「大人ニキビ」予防&治療法

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
ニキビは思春期の象徴・・・のはずなのに、大人になっても繰り返しできてしまう吹き出物。これは「大人ニキビ」とも言われますが、学生時代のニキビよりやっかいなしろものなんです。 甘くみていると、凸凹のクレーター状になって大変!ということで、今回は、大人ニキビの原因と治療法についてお話します。

そもそも、ニキビってなに?

ニキビは、毛穴に詰まった皮脂や汚れと、細菌(アクネ菌やブドウ球菌)によって引き起こされます。毛穴に皮脂や角質、汚れが詰まった状態が白ニキビ(または黒ニキビ)、アクネ菌やブドウ球菌によって炎症が起こされた状態が赤ニキビ、さらに悪化して化膿してしまった状態が黄ニキビ(膿腫)です。 たかがニキビと思ってはいけません。赤ニキビ、黄ニキビの状態にまで悪化してしまうと、色素沈着やクレーター(肌が凸凹になってしまった状態)が残ってしまうケースもあるんです。

大人ニキビの原因って?

思春期のニキビは、主に皮脂分泌が活発に行われることが原因です。成長するにしたがって皮脂分泌が落ち着いてくると、自然にニキビの発生も減ってきます。(ただし、ケアを怠ると悪化して跡が残ってしまうこともあるので、ひどい場合は皮膚科か美容外科で診てもらってください!) 一方、大人ニキビの原因は複雑。お肌のターンオーバー(新陳代謝)の乱れ、長時間のメイクによる毛穴の詰まり、ストレスや生活習慣によるホルモンバランスの乱れなど、様々な原因が絡み合っています。 誤った処置で悪化してしまうと、ひどいニキビ跡が残ってしまうことも。まだ大人ニキビができていない方、1つ2つと気になり始めている方は早めの予防を、もう目立つくらいできてしまっている方は、早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

大人ニキビを予防しよう!

ニキビ予防の基本は、「毛穴をきれいに保つ」こと。ここでは「皮脂や汚れを溜めない」「皮脂の分泌を抑える」ための3つポイントをご紹介します。

1.ニキビ予防の基本は洗顔!

「夜中まで働いて、帰ったらそのまま布団へ・・・」という生活をしていませんか?ダメです!洗顔は、毎晩必ず行いましょう!可能なら、朝晩2回行うと、さらに効果的です。 洗顔のポイントは「洗顔料を使いすぎない」「すすぎはしっかりと」「洗いすぎは逆効果」です。洗顔料が残ってしまうと毛穴に詰まってニキビの原因になってしまいますし、洗顔料を使いすぎたり、1日に何度も洗顔をすると、皮脂分泌が活性化してしまいます。 朝と夜の2回、やさしく丁寧に(ごしごしこすると皮脂分泌が活性化します)洗顔して、しっかりすすぐ。これを継続することが、ニキビ予防の基本です。

2.お肌の乾燥を予防しよう!

ニキビと聞くと、脂っぽい肌の人にできやすく、乾燥肌の人にはできにくいイメージがあると思うのですが、それは違います。皮脂が必要以上に少ない乾燥状態にある肌は雑菌が繁殖しやすく、ニキビの原因となってしまうのです。 特に男性の方は、お肌の保湿を行っていないケースが多いようです。化粧水などでお肌の保湿を心がけることも、ニキビ予防の一つ。女性も男性も、面倒くさがらずに習慣化しましょう!

3.正しい食事と生活習慣

最近増えているのが、ストレスによるニキビ。ストレスが溜まるとホルモンバランスが乱れ、ニキビも増えると言われています。アゴや頬、輪郭部分にニキビができ始めている方は要注意。睡眠不足の解消と食生活の改善だけでも効果がありますので、ぜひお試しください!(ニキビ予防だけでなく、健康への第一歩ですよ!) 特に、ビタミン類や食物繊維の摂取が効果的。外食中心でお肉と炭水化物ばかり・・・という方、意識的に色の濃い野菜や根菜を食べるようにしてみてください。

大人ニキビの治療法

大人ニキビは、悪化してしまうと治療が大変。お金も時間もかかります。 ニキビができてしまっている方は、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。ニキビの状態や原因によって適切な治療法も異なるので、自分だけで判断せず、専門家である皮膚科や美容外科の先生に診てもらってください。 ここでは、医療機関が行っているニキビ治療を簡単にご紹介します!

内服薬で大人ニキビを治療

軽い状態のニキビであれば、お薬で治療することができます。ニキビの状態によって、殺菌や炎症を抑える抗生物質、皮脂を抑制するビタミン剤、活性酸素を抑える抗酸化剤など、ニキビの原因を身体の内側から治療する方法です。

有効成分を肌に浸透させる「イオン導入」

イオン導入」は、ビタミンC誘導体などニキビ治療に有効な成分を、微弱な電流(イオン)によってお肌に浸透させる方法。お肌への吸収が高まるので、普通にお薬を塗るよりも効果的です。

余分な角質を取り除く「ケミカルピーリング」

グリコール酸、アルファハイドロキシ酸(AHA)、サルチル酸(BHA)などの薬剤で余分な角質を取り除き、ターンオーバー(お肌の新陳代謝)を促進させる治療法が「ケミカルピーリング」です。軽度のニキビにも、色素沈着や凸凹になったニキビ跡にも効果的です。 ※ 参考:ケミカルピーリング

凸凹のにきび跡もきれいに!「レーザー治療」

クレーター状になってしまったニキビ跡の治療で人気が高いのが、レーザー治療。強力なレーザーで肌の凸凹をきれいすることができます。ただし、皮膚を一時的に傷つける治療なので、効果の高い強力なレーザーほどダウンタイム(日常生活に戻れるまでの期間。ニキビ治療の場合、メイクや洗顔などが可能で、治療跡も目立たなくなるまでの期間)も長くなります。 軽度のニキビであれば、光治療や高周波治療も効果的。アンチエイジング、美肌効果もありますので、ぜひチェックしてみてください! ※ 参考:肌の美容医療(照射系)

大きく凹んだクレーターも治療可能。「再生医療」

ニキビが悪化して、大きな凹みができてしまった場合、従来の治療ではなかなか改善が困難でした。そんな中、今注目を集めているのが再生医療。成長因子を注入して凹んだ部分の細胞を活性化させ、健康な皮膚を再生する治療法です。注意点は、個人差が大きいこと。確かに高い効果のある治療法ですが、過信はせず、治療前に十分な説明を受けましょう。 ※ 参考:肌の美容医療(注入・再生医療) 以上、代表的なニキビ治療をご紹介させいただきましたが、大切なのは、あなたのニキビの状態にあった治療を行うこと。大人ニキビで悩んでいる方、大人ニキビがぽつぽつとでき始めてきてしまった方は、早めに医師の診断を受けるようにしてくださいね!

関連記事