キャビテーション後の過ごし方を徹底解説|食事や術後ケアの秘訣とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

キャビテーション後の過ごし方

太もものレーザー治療を行っている画像

キャビテーションは術後がとても重要

切開すること無く効率的に脂肪を分解することが出来るキャビテーション「切らない脂肪吸引」とも呼ばれ、高い効果が期待できる施術として高い指示を集める施術のひとつです。 ですが、このキャビテーションはただ受けるだけで効果が得られるという訳ではありません。キャビテーションの効果を最大限発揮するには、術後の過ごし方がとても重要になります。 今回は、キャビテーションの効果を最大限発揮するための術後の過ごし方について詳しくご紹介していきます。

キャビテーション後の食生活のポイント

果物を持っている笑顔の女性

施術前後の食事は控える

キャビテーションの施術を受けた後、約2〜3日は施術によって体内の栄養が吸収されやすい状態が続いています。キャビテーションによって通常よりも体脂肪が減少することによって、体が余計に脂肪分などを取り入れようとするからです。 そのため、食べ物の吸収が始まる時間から逆算した施術の30分前から、キャビテーションによる施術の効果がピークを迎える術後2時間までの間は食事をとらないようにしましょう。

摂取カロリーに気をつける

キャビテーションの施術後、体内の栄養の吸収率が高い間は、1日あたりの摂取カロリーを1400キロカロリー前後に収めると良いでしょう。 これは成人女性の体を基礎代謝による消費カロリー(=体を動かさなくても消費されるカロリー)と同等程度。この範囲内に収めることで、体を動かした分のカロリーがマイナスとなり、脂肪がどんどん燃焼されるのです。

水分摂取を十分を十分に行う

キャビテーション後は水分を十分に摂取した方がよいと推奨しています。キャビテーションの施術後は、分解された脂肪がリンパにのって肝臓で処理されます。 水分はこの脂肪がリンパにのって流れていくのをサポートする働きがあります。体内の水分が不足してしまっていると、脂肪が肝臓までたどり着かなくなってしまうのです。 また、水分をしっかりとっておくことは、肝臓の脂肪分解の処理を手助けする効果もあると言われています。 キャビテーションの術後は、十分な水分摂取を行うように心がけてくださいね。

アルコールは控える

キャビテーションの術後は、分解された脂肪を肝臓がフル稼働で働いています。 肝臓にはアルコールを分解する機能もありますので、アルコールを摂取してしまうと脂肪を分解する機能の効率が下がってしまいます。 出来る限り脂肪分の分解機能を高めるために、術後1〜2日ほどはアルコールを控えると良いでしょう。

キャビテーション後の理想的な食事

それではここからは、キャビテーション後に摂取すると良い、理想の食材をいくつかご紹介していきます。

高タンパク低カロリーがオススメ

ダイエット食でもよく耳にするように、キャビテション後の食事も高タンパク低カロリーなメニューを心がけるのがおすすめです。栄養の偏りが無いように十分管理を行いながら食事を用意するようにしましょう。 《高タンパクな食材の一例》
・鶏ムネ肉・納豆 ・ササミ・豆腐 ・卵・チーズ・ツナ  など
《低カロリーな食材の一例》
もやし・こんにゃく ・豆腐・レタス・きゅうり ・マッシュルーム  など

食事は腹八分目を目指して

施術後はできるだけ脂っこいような食事は避け、以上の例に挙げたような低カロリー高タンパクな食材をなるべく素材の味を活かすような形で頂くのが良いでしょう。 また、お腹いっぱいまで食べるのではなく、カロリー計算をした上で腹八分目くらいに抑える事も大切です。 もしも小腹がすいてしまった場合も、お菓子などには手を付けず、ドライフルーツやナッツなどを少しつまむようにすると良いでしょう。

キャビテーション後の術後ケアのポイント

水のペットポトルを持っている女性キャビテーションは、施術を受けただけで簡単に痩身効果が得られる施術ではありません。術後のケアをいかに行うかが重要になります。

有酸素運動をする

術後2日間は脂肪の燃焼のピーク。この期間にしっかり体を動かしてさらなる脂肪の燃焼を促すことは、キャビテーションの効果を高める上でとても重要です。 ウォーキングやジョギング、ヨガなど、ご自身の無理のない範囲で行いましょう。目安としては、大体20分位の運動を毎日続けることが効果的です。

マッサージをする

術後分解された脂肪は、リンパにのって肝臓にまで送られます。 キャビテーションの施術を受けた後は、施術部位のリンパの流れに沿ってマッサージを行うことがとても効果的です。 こうすることで、体内からの脂肪排出の手助けになります。施術を受けた際に施術部位周辺のリンパの流れなどを教えてもらうことで、より効果的にマッサージを行う事ができるでしょう。

術後2日間はゴールデンタイム!

キャビテーションの施術は、術後の2日間をいかに過ごすかでその後の効果が大きく変わってくる施術です。 しばしばキャビテーションの施術をうけたのにあまあまり効果が実感できなかったというお声を聞くことがあります。その場合、キャビテーション後の生活にまで気を使っていなかったというケースは少なくありません。 キャビテーション後の数日間は術後の効果を左右する、言わば脂肪燃焼のゴールデンタイム!せっかく受ける施術ですので、なるべく効果を最大限まで高くできるように意識しながら生活を送るようにしましょう。

術後のケアで効果を最大限高めよう

痩せている女性のお腹今回は大きく分けて、術後の食事面とセルフケア面に分けて、キャビテーション後の効果的な過ごし方をご紹介しました。 これらを気にするかしないかによって、得られる効果は大きく変わります。「切らない脂肪吸引」とも言われるキャビテーションの効果を最大限高めるために、ぜひ参考になさってみてくださいね。 ▽関連記事▽ ・キャビテーションの効果|痩せた人が実践した8つの方法キャビテーションとは|受ける前に知っておきたい基礎知識キャビテーションの副作用とはキャビテーションの間隔の目安は?

関連記事