アップノーズとは|鼻中隔延長による整形方法についても解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

アップノーズとはどんな鼻?鼻中隔延長でアップノーズを実現!

肌の綺麗な女性 美容整形の世界ではアップノーズという言葉をよく聞きます。アップノーズとはどういう鼻の状態を言うのでしょうか。またアップノーズになるためにはどのような美容整形が効果的なのでしょうか。 今回はそんあアップノーズについて、特徴や美容整形での施術の方法などを紹介していきます。

アップノーズとは

綺麗なフェイスラインの女性 アップノーズとは鼻の先端が、水平方向よりも上向き加減になっている状態を指します。鼻先はほんの1ミリずれただけでも、顔全体の印象に大きな影響を与える部分です。日本人は鼻先が尖っていると美しいと感じることが多く、鼻先の丸い団子鼻は敬遠される傾向があります。 そして鼻先が丸いだけでなく上を向いている、いわゆるブタ鼻でコンプレックスを感じている方も少なくありません。

実は、アップノーズは日本人にはあまり好まれていない

世界的に見ると、アップノーズは必ずしも評価の低い顔ではありません。しかし、日本人には好まれないことが多く、整形で修正したいという需要が多くあります。 日本人がアップノーズを嫌うのは、鼻の穴が見えるのを好まないためと考えられます。また、アップノーズは小鼻が張って見えることも、敬遠される一因になっています。西洋人のように、どちらかというと下向きの鼻をカッコいいと感じるようです。

アップノーズにしたいという日本人もたくさんいる

年を取ると皮膚がたるみ、鼻先が下向きになってくるため、西洋人のような鼻は実年齢よりも老けてみられる可能性があります。また日本の場合は鼻先が極端に下がっていると邪悪なイメージ、いわゆる魔女鼻のような印象を与えることがあります。 反対にアップノーズは若々しくキュートな印象を与える傾向もあります。どちらが良いとは一概には言えず、個性に合わせてアップノーズにしたい日本人もたくさんいます。

鼻先の角度は整形で調節することが出来る

美容外科で受けられる鼻の整形手術は、単に鼻を高くするだけではありません。鼻先の角度を微妙に調節して、やや上向きの鼻から下向きの鼻まで、好みの形に形成することができます。なので、豚鼻のように鼻先が上がりすぎと感じることなく、丁度いいアップノーズを実現することもできるのです。

鼻先のデザインを調節できる施術の「鼻中隔延長」

綺麗な二重をした女性の目元 美容外科で鼻先の角度を調節するには、鼻中隔延長術が最も適しています。この手術は、自分の耳または肋骨から軟骨を採取し、左右の鼻の穴を隔てる鼻中隔に移植して、鼻の長さを伸ばす方法で行います。 また、伸ばす長さを調節することで、鼻先の向きを変え、アップノーズを解消することもできます。鼻先だけに耳介軟骨移植を行うよりも規模の大きい手術になりますが、それだけ大きく鼻の印象を変えられるのが特徴です。

鼻中隔延長の費用相場

鼻中隔延長術は難しい手術だけに、鼻の整形手術の中でも高額な部類に入ります。一般的には60万円~90万円程度が相場とされており、クリニックによってはもっと高額になることもあります。

鼻中隔延長のダウンタイム

鼻中隔延長術のダウンタイムは比較的長い間続きます。手術を受けてから数日程度はギプスで鼻を固定して、術後しばらくは入浴を避ける必要があります。術後1週間ほどで抜糸を行い、その後はメイクも可能になりますが、何週間かは腫れが続きます。マスクがあれば仕事や日常生活には支障がないでしょう。 腫れが完全に収まり、鼻の形が完成するには4~5か月ほどかかると言われています。

鼻中隔延長のデメリット・リスク

鼻中隔延長術で鼻を下向きにしすぎると、魔女鼻になって印象を悪くすることがあります。 また、無理に鼻の長さを伸ばしすぎると、鼻先の皮膚に過度の負担がかかり、移植した軟骨が出っ張ってくるという場合もあります。

アップノーズにする施術を受ける時はクリニック・医師選びが重要

笑顔のクリニックの男性医師 鼻中隔延長術はアップノーズの解消に大きな効果を発揮しますが、鼻の整形の中でも高度な技術を必要とする手術です。十分にカウンセリングを受けた上で、信頼できるクリニック・医師に施術を依頼することが大切です。

関連記事