目の下の腫れの原因について|考えうる病の可能性を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

目の下が腫れた…それって本当に"ものもらい"?

注意や禁止を意味する標識を持っているクリニックの医師 目の下に腫れがあると非常に目立つので早く治したいものです。一般的には、ものもらいや結膜炎・アレルギーなどが原因として考えられますが、自分の症状をよく確認することが大切です。痛みやかゆみ・腫れなどがひどいと、病院へ行ききちんと対処しなければいけません。日頃のケアも大切で目の周辺の皮膚は薄くデリケートなので、傷付けないよう注意が必要です。

目の下の腫れの原因(1)ものもらい

目の下の腫れはものもらいかもしれません。ものもらいはまつ毛の生え際にあり皮脂を分泌する部位で、炎症が起きる病気です。 目の周りが腫れたり、かゆみや痛みなどを生じます。ストレスなどによって免疫力が低下したり、アイメイクなどが要因で発症することがあります。

目の下の腫れの原因(2)結膜炎

結膜炎によって目の下の腫れができることがあります。結膜炎は人から人に感染する感染症で、周囲に感染者がいる時は目をこすったりしないように気をつけたり、自分が感染してしまった場合アルコール消毒を行ったり、自分の使ったタオルなどを他人には使用させないよう気をつけましょう。

目の下の腫れの原因(3)アレルギー

匂いを防ぐために鼻をつまんでいる女性 目の下の腫れはアレルギーでも引き起こります。体質特有のアレルゲン、つまりアレルギーを引き起こすような物質が目に接触すると炎症などを起こす病気です。 アレルゲンによって季節性のものや通年性のものなどがあり、例えば季節性のアレルギーには花粉などが予想されたり、通年性のアレルギーにはホコリやチリ、ペットの毛やコンタクトレンズの汚れなどが考えられるでしょう。

目の下の腫れの原因(4)眼瞼炎

眼瞼炎によって目の下の腫れができます。眼瞼炎は上まぶたや下まぶたにおいて起こる炎症の総称で、眼瞼縁炎は細菌やウイルスなどの感染によってまつ毛の根本で炎症が起こり、眼瞼皮膚炎は洗顔料や化粧品によって皮膚アレルギー反応で引き起こります。 眼角眼瞼炎は特に目尻で起こりアレルギーによって炎症を起こします。炎症によって腫れや赤み、かゆみや痛みが生じ、腫れがかさぶたになり目立つこともあるので処置が必要です。

目の下の腫れの原因(5)クインケ浮腫

クインケ浮腫は目の周囲や唇などの顔に突然腫れが引き起こる蕁麻疹の一種です。 クインケ浮腫が原因で涙袋に腫れが生じることがあります。要因は明らかではありませんが、頭痛や皮膚のピリピリ感・かゆみの前兆があります。

目の下の腫れの原因(6)歯性上顎洞炎

口の中の衛生状態が原因の時もあり、歯性上顎洞炎は歯周病などを放置し病状が進行してしまい虫歯菌が侵食することによって起こります。 顔や目の下が腫れることがあり、歯茎も赤く膨らみ押すと痛みがあるでしょう。膿がたくさん溜まってくると、ズキズキと痛むことがあります。

目の下の腫れの原因(7)帯状疱疹

帯状疱疹はウイルスによって感染症を引き起こし、下まぶたや上まぶたに発疹したり浮腫やむくみなどが生じる病気です。 左右どちらかの目の下に腫れが生じたり、痛みを伴うことが多くあります。 悪化すると腫れがひどく赤くなり、膿が溜まってくるので素早い処置が必要です。

目の下の腫れの原因(8)眼科蜂窩織炎

眼窩蜂窩織炎は眼窩蜂巣炎とも言われています。眼窩は眼球がおさまっている骨で囲まれている空間のことで、脂肪組織などを中心に引き起こる化膿性炎症や膿瘍のことを「眼窩蜂巣炎」と言います。 外傷や手術などによって直接的感染や副鼻腔、顔面中央部や眼瞼、頭蓋内や歯の病気などからの感染波及により引き起こる症状です。特に副鼻腔炎や上顎洞の炎症・歯牙の炎症などからの波及することが多く、目の下の腫れや眼球の突出、結膜の充血やむくみなどが見られたり痛みもあります。

目の下が腫れてると感じたら、早めに医療機関へ!

笑顔のクリニックの男性医師 ものもらいや結膜炎などが原因で目の下の腫れが長期間続いているなら、早めに病院に行くことが大事です。眼科を受診しきちんと治療してもらうと良いでしょう。眼科は眼軟膏や抗アレルギー点眼剤などによる治療を施していて、腫れはもちろんかゆみや痛みなどがある時も病院に行くことをおすすめします。

家で目の下の腫れを感じた場合の対処法

目の下の皮膚は薄く非常にデリケートなので、強くこすると傷ついたり腫れの原因になるので、目をあまり強くこすらなかったり、症状を悪化させるケースもあるのでなるべく触ることを我慢しましょう。 ホットタオルやアイスタオルを使用して、腫れのある部分に当てることによって腫れなどを改善することが可能です。むくみが原因の時は効果的で、ホットタオルの作り方は水に濡らしたタオルをレンジで温めると出来上がります。ホットタオルとアイスタオルを交互に当てることによって効果がアップします。

目の下の腫れは様々な病気が考えられるので、注意!

ファイルを持っている女性医師 目の下の腫れにはさまざまな原因があります。ものもらいや結膜炎、アレルギーや眼瞼炎、クインケ浮腫や歯性上顎洞炎、帯状疱疹や眼科蜂窩織炎などが要因で、目の周辺のいろいろな症状を引き起こします。目の下の腫れが続く時は眼科で治療することが大事で、酷くならない内に受診しましょう。

関連記事