キャビテーションの間隔の目安は?効果を高めるためには「週1〜2回」

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

キャビテーションを受ける間隔について

スケジュール帳で予定を立てている人高い痩身効果があるとしてキャビテーションという方法が注目を集めています。しかし興味はあっても実際にどういうものか知らないという人も多いのではないでしょうか。 ここでは、キャビテーションがどういうものなのか、また効果を実感するにはどのくらいの間隔を空けて施術を受ければいいのかを紹介していきます。

そもそもキャビテーションとは?

キャビテーション」とは、脂肪のある部分に特殊な周波数の超音波を当てることで脂肪細胞を乳化して分解し、リンパから脂肪を体外に排出しやすくする美容医療です。施術後は発汗作用も上がり代謝も改善されるので、ちょっとした運動やマッサージをすることでより効果的に脂肪を燃焼することができるようになります。 費用はエステサロンで1部位の施術を受けて1万円前後が相場といったところですが、2万円を超えるサロンもあれば8千円程度のところもあり、さまざまです。

キャビテーションで効果を出すのに「施術の間隔」が重要な理由

定期的に施術を受けることで効果を出すことができるキャビテーション。さらに効果を高めるためには「受ける間隔」がポイントになります。キャビテーションによって脂肪細胞を乳化して溶かすことができますが、実はこの状態は施術直後だけではなく一定期間続きます。なので、この効果の続いている期間にキャビテーションを受けても大きな効果が得られないことになります。また、反対に施術と施術の期間が空きすぎている場合でも、その間に代謝が下がってしまい効果があまり感じられなくなってしまいます。 こういった理由から「脂肪の状態が元に戻るタイミング(間隔)で再度施術を受けること」がより効率よく効果を出すポイントになるのです。なので、キャビテーションを受ける際には「施術を受ける間隔」を意識して、計画的に受けましょう。

キャビネーションで効果を高める「施術の間隔」

エステの場合は「週1回程度」が目安

キャビテーションは一回の施術でもある程度の痩せを実感できますが、何度か回数を受けることでより高い痩身効果を得ることができます。 キャビテーションを受けて溶け出した脂肪は、リンパにのって体外へと排出されていきます。この排出が行われるまでには数日かかりますので、その期間を考慮するとだいたい週に1回の間隔で施術するのがもっとも効率的と言われています。 月に1回や2回など間隔をあけて通っても効果がないわけではありませんが、できるだけ効果を出したいという方は週に1度通うことをおすすめします。

家庭用の場合は「週2,3回程度」が目安

何度もエステサロンに通うのは大変という人のために、家庭用のキャビテーション機器も販売されています。 家庭用の機器は業務用の機器に比べて周波数帯が高く、脂肪まで届きにくいため、効果が出にくい傾向があります。また、サロンでは脂肪の体外排出を促進するためにキャビテーション後にリンパマッサージやマシンによる吸引を行うことがありますが、家庭ではそれができません。 そのため、サロンに通うより頻繁にキャビテーションする必要があります。目安としては週に2,3回は行うのが望ましいでしょう。

キャビネーションの効果が出るまでの回数

施術から数日の間は脂肪が燃焼しやすい状態になっており、もっとも効果がでやすい期間となっています。この期間に自分でも運動を行うとより効果が上がるでしょう。 ただ、キャビテーションは溶かした脂肪を体内で代謝させる方法です。一度にあまりに大量の脂肪を溶かすと身体に負担がかかりすぎる恐れもあります。 そのため、一気に進めず数回に分けて溶かすのが一般的です。もともとの状態やどこまで痩せたいかによっても変わりますが、平均的なキャビテーションの施術回数は全部で「5,6回」が目安と言われています。 ただし完了までの回数が5、6回というのは、あくまで平均的な数値です。必要な間隔や回数は個人によって違いがあります。もともと代謝が良く脂肪が硬くなっていない人などはもっと少ない回数でも満足のいく結果を得やすいですし、代謝が悪い人やセルライトがかちかちにかたまっている人などはもっと回数が必要になることもあります。 なので、施術を受ける前に医師に脂肪の状態や希望に合う施術内容をしっかりと確認して、効果的なスケジュールを組むことが大切です。

キャビテーションの施術と施術の間にするべきこと

リンパマッサージ

太ももの肉を摘んでいる女性キャビテーションの施術と施術の間の期間は、施術を受けた部位を中心にリンパマッサージすることでより痩身効果を高めることができます。これはキャビテーションの効果で柔らかくなった脂肪をマッサージによってリンパに流すことで、効率よく体外に排出することができるようになるためです。 リンパマッサージをする時は、お風呂に入っている時やお風呂上がりなどの体が温まっている時に行うとより効果的です。詳しいマッサージの方法については施術を受けているサロンで説明を受けておきましょう。

軽い運動

夕暮れに運動しているカップルキャビテーション後は、代謝が上がり脂肪が燃焼されやすい状態になっているので、適度な運動をすることでも脂肪燃焼の効果を促すことができます。なので、施術と施術の間の期間にはウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うといいでしょう。 また、運動以外にも半身浴足湯などで体温を上昇させることも脂肪燃焼に効果的なので、自分に合った方法でアフターケアをして効果を高めるようにしましょう。

禁煙や禁酒

禁煙の標識キャビテーションによって乳化した脂肪は、血液や肝臓を通って体外に排出することになります。なので、過度なアルコール摂取や喫煙によって肝臓の機能が低下してしまうと脂肪を燃焼する効果が弱まってしまうことがあります。キャビテーションでより高い効果を出したい方は、飲酒や喫煙の頻度を減らすこともポイントの一つということを覚えておきましょう。

キャビネーションについて気になる方はクリニックに相談してみましょう

クリニックで診察を受けている女性と医師キャビテーションはクリニックとサロンで施術を受けることができ、家庭用機器を使って自分で行うこともできます。 このうち最も効果が高いのは、医療用機器を使用するクリニックでのキャビテーションです。万が一トラブルがあっても、クリニックであれば適切な医療処置を受けることができ、安全です。

関連記事