Motiva(モティバ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

Motiva(モティバ)に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

Motiva(モティバ)とは

Motiva(モティバ)とは、バッグ豊胸(人工乳腺法)で使用されるシリコンバッグの種類の一つです。

シリコンバッグで有名なメーカーの「メンター社」をはじめ、アラガン社、ユーロシリコン社などの技術者が集まって設立した「Establishment Labs社」によって開発されたものです。

誕生・成り立ち

従来のシリコンバッグは、シリコンバッグの耐久性、シリコンバッグの中身のジェルが漏れ出した場合の安全性、シリコンバッグ挿入後の炎症や皮膜拘縮(カプセル拘縮)などの副作用が問題点として挙げられていました。

新しく開発されたMotiva(モティバ)は、6層の構造で作られている上に、中身(ジェル)が100%充填(詰め込まれている)されているために、従来の問題点を解決した安全性の高い新しいシリコンジェルバッグと言われています。

Motiva(モティバ)の特徴

見た目の形の自然さが期待できる

Motiva(モティバ)は中身(ジェル)が100%充填されているため、ジェルの量が偏ることなく、重力に対して自然に形が変わっていくと言われています。

それによって、仰向けになっている時はトップの位置が真上にある状態のラウンド型(おわん)に、起きている時・立っているなどの時はトップの位置が下に下がるアナトミカル型(涙のしずく型)に動き、自然なバストを形成することが期待できます。

また、中身(ジェル)の質により、従来のシリコンバッグよりも柔らかさが自然な胸に近い柔らかさであるようです。

バッグの変形・リップリングになる可能性が低い

従来のシリコンバッグは、挿入時にバッグが胸の中でヨレてしわになったり、バッグの縁が目立ってしまうリップリングが起こりやすかったりすると言われていました。

新しく開発されたMotiva(モティバ)は、シリコンバッグの中身のジェルが100%充填されているため、これが起こる可能性が低いようです。

炎症・皮膜拘縮(カプセル拘縮)などの副作用が起こりにくい

従来のシリコンバッグは、表面がザラザラしているために、挿入時に体内で摩擦が起き、炎症・皮膜拘縮(カプセル拘縮)などの副作用が起こる可能性が高まっていました。

その問題点を解決するために開発されたMotiva(モティバ)では、表面の加工が従来のスムース加工(ツルツル)とテクスチャード加工(ザラザラ)を良いとこ取りした「Smooth Silk」(シルクサーフェス)という加工が施されています。

この加工により、挿入時の炎症を減らし、皮膜拘縮(カプセル拘縮)などの副作用が起こる可能性が低くなっているようです。

さらに、この加工により、小さい切開で施術が済むことも期待できます。

耐久性に優れている・ジェルが漏れにくい

従来のシリコンバッグは1〜4層の構造で作られていたため、胸に衝撃が加わると破損する可能性が高い上に、漏れ出した中身のジェルが身体に悪影響を及ぼすとも言われていました。

これらの問題点をもとに開発されたMotiva(モティバ)は、6層の構造になっているため、耐久性が見込まれます。

特に、外側から4層目の部分は特許を取得した、ジェルが外側へ浸透するのを防ぐ技術「バリアレイヤーインジケータ」と、シリコンバッグ本体と底部との密着度を高めてつなぎ目のない構造にする技術「トゥルーモノブロック」によって、衝撃に強く、万が一破損をしても、中身のジェルの流出を防ぐ作りになっています。

この層は「ブルーシール」とも言われ、青色に着色が施されていることで、バッグに不具合があるのかないのかを目視で確認することが可能なようです。

安全性の高いシリコンジェルが使われている

Motiva(モティバ)は耐久性が高いと言われていますが、万が一破損をした場合に備えて、中身のジェルは安全性の高いシリコンジェルが使われています。

使用されているシリコンジェルの原料は、アメリカのニューシル社製のもので、アメリカでもっとも普及していると言われています。

FDAの承認を受けており、医療用シリコンジェルとして長い使用実績もあります。

さらに、品質管理試験や様々な適合試験を実施されているなど、安全性の高さが伺えます。

体外から挿入したシリコンバッグの情報が確認できる

シリコン豊胸を受けてから年数が経過すると、メモなどを取っていなければ、どんな素材のシリコンバッグで、どのくらいのサイズなのかなど、入れたシリコンバッグに関する情報を忘れてしまうことも多いはずです。

Motiva(モティバ)では、そういったことを無くすために、Qチップ(Q Inside Safety TechnologyTM)という米粒細部のマイクロチップの埋め込みが可能です。

これを、専用の「トランスポンダー」という医療機器を乳房にかざすと、15ケタの数列が読み取れ、体外からどのタイプのシリコンバッグを挿入したのか、大きさはどのくらいかなどを確認することができます。

FDAから認可を受けており、安全性・有効性が認められているマイクロチップなので、MRIやX線撮影などを行なっても影響はないと言われています。

ただし、マンモグラフィーや精密なレントゲンに埋め込んだマイクロチップが写ることで、豊胸がバレてしまう可能性があります。それに抵抗がある場合は、埋め込まないタイプのMotiva(モティバ)を選択しましょう。

選べるサイズの種類が豊富

Motiva(モティバ)はサイズの種類が豊富で、オーダーメイド的な感覚で挿入するシリコンバッグの大きさを選ぶことが可能です。

その中には、東洋人向けのバッグも存在するほど。

高さは4段階で、横幅は8.5cm〜15cmの中から5mm単位で選ぶことが可能なため、350種類から希望に合わせたシリコンバッグが挿入できるでしょう。

Motiva(モティバ)の種類の特徴

モティバにはエルゴノミックスタイプと、エルゴノミックスではないタイプの2種類が存在しています。

エルゴノミックスタイプエルゴのミックスではないタイプ
・仰向けの状態ではラウンド型(お椀型)、起き上がっている状態ではアナトミカル型(しずく型)と、姿勢によって胸の形が変わるタイプ・仰向けの状態でも起き上がっている状態でも、トップの位置が変わらないタイプ

どちらにもメリット・デメリットがあり、希望の仕上がり・大きさなどに合わせて適しているものを選択することが重要です。

Motiva(モティバ)の中身(ジェル)のタイプ別の特徴

モティバの中身(ジェル)には、プログレッシブジェルアルティマ・プログレッシブジェルプラス・プログレッシブジェルの3つが存在します。

 ジェルのタイププログレッシブジェル アルティマプログレッシブジェル プラスプログレッシブジェル 
特徴・もっとも自然な見た目と感触に近い・自然な見た目を感触に近い・起き上がっている状態で、胸の上部にボリュームを持たせられる
 ジェルのタイプ・高い凝集性
・低い粘性
・とても高い弾力性
・高い凝集性
・中等度の粘性
・高い弾力性
・高い凝集性
・高い粘性
・中等度の弾力性
動き・流動性・エルゴノミックスタイプ・エルゴノミックスではないタイプ・エルゴのミックスではないタイプ

それぞれに特徴があり、タイプのジェルを使用するかは希望の仕上がりによって異なります。

カウンセリング時に医師としっかり相談しながら決めていきましょう。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

Motiva(モティバ)に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

Motiva(モティバ)のメリット

バッグ豊胸(人工乳腺)には様々な種類がありますが、Motiva(モティバ)を選ぶメリットは以下の通りです。

・従来のシリコンバッグよりも触り心地が柔らかく自然な見た目に近い
・6層構造で従来のシリコンよりも高い耐久性が期待できる
・2カップ以上のサイズアップができる
・オーダメイドのようにシリコンバッグを選ぶことができる

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

Motiva(モティバ)に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

Motiva(モティバ)のデメリット・リスク

Motiva(モティバ)は従来のシリコンバッグなどの人工乳腺と比較すると、耐久性・安全性・仕上がりなどに様々なメリットがありますが、その一方で、以下のようなデメリット・リスクが存在します。

・破損する可能性は0ではない
・個人差によってはサイズアップに限界がある
・他のシリコンバッグよりも費用が高額
・安全性が高いものの、劣化や破損の状態によっては入れ替えが必要になることがある

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

Motiva(モティバ)に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

Motiva(モティバ)の痛み・麻酔

Motiva(モティバ)をはじめとするシリコンバッグ豊胸(人工乳腺法)では、局所麻酔・硬膜外麻酔・静脈麻酔を併用し手術が行われます。

全身麻酔を使用しない理由としては、挿入するシリコンバッグの大きさの最終確認を意識のある状態で確認をするためです。

シリコンバッグを挿入するスペースが確保できたら、リサイザーと呼ばれる、ジェルの入っていないシリコンバッグのような形をしたものを挿入し、大きさなどを確認していきます。

その後、静脈麻酔を強めることで、再び眠った状態になり、痛みを感じることなく手術が行われます。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

Motiva(モティバ)に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

Motiva(モティバ)のダウンタイム

ダウンタイムに必要な日数

ダウンタイムに必要な日数は個人差がありますが、最低でも1週間、通常は日常生活に戻れるには約2週間〜1ヶ月ほどかかると考えておいたほうが良さそうです。

また、完成までには約6ヶ月かかるでしょう。

ダウンタイム中の症状・状態とその日数

 症状・状態日数・期間
痛み1週間〜1ヶ月
腫れ1〜2週間
むくみ〜6ヶ月
内出血〜3週間

ダウンタイム中に起こる症状・状態とその日数には個人差があり、翌日には比較的痛みが落ち着いて、デスクワークなどあまり身体に負担のかからない仕事であれば復帰される方もいます。

一方で、痛みが強く、1週間程度はあまり動くことのできない方もいます。

痛みの感じ方や強さには個人差があるため、ダウンタイムが不安な方は、長期休暇などを利用して手術を受ける方が良いでしょう。

ダウンタイム中の過ごし方・制限事項

過ごし方・制限事項日数・期間 
通院3回以上
抜糸術後7日目前後に行う
圧迫抜糸まで続ける
マッサージ1週間後から半年ほど行う
ワイヤー入りブラジャーの着用術後3ヶ月以降から可
シャワー浴3日後から可
入浴抜糸後から可能
飲酒2週間後から可
スポーツ3〜4週間後から可
仕事・外出1〜3日後から可

ダウンタイム中の過ごし方や制限事項などはクリニックによって異なりますが、Motiva(モティバ)などのシリコンバッグ豊胸は比較的大掛かりな施術のため、ダウンタイムは長引く傾向にあります。

体へかかる負担や仕上がりなども考えると、クリニックから指導された注意事項をしっかりと守り、術後3日程度は安静にしておくのが良さそうです。

自己判断はせず、気になることがあれば手術を受けたクリニックへ相談するようにしてください。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

Motiva(モティバ)に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

Motiva(モティバ)の料金・費用

Motiva(モティバ)は比較的新しいシリコンバッグを使った豊胸術のため、各クリニックでは通常料金とは別で、モニター価格になっている可能性があります。

以下はMotiva(モティバ)を行なっている主なクリニックの料金です。(2018年5月時点)

 クリニック名費用
 湘南美容外科(Motiva)470,610円
(Motivaエルゴノミックス)639,900円
共立美容外科(モティバ)910,300円
(モティバエルゴノミックス)972,000円
ヴェリテクリニック900,000円+税
聖心美容クリニック869,400円
大塚美容形成外科(Motiva)450,000円〜
270g以上 + 95,500円
ナグモクリニック(アンダー法)838,000円
(腋窩法)742,000円
(腋窩法+内視鏡)942,000円
プリモ麻布十番クリニック700,000円

クリニックにもよって異なりますが、血液検査代や麻酔代を含めると、最低でも50〜60万円の費用が必要になってきます。

また、費用が高い場合、血液検査代や麻酔代の他、アフターケア代などが含まれていることがあります。

明確な費用が知りたいという場合には、各クリニックへ直接確認が必要です。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

Motiva(モティバ)に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

Motiva(モティバ)と他の豊胸バッグの素材・特徴

バッグの素材特徴
生理食塩水バッグ・空のバッグに生理食塩水(血液と同じ浸透圧に調整された代用血液)を注入する
・破損をして中身が漏れても身体に悪影響はないと言われる
・破損をすると中身が漏れ出し、急激に胸がしぼむ
CMCバッグ(ハイドロジェルバッグ) ・生理食塩水とムコ多糖類を混合した液体ジェルが内容物の人工乳腺
・生理食塩水バッグに比べ、柔らかい感触で自然に近い仕上がり
・ヨーロッパでは安全性に問題があると指摘され、使用禁止や自主的リコールがされている
コヒーシブシリコン・粘性の高いシリコンジェルが内容物の人工乳腺
・破損をしても中身(ジェル)が体内へ流出しにくい
・現在のシリコン豊胸では、この素材が主流になっている

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

Motiva(モティバ)に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

Motiva(モティバ)の失敗・修正

「Motiva(モティバ)に失敗してしまった」「Motiva(モティバ)の修正をしたい」と感じた時は、まずは治療・手術を行ったクリニック宛に相談をしてください。一時的な腫れであったり、無料で修正手術を行える場合があります。

「治療・手術を行ったクリニックに行きたくない」「取り合ってくれない」という時は、美容医療相談室にご相談ください。修正が可能なドクターの紹介・診察の調整などをさせていただきます。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

Motiva(モティバ)に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

Motiva(モティバ)の名医

美容医療相談室では、Motiva(モティバ)エルゴノミックスなど、豊胸・バスト形成やその他の美容医療の名医紹介を行っています。ドクターのご経歴や学会発表だけでなく、実際に治療を受けた方の体験談、ドクターが評価・信頼するドクターなどの情報を集め、独自の基準をクリアした名医をご紹介していますので、お気軽にご相談くださいね。

▽「豊胸・バスト形成」の関連施術はこちら
コンデンスリッチ豊胸
セリューション豊胸(脂肪幹細胞注入)
アクアフィリング豊胸

【この記事の参照記事】
・Motiva implants:「Motiva TrueInnovation
・Motiva implants:「Product Warranty

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

Motiva(モティバ)に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

Motiva(モティバ)の口コミ・体験談

美容医療相談室に届いたMotiva(モティバ)の美容医療&美容整形の口コミ・体験談です。
※当相談室でご紹介しているクリニックの口コミではございません。クリニック・医師によりスキルは異なりますので、慎重にお選びください。

Motiva(モティバ)の口コミ・体験談

投稿日:2017-03-16
投稿者:匿名さん
no-img2
満足

クリニック名:大阪ワイエス美容外科

丁寧できちんとした説明を何度も受けることができたので、思い切って豊胸手術をお願いすることにしました。ずっとコンプレックスだったAカップの胸は自然なCカップになりました。かなり満足しています。以前では考えられなかった胸の大きく開いた服を堂々と着られるようになり世界が変わりました。それもみんな、納得いくまで話を聞いて説明をして下さった大阪ワイエス美容外科クリニックの先生のおかげです。もしまた機会があったら同じところで手術してもらいたいです。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

Motiva(モティバ)に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

ご意見をお寄せください!

美容医療相談室では、みなさまからお寄せいただいた体験談やご意見を元に、治療法に関する情報提供や名医の紹介を行っています。 「治療を受けたことがある」「カウンセリングに行ってみた」「友人が治療を受けた」など、ぜひ口コミ・体験談情報をお寄せください!

口コミ体験談の投稿
口コミを投稿
美容医療の相談
アドバイザーに相談

関連記事

豊胸・バスト形成

美容医療カタログ 目次