上三白眼とは?4つの原因と改善方法を詳しく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

瞳の上の白目が目立っている... 上三白眼かも

目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目 上三白眼とは、黒目の上部にある白目の部分がむき出しになっている状態のことを指します。黒目のうえにも白目があることで目つきが悪い目線が攻撃的視線が冷たいなどの印象を持たれてしまいます。 今回は上三白眼について詳しく解説していきます。

そもそも上三白眼とは?

顎に手をついて考えている女性 瞳の上に白目が現れた状態を「三白眼」と言い、上下ともに白目が露出した場合を「四白眼」と言います。 瞳の左右に白目が存在しているのは自然ですが、瞳の上下にまで白目があると違和感を覚えます。特に瞳の上に白目が存在していると、目つきが悪いという印象を与えてしまうことも。 瞳の上に白目が多く分布していると、攻撃的なまなざしや、冷たい視線に感じられることが多いことから、何らかのケアや治療を必要と考えている方は少なくないのが現状です。

そもそも上三白眼になってしまう原因とは?

失敗や後悔をして頭を抱えて悩んでいる女性 上三白眼の直接的な原因は、上まぶたが開き過ぎてしまうという要因に依存する側面が多いようです。 生まれてきたときに、黒目の大きさと、相対的な白目の面積の比率は決定されていることが多いので、先天的な要因が大きいと考えられています。 後天的な理由によって黒目の大きさが減少するのは想定しにくく、遺伝的要因により左右される部分が大きいと考えられています。

上三白眼は今からでも治せる?改善方法とは?

目元①眼輪筋を鍛えるそれでは上三白眼の治し方はどのようなものがあるのでしょうか。セルフケアから検討してみましょう。 目の上下や周辺には眼輪筋がまぶたの動作を調整しています。まぶたのスムーズな開閉には眼輪筋が密接な役割を担っています。ところが眼輪筋は加齢により衰えやすいのが特徴です。 そこで瞼の開閉を意識的に繰り返すエクササイズを行うことにより、眼輪筋を鍛えて所定の位置にまぶたを固定する効果を期待できます。エクササイズは同時にドライアイの予防にもなるでしょう。

②メイクでカバーする

ここで発想を転換して、上三白眼をひとつの個性、チャームポイントとして把握してメイクでカバーする方法もあります。瞳の上部に白目があるのできつく見られがちですが、見方をかえれば神秘的・東洋的な雰囲気を漂わせているとも考えることができるでしょう。 ここでポイントになるのは上まぶたにメリハリをつけることです。マットな色合いのアイシャドーで立体感を出し、ところどころにハイライトをいれます。白目のきつい外見を印影を効果的に配してエキゾチックな雰囲気を目指すのも良いかもしれませんね。

③カラコンを使用する

白目の印象を弱めるためには、カラーコンタクト(カラコン)を利用するのも効果的な方法の一つになるでしょう。 三白眼では瞳が小さく見える反面、白目が主張しすぎるためにきつい印象を与えがちです。そこで白目を目立たなくすることと同時に、上まぶたの影も活用することで、黒目が大きくなったような錯覚をもたらすことができそうです。 しかし、カラーコンタクトの色味の選択には注意が必要です。色合いが薄いと補正効果は期待できないため、状態にあったものを選ぶようにしてくださいね。

④医療機関で行われている眼瞼挙筋延長術を受ける

根本的な治療を望むなら美容整形手術が選択肢になります。上三白眼の改善には、眼瞼挙筋延長術を受けることで効果が期待できます。 上三白眼では上まぶたが過剰に開いた状態になっています。眼瞼挙筋延長術はまぶたが開き過ぎる閉瞼障害に対して、まぶたを開ける筋肉の作用を弱めることを目的に行われます。 眼瞼挙筋延長術の費用は原則として保険適用外の自由診療となり、約40万円程度が相場になっています。

美容整形による改善は慎重なクリニック選びが重要

ポイントや注意点を教えている女性医師 上三白眼の根本的な治療には、眼瞼挙筋延長術のような美容整形による方法を受けることで高い効果が期待できます。 しかし。手術部位にはまぶたの開閉を行なっている筋肉や動眼神経などの重要な神経が狭い個所に集中して分布しています。このように重要な組織が混在している部位において、障害を残さずに手術を成功させるためには、高い技術が不可欠と言えます。 そのため上三白眼に対する眼瞼挙筋延長術などの手術経験が豊富で、高い技術を身に着けた医師を選ぶことが大切です。

自分にあった改善方法を見つけよう

綺麗な二重をした女性の目元 瞳の上に白目が存在している上三白眼は、しばしば目つきが悪く見えるなどの審美的な問題を引き起こします。遺伝的な要素で生じることが多く、セルフケアでは、劇的な変化は難しいでしょう。 根本的な治療を目指すなら美容整形になりますが、経験豊富で技術が高い医師を選ぶことが重要です。

関連記事