永久脱毛はワキガ改善に効果があるのかについて詳しく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

永久脱毛とワキガの関係について

ワキガの臭いが気になる人にとって永久脱毛は多くのメリットがあります。 ムダ毛が生えていなければケアを行いやすくなりますし、汗もすぐに乾きます。また、菌の繁殖を防ぐことにもつながりますので、有効なワキガ対策となるのです。今回はそんなワキガと永久脱毛の関係について詳しくご紹介していきます。

永久脱毛とは

永久脱毛とは、脱毛の処理を行った後に一生ムダ毛が生えてこないということではありません脱毛を終えてから一定期間過ぎた時点で一定量のムダ毛が減っている状態を指します。 この状態が得られる施術はクリニックなどの医療機関でしか受けることができず、対象となるのはニードル脱毛や医療レーザー脱毛です。 ニードル脱毛は一本ずつ処理を行う方法ですので施術には時間がかかりますが、ニードル脱毛は数本ずつ処理できますので短期間で脱毛を行えます。

ワキガとは

ワキガとはアポクリン汗腺から出る汗が皮膚の常在菌に分解されて発する嫌な臭いのことを指し、アポクリン汗腺は脇の下や陰部、耳の穴、乳頭などに存在します。 アポクリン汗腺から分泌される汗はドロッとしていて黄色みがかっていることが多いのですが、それ自体は分解されるまで臭いはありません。 遺伝的な要素を持っていてワキガになる人もいますし、ホルモンバランスが乱れたり過度な緊張状態に陥ったり、生活習慣や食生活が乱れたり、強いストレスを受けることで発症します。

永久脱毛とワキガには直接的な影響はない

永久脱毛を行うとワキガが良くなるといわれていますが、医療レーザー脱毛を受けてもアポクリン汗腺の働きを停止させることはできませんので、ワキガの治療を行うことはできません。 確かにムダ毛がなくなると汗をかいてもすぐに乾くようになりますので、処理を行う前と比べると衛生的に保てるようになるため雑菌の嫌な臭いを抑えることは可能です。しかし、ワキガの原因となっているアポクリン汗腺は施術前と同じように働いています

レーザー脱毛の場合、汗の量が増えることがある

永久脱毛を受ける際に覚えておかなければならない懸念事項もあります。医療レーザー脱毛を受けると照射されたレーザーがエクリン汗腺に作用して汗の量を増やしてしまうことがあります。 汗が増えると臭いは当然強くなりますので、永久脱毛の施術を受けたことでワキガが悪化したと感じます。このような発汗作用を及ぼす刺激は永久脱毛を行った後にずっと続くのではなく一時的だとされていますが、臭いが気になり始めると精神的な発汗作用も見られるようになります。

レーザー脱毛後にワキガの臭いを強く感じる理由

永久脱毛の後に臭いを強くする要因として施術の間隔を空けることが挙げられます。次の施術までの間に処理を怠り、ムダ毛が増えると汗による雑菌がたくさん繁殖するようになりますし、エクリン汗腺への影響によって汗の量も増えていますので、悪い循環に陥ってしまうことがあります。 施術の間隔を空ける場合には、その間に十分に衛生的な環境を作れるように気をつけなければなりませんし、汗が増えたら乾きやすいように服装に気をつけるというようなケアをする必要があります。

中には臭いが軽減したと感じる人もいる

施術を受けた後に臭いが気になり始める人がいる反面、軽減されたと感じる人もいます。レーザー脱毛は永久脱毛としての効果に優れていますのでムダ毛の再生をきちんと弱めることができ、汗をかきやすい季節でも清潔にたもてるようになります。 臭いの原因には雑菌が深く関わっていますので、永久脱毛で衛生的な環境を作れるのは非常に大きなメリットです。実際に永久脱毛を受けてみてケアが必要ないという位まで改善している人も大勢います。

ニードル脱毛の場合軽度のワキガの場合は治る可能性がある

同じような永久脱毛であってもニードル脱毛は毛穴一つ一つに特殊な細い針を刺し込んで微弱な電流を流すこと毛根を死滅させていく方法です。なのでアポクリン汗腺にもダメージを与えられる可能性があります。アポクリン汗腺に直接作用させる可能性があるのはニードル脱毛だけですので、ワキガを治したいのならニードル脱毛を受けるのがオススメです。 ただし、強い臭いを持つ人が改善させるのは困難であり、軽度の人であっても全ての人の症状が改善される訳ではありません。

ワキガを直したいならワキガ治療を

永久脱毛はムダ毛をケアしたい時に受けるものであり、ワキガを治したい時に利用するものではありません。 確かに軽度な症状ならニードル脱毛で改善されることもありますが、誰もが同じような作用を得られるものではありません。本気で改善したいと思うのなら医療機関でワキガの治療を受ける必要があり、簡単な方法なら内服薬や外用薬もあります。 他にもレーザー治療や外科的手術など色々な手段がありますので、まずは医療機関で相談してみることが大切です。

関連記事