目の下のたるみ取りには失敗のリスクも?詳しいケースや修正方法まで紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
6
顔のリフトアップをするために注射を打っている女性年齢が顕著に出てしまう目元のたるみ。そんな症状を改善することが出来る方法が目の下のたるみ取りと呼ばれる施術です。 目元のコンプレックスの改善に大きな効果がある施術といえ、現在でも多くの方が受けられています。 そうした背景がある一方で、「失敗した」と感じてしまう人が一定数いるのも事実です。そこで今回は、たるみを改善する手術の失敗例や修正する方法についてご紹介します。

目の下のたるみを解消する美容整形方法

下眼瞼脱脂

目の下のたるみを改善する手術は何種類かあり、その中に下眼瞼脱脂と言う整形術があります。 眼球は衝撃に弱いので骨にぶつかれば、損傷や破裂する危険性が大きいものです。そこで、脂肪がクッションとなり保護しています。 しかし加齢や重力で目の下の脂肪が突き出てくれば、たるみとなり現れます。この部分を除去するのが下眼瞼脱脂手術となります。 下瞼の内側を切開して脂肪を取り除くので、表面には傷が現れないのが特徴です。比較的容易に受ける事が可能ですが脂肪の除去する量を適切に見極める必要があり、医師による技術力で仕上がりが大きく左右されます。 ▽下眼瞼脱脂ついてさらに詳しい情報を知りたい方はこちらを参考にしてみてください下眼瞼脱脂(経結膜脱脂)

下眼瞼切開法

下眼瞼切開とは、下まぶたの少し下の部分を切開し、たるみやシワの原因を根本的に解消してくれる美容整形です。外科的処置を施すため後戻りや効果ないと言った失敗のリスクが他の施術と比べて低いとされています。 また下眼瞼切開は状態や希望に合わせて「皮弁法」「筋皮弁法」「ハムラ法」と使い分けることもできる施術方法です。

下眼瞼除皺術

下眼瞼除皺術とは、たるみの原因となる余っている皮膚を切除し縫合を行うことでたるみやシワを解消する美容整形です。 皮膚を切除して縫合するため元の下まぶたよりは、皮膚の面積を小さくなります。そのため患部の皮膚が引っ張られて表情に違和感が残る場合があります。これを回避するためには担当する医師には高い技量が求められます。

レーザー治療

サーマクールアイなどのレーザー治療とは、気になるたるみやシワ、くぼみなどに高周波、熱エネルギーを医療レーザーを使って照射して解消させる治療方法です。 上記に上げた施術方法と比較すると、切開を伴わないため身体に負荷がかかることは少なく、ダウンタイムや後遺症がほとんどないと言われています。またレーザーを照射するだけの治療なので短時間で終了します。

目のたるみを取る【手術】の失敗例

顔に包帯やサングラスをしている女性

①凹んでしまう(窪んでしまう)

目の下のたるみ整形手術で一番多く発生する失敗として、目の下が凹む事が挙げられます。 眼窩脂肪を取り過ぎることが原因で、結果的に老けた印象を与えてしまいます。元々のカウンセリングで取り除く"適切な量"を見極めることが重要になります。

②左右差が出てしまう

目元は生まれつき左右非対称ですが、その差を考慮せずに施術を行ってしまうことで、より左右差が顕著になってしまうことがあります。 特に未熟な医師の元で施術を受けるとこうした症状が現れてしまうため、あらかじめ左右差を考慮した施術が求められます。

目の下のたるみを取る【レーザー治療】の失敗例

目の下たるみを取るレーザー治療には効果がない、現れないと言った失敗例があります。これはレーザーの出力問題や様々な原因が存在しますが主に重度のたるみが要因となって起こる失敗例です。 レーザー治療は、高周波や熱エネルギーを使い皮膚の奥にある筋膜を刺激させてたるみやシワを解消させる治療方法です。そのため脂肪が原因で重度になっているたるみには、あまり効果が見込めず、繰り返し行っても劇的な変化は期待できないと言われています。

失敗した場合の修正方法

ヒアルロン酸注入法

取りすぎた窪みに適した方法として、ヒアルロン酸注入法があります。注射器で状態を確かめながら注入して、仕上がりを調整します。 元々、体内にある物質なので注入して時間が経てば体内に吸収され、元の状態に戻ります。継続期間は短期的で数ヶ月から半年、長期持続型では1年程度と言われています。相場としては両目で8万程度です。

脂肪注入法

自身の脂肪細胞を活用して凹んだ部分への注入を行うもので、太ももや腹部の脂肪を取り出すので副作用もほとんどないと言われているのが脂肪注入法です。 顔への注入なので吸引する脂肪は少量で、基本的な効果はヒアルロン酸と変わりありませんが、完全に吸収される事が無く生着する脂肪もある為、人によっては3年から5年と長期間効果を実感することが可能です。 施術時間も30分程度と短く、術後のダウンタイムも殆ど無いので生活への支障も少なく済みます。相場としては両目で20万円程です。

失敗しないためには【クリニック選び】が重要!

クリニックの女性医師目の下のたるみを改善する為にクリニックに行ったのは良いけれども、思わぬ結果になってしまい、見た目も精神面でも大きなダメージを受けるケースが後を絶ちません。 そういった悲しいケースを避けるためにも技術力の高い医師が在籍する、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。経歴や資格、症例数などを調べた上で、自身が信頼できる医師が在籍しているクリニックを選択することを念頭に置いておきましょう。

関連記事