PRP療法の失敗|起こり得る失敗のケースとリスクを下げるためのポイントとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

PRP療法の失敗について

唇にヒアルロン酸注射を打っている女性 PRP療法とは、ご自身の血液から抽出した成分を使って、しわやくぼみなどの症状の改善を図る効果的な施術です。 しかしこの施術は、適切な量や濃度の成分を注入しないと、いくつかの失敗を招く恐れのある施術です。 そこで今回は、PRP療法によって起こる可能性のある失敗のケースと、失敗を予防するためのポイントについて詳しくご紹介していきます。

PRP療法とは?

PRPとは、Platelet-Rich Plasma(多血小板血漿)の頭文字からくる言葉です。多血小板血漿とは、自身の血液を遠心分離することによって抽出できる成分で、その名の通り多くの血小板を含有しています。 本来この血小板は、ダメージを受けた組織の修復に欠かせない役割を担っています。この再生能力をアンチエイジング治療へ応用させたのがPRP療法です。 PRP療法には、抽出した多血小板血漿のみを注入する方法や、多血小板血漿に成長因子や白血球などの成分を更に加えて効果を高める方法など、クリニックによってさまざまな方法が存在します。

PRP療法の失敗のケース

鏡を見て目の下のクマを気にしている女性

①しこりが残ってしまった

注入したPRPの効果が予想以上に高く出てしまった場合、注入したPRP成分がしこりとなって体内に残ってしまうことがあります。特にこの失敗は、成長因子などの成分を加えたPRP療法で起こりやすいケースです。 数ヶ月程経つと自然に消滅することもありますが、場合によってはしこりが永久に体内に残ってしまうこともあります。 しこりが残るというリスクの可能性を下げるためには、患者一人ひとりに合わせて細かく調節された治療プランを提示してくれるクリニックで施術を受けることが大切です。

②効果が感じられない

せっかくPRP療法を受けても、満足の行く効果を得られなかったというケースがあります。これは、成長因子や白血球などの成分を加えず、自身から採取されたPRPのみを注入する方法で起こりやすい失敗例です。 理由として、人によっての血小板の質に差があることが挙げられます。一人ひとり採取されたPRPの質に差があることによって、あらわれる効果にもバラつきが出てしまうのです。そのため、人によっては効果を実感しにくい場合があります。 知っておくべきPRPの特徴として、PRP療法は効果が現れるまでに2〜3ヶ月ほどの期間を必要とするという点があります。術後まだあまり時間が経っていない場合は、時間の経過とともに効果が出る可能性があるのでもう少し経過を見てみましょう。

③感染症を引き起こしてしまう

PRP療法は、体内から採取した血液に人為的な操作を加える施術です。そのため大変稀にではありますが、血液から血小板を抽出する過程が雑に行われると、途中で細菌に汚染されてしまうことがあります。 また、血液中にもともとある成分を使うため、こちらも極めて稀にではありますが、アレルギー症状や拒否反応を起こすリスクもあります。 もしも術後、不自然な赤みや腫れ・かやみ・熱感等がある場合は、こうした感染症などの症状を引き起こしている可能性があります。早めに信頼できるクリニックに相談しましょう。

PRP療法で失敗してしまった時の対処法

鼻の周りにヒアルロン酸やボトックスなどの注入による美容整形を受けている女性 もしもPRP療法を受けて失敗だと感じた場合は、まずは施術を受けたクリニックに相談しましょう。症状によっては早めの対処が必要な場合があります。 施術を受けたクリニックが取り合ってくれない場合は、他院での修正を検討してみても良いでしょう。

PRP療法で失敗しないためには、医師選び・クリニック選びが重要

カウンセリングを受けている女性と医師 PRP療法を含む再生療法という分野は、美容医療業界の中でも比較的新しいものの一つです。そのため、クリニックによって経験や技術力・研究に大きな開きがあります。 また、この施術は一人ひとりの皮膚の厚さや体質・施術部位などによって、濃度や注入量を細かく調節する必要がある施術です。 その分、PRP療法の施術を受ける際には、クリニックや医師選びを慎重に行う必要があります。 PRP療法について高い技術と豊富な症例数・研究データを持っているか、一人ひとりに合わせて細かな調整を行ってくれるか、カウンセリングでの印象はどうか、など様々な判断材料から総合的に判断することが大切です。

関連記事