小鼻を小さくする方法|自分で簡単にできる方法から美容整形まで紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

気になる小鼻を小さくしたい!

輪郭と肌が綺麗な女性 鼻が低い、鼻筋が通ったカッコいい鼻になりたいなど鼻の悩みを持つ人は多くいますが、もうひとつ多いのが小鼻が大きいという悩みです。そんな小鼻を小さくしたいと考えている方は多いかもしれません。 そこで今回は小鼻を小さくする方法について紹介していきます。

小鼻が大きい原因

オフィスにいる女性

遺伝によるもの

鼻の穴の大きさや高さが決まる要因は遺伝によるものが大きいようです。目の色や髪の毛のクセ、耳の形など親から子へ遺伝するものはたくさんありますが、鼻筋や鼻の穴の形も遺伝に関係しています。 特に鼻の穴が横に広いと遺伝しやすいと言われており、親の鼻に似ているという人は多いのではないでしょうか。ちなみに遺伝は親からに限らず祖父母から遺伝する隔世遺伝も考えられます。

鼻にティッシュ等の詰め物をしたまま放置する

風邪をひいたり花粉症になると鼻水が出ますが、鼻をかみ過ぎてヒリヒリしてくるとティッシュを丸めて鼻の穴に詰め、流れ出る鼻水をせき止める方法をとる人がいます。 滅多に出ない鼻血程度の頻度なら問題ありませんが、日常的に長時間丸めたティッシュを鼻に詰めていると穴が広がった状態で元に戻らなくなることもあるようです。

鼻をほじるのが習慣化されている

ティッシュを鼻に詰めるのが習慣化しているのと同じく、鼻をほじる癖がある人も要注意。子供が鼻をほじっている姿を見かける人は多いのではないかと思いますが、常習化すると鼻の穴が広がる恐れがあります。 小指ならまだしも中には人差し指を使ってかき出す人は注意しましょう。指を突っ込んだ状態で左右に動かす動作は広がる原因となります。

加齢によるもの

年を取るにつれてからだや顔の皮膚がたるんでくるのは避けようがありません。加齢によってコラーゲンが減少し、皮膚の弾力がなくなると重力に負けて顔全体が徐々にたるんできてしまいます。 元々鼻が大きい人はたるんだ頬に引っ張られて余計に広がったように感じるようです。鼻の皮膚も年齢とともにたるむ可能性があることを忘れてはいけません。

小鼻を小さくする方法

海で髪をかきあげている横顔の綺麗な女性

鼻のマッサージ

鼻の皮膚を引き締めるマッサージがあります。具体的な方法としては、まず鼻の穴の横に人差し指を添えましょう。その状態で半円を描くように小鼻のカーブに沿って人差し指を動かします。 このようにして顔の血流を促進させることで、むくみやシワを防止しましょう。鼻だけでなく顔全体のコリをほぐすことが全体の印象を変え、小鼻のたるみを防ぐことにもつながります。

小鼻トレーニング(筋トレ)

小鼻のトレーニングによって小鼻を小さくするという方法もあります。まず親指と人差し指で小鼻をつまみ、そのまま鼻で息を吸うようにします。そのまま、親指と人差指を離すと鼻が一瞬閉じたままの状態になります。そして、その状態を数秒間キープします。これを5〜10回程度繰り返しましょう。 このように普段使わない筋肉を動かすと効果も出やすいようです。

メイクで工夫する

シェーディングは、ファンデーションより暗い色を使い顔に部分的に影を付けることで小顔効果や鼻が高く見える視覚的効果を狙うメイク技術です。鼻の穴に影を付けることで小さく見える効果が期待できます。 鼻を高く見せるために眉頭から鼻筋に沿って影を入れる方法がありますが、鼻の穴にかぶるくらいまで入れることで立体感が生まれ横の広がりが狭く見える効果も狙えます。

美容整形の施術を受ける(小鼻縮小術)

すぐに治したいや確実に小鼻を小さくしたいという方には美容整形がおすすめです。鼻翼縮小術を受ければ長年の悩みから解放されます。鼻の穴と鼻翼の一部分を数ミリ単位で切除して行われる手術の成功は、理想の鼻の穴の形になるように相談することが大事です。 費用はクリニックによって違いますが15万円程度でできるようです。手術箇所以外は術後すぐメイクも可能で、約5日後にはフルメイクもできるようです。

美容整形施術を受ける際は慎重なクリニック・医師選びが重要

笑顔のクリニックの男性医師 顔は初対面の人に好印象も悪印象も与える可能性のある大事なパーツです。美容整形の失敗を避けたいなら慎重にクリニックを選ぶ必要があります。料金が安いことに越したことはありませんが、 クリニック選びは医師の技術や経験、アフターケア対応、時間をかけた十分なカウンセリングを受けられるなど、様々なポイントがあります。安価な料金や成功例の多さなどに惑わされがちですが、話を聞いてくれない医師やカウンセリングの時間が短いクリニックはやめたほうが無難です。

あなたに合った方法で小鼻を小さく!

顔の輪郭をおさえた女性 小鼻が大きくなる原因や広げないためにできることなどをまとめました。遺伝だからしょうがないと思ってしまいますが、普段何気なくやっていることが原因で大きくなることもあるようです。マッサージやエクササイズを実践し、悩みから解放されたいなら思い切って美容整形を受けてみるのもひとつの手です。あなたに合った方法で改善していきましょう。

関連記事