーマローラーが効果ないという口コミや感想を見ると、もしかしたら、やり過ぎたことが原因なのかもしれません。こういった場合、自分でダーマローラーを行った際に起こりうることなので、クリニックで行う際は、医師の指導のもと行うことを推奨します。

また、ダーマローラーをニキビなどのトラブルが起きている肌には注意が必要です。
炎症している硬いしこりニキビに対してダーマローラーを使用するとローラー部分とニキビ部分が接触してしまうことでニキビ跡の凹みクレーターが残る危険性が高まります。どんなにニキビがイヤだからといってニキビを治す方法としてダーマローラーを選択するのは考えたほうが良さそうです。
美容クリニックでニキビ治療を目的とした施術メニューにダーマローラーを使用しているところが多くあるので注意が必要です。
ニキビ部分とダーマローラーのローラー部分が接触しているかどうかなんて施術をしている医師や看護師にもわかりませんし、仮に認識しててもそれが原因でニキビ跡クレーター化してしまっても責任をとってはくれません。

ダーマーローラーで育毛効果はあるのか?

頭皮用のダーマローラーは、育毛剤の浸透率を高めるローラーと言われています。頭皮の上で転がし、角質層などの表皮へ小さな穴を開けます。
そうすることで、育毛剤の浸透率をアップさせるというものです。
育毛用ダーマローラーは育毛剤の浸透にフォーカスしているため、真皮にまで達する設計になっておりません。そのため、コラーゲンの生成などの効果は期待できないと言えます。

ダーマローラーの痛み・麻酔

基本的に麻酔クリームを塗布する場合が多く見られます。針の長さによっては、そのまま直接施術を行うこともあります。施術中は、痛みはほとんどないようです。

ダーマローラーのダウンタイム

治療当日は、若干の赤みが残る場合があります。メイクも、当日~3日は控えた方が良いでしょう。

ダーマローラーの料金・費用

部位によって異なりますが、顔全体に治療を行う場合、5万円程度が目安となります。

ダーマローラーと他の施術の比較

ダーマローラーの効果で特徴的なのはニキビ跡への改善効果が特徴的ですが、同じくニキビ跡の陥没へ効果的な治療で、イントラセルというものがあります。
こちらの施術は皮膚下に鍼を入れ、皮膚の深い層(真皮層)に直接RF(ラジオ波)を照射することで、にきび跡や毛穴の開きに、またしわやたるみなどのさまざまな肌トラブルにも効果のある美容医療器です。

また、ダーマローラーの電動版であるニューダーマローラー療法という施術もあるので、合わせてご検討ください。

ダーマローラーの失敗・修正

ダーマローラーは比較的リスクの少ない施術ではありますが、懸念するポイントとして針の衛生的な問題が挙げられます。複数の患者での使いまわしや前回使用してから日が経っていると、感染症などを引き起こす恐れもあります。
だからこそローラーは一人一個、使用した場合は洗浄、消毒、滅菌が必要です。
よって、衛生面でも信頼できるクリニックでの施術が重要になります。

ダーマローラーの名医

美容医療相談室では、ダーマローラーなど、美容皮膚科(注射・注入)やその他の美容医療の名医紹介を行っています。ドクターのご経歴や学会発表だけでなく、実際に治療を受けた方の体験談、ドクターが評価・信頼するドクターなどの情報を集め、独自の基準をクリアした名医をご紹介していますので、お気軽にご相談くださいね。

▽「美容皮膚科(注射・注入)」の関連施術はこちら
PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)
ヒアルロン酸注入(顔)
水光注射(ダーマシャイン)

ダーマローラーの口コミ・体験談(最新30件まで表示)

美容医療相談室に届いたダーマローラーの美容医療&美容整形の口コミ・体験談です。
※当相談室でご紹介しているクリニックの口コミではございません。クリニック・医師によりスキルは異なりますので、慎重にお選びください。

  • ダーマローラーの口コミ・体験談―不満

    投稿日:2015-12-02/ゼツさんからいただいた口コミ・体験談

    ダーマローラーを行い。2日後のなぜか。鼻から出血をきたし化膿して吹き出物ができました。効果もあまりなく。絶対に辞めた方が良いです。他の治療にお金を使った方が良いです。

  • ダーマローラーの口コミ・体験談―不満

    投稿日:2014-03-03/hmcklさんからいただいた口コミ・体験談

    ダーマローラーは、赤みやほてりは感じませんでしたが麻酔クリームが効かないほどいたかったです。肝心な効果ですが…3ヶ月たってもなんの変化も感じられません!絶対やめたほうがいいです。他の治療にお金使いましょ!

ご意見をお寄せください!

美容医療相談室では、みなさまからお寄せいただいた体験談やご意見を元に、治療法に関する情報提供や名医の紹介を行っています。 「治療を受けたことがある」「カウンセリングに行ってみた」「友人が治療を受けた」など、ぜひ口コミ・体験談情報をお寄せください!

口コミ体験談の投稿
口コミを投稿
美容医療の相談
アドバイザーに相談

美容皮膚科(注射・注入)

美容医療カタログ 目次