いぼとほくろを除去する方法!4つの治療法と費用や保険について紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ほくろやいぼの除去方法って?

髪をかきあげて爽やかな女性 ほくろやいぼは、年齢や性別関係なく体にできてしまうできもののひとつとされています。ほくろやいぼなどには非ウイルス性のものと悪性と言われるものがあり、非ウイルス性のものであれば除去する必要もないとされているのですが、悪性のものであれば早い段階での除去を要するものもあるようです。今回はそんなほくろといぼの除去について詳しく説明いたします。

ほくろができる原因

ほくろは先天性のものと後天性のもの、大きく二つの種類に分けられます。先天性のものであれば遺伝的な要素が大きくなるのですが、後天性のものであれば、紫外線による影響や、ホルモンバランスの崩れ、生活習慣による影響が大きく関係しているようです。 紫外線やホルモンバランスが崩れることで、肌内部でメラニン色素の生成が促されるとほくろが出来る原因になるとされています。また、生活習慣が偏ることで、ストレスを過度に抱えてしまうとほくろをはいじめとした肌トラブルの現認になるようです。

いぼができる原因

いぼはウイルス性のいぼの場合、ヒトパピローマウイルスというウイルス菌が原因で引き起こされます。このウイルスが肌表面の傷口から入り込み感染が起こることでいぼの症状が引き起こされます。 ウイルスが原因ではない場合は、紫外線による皮膚細胞へのダメージや加齢による影響や、衣類や金属アクセサリーによる肌への刺激が影響してイボが発症することがあるようです。

ほくろやいぼの除去方法①炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、炭酸ガスを発振物質として、水分に反応する特殊なレーザーです。水分の多い細胞に刺激を与えるため、皮膚の深部組織や肌に直接ダメージを与えるわけではないので、肌の負担を抑えて治療を受けることが出来るとされています。 また、照射の時間も短く、施術時間も短時間で完了するので時間に余裕がない人でも受けやすい治療のひとつと言えるでしょう。

炭酸ガスレーザーの費用相場

炭酸ガスレーザーの費用について、利用するクリニックによって多少に違いがあるものの、平均で数千円から2万円程度の金額が必要です。小さなほくろを除去するだけなら最安で数千円程度、最高値であれば2万円を超えるクリニックもあるようです。 ただし、費用が安ければいいわけではなく、高いからと言って安心とも言い切れません。施術を受ける際は、クリニックの評判だけでなく、医師の技術や経験を確認することも必要です。また、十分なカウンセリングを行ってから施術を受けるようにしましょう。

ほくろやいぼの除去方法②切除縫合

いぼなどの症状を除去していく方法のひとつに、切除縫合というものがあります。この治療では、その名の通り、症状があらわれている部位を切除し縫合します。原因となる部位を直接取り除くことが出来るので確実ですし、比較的いぼの大きさが大きいという人にもおすすめになってきます。 ほくろやいぼの大きさが大きい場合や、盛り上がっている場合などは切除縫合の方が効率的に切除が出来るともいえるでしょう。

切除縫合の費用相場

切除縫合の費用相場としては、施術箇所の大きさにもよりますが1か所で2万円前後の金額が必要になるt言われています。最安のケースであれば保険も適用され数千円で治療が可能な場合もありますが、最高値になると4~5万円ほどかかる事もあるようです。 切除縫合の場合は、保険が適用されることもあるので、その場合は3割負担の金額になります。

ほくろやいぼの除去方法③電気メス治療

電気メス治療は、電気メスを用いて患部を細胞を破壊していきます。局部麻酔をして手術を行うため施術の際に痛みはほとんどないとされています。施術後はメスで切り取った個所がへこんでいたり、赤くはれている場合がありますが大体1週間~2週間ほどで目立たなくなるようです。 1回の施術で確実に効果が見られる施術になるので、ほくろやいぼが目立って大きい場合には適する施術と言えるでしょう。

電気メス治療の費用相場

電気メス治療の費用相場としては施術箇所の大きさにもよりますが、1か所あたり1万円前後の金額が必要になってきます。最安であれば数千円、最高値になれば2万円近く費用が必要になってくることもあるので、治療の際にはあらかじめクリニック選びに注意しましょう。

ほくろやいぼの除去方法④くり抜き法

くり抜き法はその名の通り、症状があらわれている部位の皮膚をメスを使ってくり抜く治療です。医療用の特殊なパンチやメスを用いて直接ほくろ等をくりぬいた後、縫合する施術です。 1度の治療で十分な効果を得られるだけでなく、半永久的な持続性があるので特に目立つほくろやいぼがある場合に適した施術と言えるでしょう。

くり抜き法の費用相場

くり抜き治療の費用相場としては1万円から2万円ほどかかると言われています。最安のケースであれば数千円からの治療も可能ですが、手術の内容によっては3万円近い金額が必要になってくることもあります。治療の際には自身の症状・状態であればどのくらいの金額になるのか、調べてから行くのがいいでしょう。

いぼやほくろの治療は何科にいけばいい?

皮膚科でのほくろ・いぼ除去治療

皮膚科でほくろやいぼの除去治療を行っていく場合は、1回の治療でも十分な効果を実感していく事が出来ます。また皮膚科の専門医によって施術を受けるので、術後の皮膚の炎症の心配等もなく安心して施術を受けることが可能と言えるでしょう。また、悪性のいぼやほくろの場合は保険適用治療になるため施術費用が抑えられるのもメリットと言えるでしょう

美容外科でのほくろ・いぼ除去治療

美容外科でこうした治療を受ける場合、より見た目に配慮した治療を受ける事が可能です。デザインの出来栄えを考慮して治療を進めていきたいという人にはおすすめです。 美容外科で治療を受ける際は、レーザー治療が多く、クリニックによっては最先端のレーザーで治療を受けることが出来るでしょう。また、ほくろやいぼの除去だけでなく、他の肌トラブルの改善も見込めるでしょう。しかしながら、美容外科で施術を受ける際は、保険が適用されない事がほとんどなので、治療の際にはある程度の費用負担を想定しておく必要があります。

いぼやほくろにお悩みの方はクリニックに相談しよう

いぼなどの症状に悩まされているという人はまず、医療機関で相談していく事からはじめていきましょう。自分の症状・状態にはどの除去治療がおすすめになってくるのか、具体的な費用や保険が適用されるのかどうかも含めて一緒にチェックしていくのがお勧めです。 診察に料金が発生するところもありますが、中には相談だけであれば無料で行っているクリニックもあります。施術を受ける際は安易に承諾せす、いくつかのクリニックを比較したうえで担当医と十分なカウンセリングを行ってから施術を受けるようにしましょう。

いぼやほくろの施術を受ける際は自身の状態に適した施術を受けよう

横顔が綺麗な女性 いぼやほくろの症状を改善していく為に、外科的な治療で対処することで目に見える効果を期待できます。施術を受ける際は、自身のほくろやいぼの原因が何なのか、ウイルス性のできものなのかも確認したうえで、どのような施術が自分に合ってるのかを見極めたうえで、除去手術を受けるようにしましょう。

関連記事