急に汗が出るのはなぜ?|考えられる原因と対処法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

なぜ急に汗が出てしまうの?

顎に手をついて考えている女性 急に汗が出ることで悩んでいる方は多いです。 しかし、その原因を知っていることは少なく、コンプレックスに感じている人は少なくありません。 そのため、外出を控えたり、人との関わりを避けたりしている方も。 一人で悩まずに、思い当たることがあれば、病院で相談してみましょう。 今回は急に汗が出る原因とその対処法について紹介します。

急に汗が出る原因①多汗症

急に汗が出る原因としてまず考えられるのが多汗症です。 多汗症の症状は他の人と同じ動作をしていても、人よりも汗をかきやすい、緊張や不安、焦った時などには滝のように汗が出てしまうなど人によって差はありますが、汗によって悩まされている状態の症状を多汗症と呼びます。 また人によっては何もしていない状態でも汗が噴き出てくることもあるようです。

多汗症の原因

多汗症の原因として、大きく分けると精神的なものが影響している場合と身体的なものが影響している場合に分けることができます。 精神的なものが影響している場合は交感神経の働きが強くなっていることが原因と言われています。身体的なものである場合は病気などが隠されていることもあるため注意が必要です。

多汗症の対処法

急に汗が出ると困ってしまいますよね。急に汗が出る場合にはその場で拭う以外の方法はありません。根本的に改善するには多汗症の原因が何かを知り、それに見合った治療を行う必要がああります。 最近ではボトックス注射を打つことで一時的ですが、症状が改善すると言われています。

急に汗が出る原因②更年期障害

急に汗が出る原因には多汗症だけではなく、更年期障害が原因のこともあります。 更年期は、身体的なものや精神的なものにまで影響を与えます。 特にのぼせのような症状が出るホットフラッシュは更年期障害の症状として有名ですが、汗のコントロールがうまくいかなくなり急に汗が出てしまうようです。

更年期障害の原因

そもそも更年期障害と言われても症状の出方は人それぞれですが、なぜそのような症状が出るのかご存知でしょうか。 更年期障害の原因はホルモンバランスの乱れと言われています。女性ホルモンのエストロゲンの働きが弱まることで、体調不良や精神的な不調を起こしてしまいます。

更年期障害の対処法

更年期障害の原因はホルモンバランスの乱れ、特にエストロゲンの減少が原因と言われているので、女性ホルモンのバランスを保つことができれば症状は改善していくでしょう。 エストロゲンの働きを良くする食べ物を食べたり、サプリメントで摂取するなども効果的のようです。 また、病院などではプラセンタを使用した治療も効果が見込めそうです。

急に汗が出る原因③自律神経失調症

急に汗が出る原因は他に、自律神経失調症によるものもあります。 自律神経失調症は、交感神経の働きと副交感神経の働きがうまくいかなくなってしまう状態によって急に汗が出るようになると言われています。 リラックスした状態の時に作用するのが副交感神経なのですが、その働きが弱まって交感神経(緊張や興奮する状態)の働きが強まってしまうことが原因のようです。

自律神経失調症の原因

自律神経失調症の原因は精神的なものと言われています。特にストレスを抱え込むことによって、自律神経の働きが乱れてしまいます。 ストレスを抱えることが多い現代人にとっては、いつ誰がなってもおかしくない症状の一つとも言えるのです。ストレスは私たちの心だけではなく身体にも影響を及ぼしてしまう怖いものだということを理解しておきましょう。

自律神経失調症の対処法

自律神経失調症の対処で一番大切なのはストレスを溜め込まずに発散することです。 特に休みもなく働いている社会人や、ストレスの多い場所で生活をしている人は少しその場から離れることが大切です。 休むことが一番の治療薬とも言われているので、心身ともにしっかりと休むようにしましょう。健康的な生活を送ることもポイントです。

急に汗が出る原因④糖尿病

急に汗が出る原因の中には、病気が隠されていることもあります。生活習慣病の一つである糖尿病は放っておくと合併症のリスクが高い病気ですので注意しましょう。糖尿病が原因で汗が出るのであれば、その他の症状も出てくるのでその点をチェックしてみてください。 例えば、食後に我慢できないほど眠くなる・だるさを感じる・排尿回数が増えた・水分をとる量が増えたなどの症状がある場合は注意しましょう。

糖尿病の原因

糖尿病は大きく2つのタイプがありますが、生活習慣病と呼ばれるのはⅡ型糖尿病です。 このⅡ型糖尿病の原因は遺伝性のもの食生活の乱れや運動不足によるものと言われています。 暴飲暴食が続いている、ストレスが多い人も注意が必要です。 糖尿病と聞くと甘いものを食べ過ぎている人というイメージがありますが、実際には炭水化物を取り過ぎている人の方がなりやすいという話もあるそうです。

糖尿病の対処法

糖尿病は病院での治療が必要な病気ですので、まずは検査を行い血糖値のコントロールをして生活をしていきます。 また、食事療法と運動療法を行い、血糖値を正常値に戻すための努力が欠かせません。 個人差によってはインスリン注射や治療薬を使用して対処していくことになりますが、まずは食事に気をつけることが大切です。

急に汗が出る原因⑤バセドウ病

急に汗が出る原因にバセドウ病があります。バセドウ病は甲状腺の病気であり、甲状腺ホルモンに影響を及ぼしてしまうのです。 バセドウ病の人は病態によっても異なりますが、疲れやすいなどの症状も出てくるので、いつもとは明らかに違うことに気付くことができるでしょう。 また目玉が飛び出してくるなどのわかりやすい症状も特徴です。

パセドウ病の原因

バセドウ病の原因はっきりとした原因はなく、人によってはストレスが原因になってる可能性もあるようです。 バセドウ病は自己免疫疾患とも言われており、自分の体を自分自身で攻撃してしまうことによって様々な不調を起こしてしまうものです。その不調の一つとして、急に汗が出る症状があります。 不調が続いている人は検査を行いましょう。

パセドウ病の対処法

バセドウ病の対処法は、基本的に甲状腺の働きをフォローする薬を服用することになるでしょう。 医師の診断のもと、治療を行っていくことが基本となります。 一度なってしまうと何度も症状が出やすいため、日常生活でも注意が必要となってきます。

急に汗が出る原因⑥肝機能障害

急に汗が出る原因には肝機能障害が関係していることもあります。 倦怠感・疲労・感食欲不振などの症状が出てくる人が多く、場合によってはむくみ・吐き気などの症状も出ます。 いつもと明らかに体調が違うと感じた場合にはすぐに病院に行くことが大切です。 また、急激に太った人なども肝機能障害の恐れがあますがで注意しましょう。

肝機能障害の原因

肝機能障害の原因は、様々ですが、アルコールをよく摂取する人に症状が出やすい傾向があります。 また、脂肪分の多い食事をよく摂取する人は脂肪肝になりやすいとも言われています。 肝機能性障害の原因となるようなことを繰り返してると、気づいた時には遅い場合も多いため、日頃から気をつけていくことが大切です。

肝機能障害の対処法

肝機能障害の対処法は、症状・状態によって適切な治療を行うことが重要です。 また日常生活の中でもアルコールの摂取を控えたり、脂肪分の多い食事をやめたりするなども効果を発揮してくれるでしょう。 肝機能障害は他の病気へと移行してしまうリスクもあるため、早い段階で治療を行うことが大切です。

急に汗が出る原因⑦熱中症

急に汗が出る原因なのが熱中症です。 炎天下で活動をしている人だけではなく、部屋の中でもなってしまうことがあります。 大量の汗をかき、一気に脱水状態になってしまうことが原因と言われており、場合によっては命の危険すらあるものです。 普段からこまめに水分補給をするなど一年を通してしっかりと対処しましょう。

熱中症の原因

熱中症の原因は、急激な大量の発汗と言われています。炎天下で活動をしている人は水分補給を怠っていることが多いです。 また室内にいるからと油断して水分補給をせずに過ごしていると、熱中症になることもあります。体内の水分だけではなく塩分もなくなるため、脱水症状が引き起こされます。

熱中症の対策

熱中症の対策として大切なのは小まめな水分補給と言われています。特に喉が渇いた状態で摂取するのではなく、喉が渇く前に摂取することが大切です。 さらに、炎天下での活動をする際には塩分を多く含んだものを摂取したり、活動時間を気にすることも必要でしょう。 他にも、真夏の暑い日などは外出を控えることも大切です。

急に汗が出て止まらない場合は放置せず 一度クリニックに相談しよう

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性 急に汗が出るという状態が続くようであれば、体の中で何らかの異常が起きているのかもしれません。 放っておくと他の症状まで引き起こしてしまうこともあるので、一度病院やクリニックで相談してみましょう。原因がはっきりしたらその治療を行い、対処していくことが大切です。 たかが汗だからといってと放っておくと、取り返しがつかない状態になることも考えられます。変だなと思ったらすぐに検査をしてもらうことをおすすめします。

関連記事