永久脱毛後にまた生えてくることはある?効果がなくなる3つの原因と対処法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

永久脱毛をした後にも毛が生えてくる?

失敗や後悔をして悩んでいる女性 永久脱毛の施術を受けた後にまた毛が生えてくることがあります。脱毛すればムダ毛がなくなると思っている人が多いですが、永久脱毛の定義を知ることで、その原因が分かります。これから詳しく原因を紹介していきます。

永久脱毛の定義

ポイントや注意点を教えている女性医師 永久脱毛という言葉から、施術をすれば永久に毛が生えてこない印象を受けます。しかし、永久脱毛の本来の定義とは、「脱毛が終わってから1ヶ月たった時点での毛の再生率が20%以下」のことを言います。日本では、医療脱毛によるレーザー脱毛が永久脱毛だと認められています。 毛は生えてくると脱毛が失敗したのではないかと思ってしまいますが、生えてきた割合が20%以下であれば成功であると言えます。実際には20%も再生することはないので、安心して施術できます。

サロンで行う光脱毛は「永久脱毛」ではない

一方で、脱毛を行う施設として、クリニック以外にもエステサロンが挙げられます。ここでは、フラッシュ脱毛と呼ばれる光を利用した脱毛が行われていますが、脱毛効果はクリニックが行うレーザー脱毛と比較しても非常に弱く、また生えてきてしまうという現状があります。 そうした点を踏まえて、永久脱毛を行う施術は医師のみに限られ、広告などで「永久脱毛」と謳い、医師以外のものが脱毛を行うエステサロンは医師法違反と考えられ、悪質な施設の可能性があるため注意が必要です。

永久脱毛してもまた生えてくることがある

頭を抱えて悩んでいる女性実は、永久脱毛をしても絶対に毛が生えてこないわけではありません。脱毛の施術では、毛の生え変わりのサイクルに合わせて行いますが、中には長期間眠ったままの状態の毛があるためです。 脱毛の施術では成長期の毛のみにしか効果がないので、眠っている毛にいくら施術をしても効果はなく、脱毛が終わってから毛が生えてくることがあります。

永久脱毛後にまた生えてきてしまう原因

毛周期の乱れ

毛の生え変わりのサイクルのことを毛周期と呼び、ほぼ一定のリズムで繰り返されています。しかし、ストレスなどでホルモンバランスが乱れてしまうと、毛周期も乱れてしまうことがあります。毛周期のサイクルとずれてしまうと、せっかく脱毛しても効果が得られなくなってしまいます。 ストレスを解消し、毎日の生活習慣を安定させることで予防することができます。

出力が低かった・打ち漏れ

永久脱毛に使われる機械は、スタッフがお肌の状態と毛の状態を確認して出力を調整していきます。出力が低いと痛みは少ないのですが、その分脱毛効果が下がります。 また、打ち漏れといって、照射できない部位があると、そこだけ毛が残ってしまいます。スタッフのミスであることが多いので、しっかりとした教育を受けた所を選びましょう。

産毛が濃くなる

永久脱毛後に産毛が濃くなるということがあります。せっかく脱毛して毛をなくそうとしているのに、毛が濃くなるとショックを受けてしまいますが、これは脱毛機の刺激によって毛根が活性化したことが原因と考えられます。 施術を続けることで、自然に毛がなくなることが多いので、毛が生えてくることがあっても脱毛を続けましょう。

ホルモンバランスの乱れによる新しい毛の発生

ホルモンバランスは毛の生成にも大きく影響しており、大きく乱れてしまうと、予期していない箇所から新しく毛が生えてきてしまう可能性もあります。 食事や睡眠、運動やストレスなど日常生活の様々な要素が絡んでくるとみられ、女性の場合は生理中などはホルモンバランスが乱れやすいとも言われています。

永久脱毛後に生えてこないようにするためのポイント

決まった頻度で通う

時計を指さしている女性毛周期に合わせた永久脱毛をすることが、効果的な脱毛には欠かせません。そのため、毛周期に合わせて数カ月に1度の頻度など、決まった頻度で通うようにしましょう。こうすることで、永久脱毛の効果を最大にすることができます。毛周期は部位や人によって異なりますが、「2~4カ月ごと」であることが多いです。 定期的に通うことで、成長期になった段階で施術が可能になり、少ない施術回数で効果的にムダ毛をなくすことができるようになります。

クリニック選びは慎重に

笑って携帯を見ている女性 せっかく永久脱毛を受けるのであれば、毛が生えてこないようにするために、クリニック選びは慎重にする必要があります。費用だけで比較するのではなく、アフターケアがしっかりしているクリニックや、カウンセリングがしっかりとしている所を選びましょう。 しっかりとした対応をしてくれると、トラブルがあった際にもお肌のことを考えた施術をしてくれます。スタッフの話し方や、施術方法なども確認して、安心して通えるクリニックを選びましょう。

永久脱毛してまた生えてきてしまった時の対処法

レーザーを再照射する

クリニックで顔のレーザー治療を受けている画像毛周期のズレや新しく生えてきてしまった毛に対して、再度レーザー脱毛を行うことで、生えてきてしまった毛の脱毛を行うことが可能です。 今までやってきた施術回数よりも少ない回数で成長期の毛母細胞に対してアプローチ出来るので、人によっては数回で永久脱毛状態にすることも期待できます。

ニードル脱毛を行う

数えるほどしか生えてきていない場合は、毛穴1本1本に対処できるニードル脱毛が効果的と言われています。ニードル脱毛とは、極めて小さな針を毛穴に刺して、微弱な電流を流して毛根を破壊する方法です。 残り数本であれば、一度で確実に脱毛を行うことが出来る上に、費用も本数単位、または作業の分単位で請求されるため、比較的安価で済ますこともメリットとして考えられます。

自己処理で対処する

カミソリとクリームある程度の脱毛を終え、「本数が少なくなってきた」「毛が細くなってきた」という場合には、自身の処理で済ましてしまうという人も少なくありません。 脱毛施術前よりも目立たなくなっていて、尚且つ生えてくるスピードも遅ければ、処理にそこまで手間取ることも無く、すぐに剃毛を終えることもでき、何よりこれ以上費用をかけなくても済むことが出来ます。

エステサロンの光脱毛で対処する

もともとの毛よりは細いものの、産毛などが広範囲で広がっている場合には、エステサロンの光脱毛を行うことが向いていると言えます。 光脱毛はレーザーよりも出力は下がるものの、費用や痛みなども安価で、減った毛に対して適した出力で施術を行うことが出来ます。

不安な場合は施術を行ったクリニックに相談しましょう

電話をしている女性 もし、永久脱毛をしたのにまた毛が生えてきてしまった場合には、クリニックに相談しましょう。施術回数が決められているコースでも、メンテナンスとして処理を行ってくれる場合もあります。打ち漏れや出力が低い場合には、対応をしてくれる可能性が高くなります。 毛深いからと諦めるのではなく、施術を受けたクリニックに相談することで、満足な結果が得られることもあります。施術後の対応について説明することもあるので、カウンセリングの内容はよく覚えておきましょう。

関連記事