目頭切開後の後戻りについて|受ける前に知っておきたい基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加
2
びっくりして驚いている顔 目の幅が短いことや、目と目が離れていることでコンプレックスに感じている方も多いのではないでしょうか。 これを改善する方法としては、目頭切開という施術が選択肢にあがります。 しかし、実際に目頭切開を受けた方の口コミ・体験談の中には、「元に戻ってしまった」という声も少なくありません。 ではなぜ、目頭切開を受けたのにも関わらず元に戻ってしまうのでしょうか。 今回はそんな気になる目頭切開の後戻りについて紹介していきます。 ▽「目頭切開の失敗」の詳しい情報はこちら ┗目頭切開の3つの失敗例|原因・修正方法・失敗のリスクを下げる方法を紹介

目頭切開は正しい方法で行われていれば元に戻る可能性は低い

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性 目頭切開は正しい方法で行われていれば元に戻る可能性は低いとされています。 目頭切開には様々な術式がありますが、目元の症状・状態・希望のデザインなどによって、適切な方法が変わってきます。自分にあった術式が行われれば、元に戻る可能性は低いでしょう。 また、元に戻る可能性を低くするためには、信頼できるクリニック・医師を選択することも重要です。費用の安さではなく、実際のカウンセリングを通じて、専門性・技術力のある医師を慎重に選んでくださいね。

目頭切開とは

目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目 目頭切開は、目頭にある皮膚を切開することで、目を大きく見せたり目と目の距離を近づけたりするなどの効果が期待できる方法です。 ▽「目頭切開」の詳しい情報はこちら ┗目頭切開とは|気になる痛みや術後の傷跡、安く済ませるポイントなど紹介

術式:W法(内田法)

W法(内田法)による目頭切開は目頭部分をWの形に切開するという方法です。 W法は蒙古ひだを完全に除去できると言われており、高い効果が期待できるでしょう。 正しく行われれば、末広型の二重を平行型の二重にできるようです。 しかし、目頭が不自然に丸くなってしまう・傷跡が大きくなり過ぎてしまうことがあります。 また、切除が大きいのでダウンタイムも長めになるようです。

術式:Z法

Z法による目頭切開では蒙古ひだの部分をZ状に切開することになります。他の方法よりも自然な仕上りが期待できるというメリットがあります。 希望に合わせて調節しやすいことが特徴のようです。Zの大きさを調節しながら切開することで、仕上がりの変化も調節することが可能です。

術式:リドレープ法

リドレープ法による目頭切開は韓国で主に行われている方法です。他の方法よりも控え目に切開することがポイントであり、傷跡もあまり目立たないようです。 皮下を剥離して傷を目の縁に持ってきてから止血し、縫合することになります。しかし、細かい調節は難しいということと傷跡が赤くなって目立ってしまうリスクがあるので注意しましょう。

術式:三日月法

三日月法による目頭切開では蒙古ひだを三日月型に切り取ることになります。切開して縫合するだけの比較的簡単な方法ですが、傷跡が目立ちやすい・元に戻りやすいというデメリットがあります。 デメリットが多い施術なので、この方法を行っていないクリニックも多いです。持続期間は個人差もありますが、数週間~数ヶ月で後戻りして傷跡が引っ張られてしまうと言われています。

術式:V法

V法による目頭切開では、蒙古ひだを真ん中で水平に切開し、余分な皮膚を切除して縫合することになります。 蒙古ひだを完全に無くすことができると言われており、高い効果が期待できるでしょう。手術自体は比較的簡単な方法ですが、希望に合わせた細かい調節などはできないようです。 また、Vの字の大きな傷跡が残ってしまうため、あまり行っていないと言われています。

目頭切開で後戻りする原因

頭を抱えて悩んでいる女性

術式の違い

目頭切開にはさまざまな方法があります。中には戻りやすいと言われる術式もあると知っておきましょう。 特に後戻りしやすいのは三日月法と言われており、この方法は経験の少ないドクターでも施術することができるようです。 比較的簡単に行える方法ですが、施術をしてしばらくすると元に戻る可能性が高いようです。カウンセリングの時に最適な術式を提案してもらうと良いでしょう。

経験の浅い未熟なドクターによる施術

目頭はデリケートな部分であり、目頭切開を受ける場合は経験豊富なドクターを選ぶことが大切です。 ドクターの技術力によって後戻りのリスクが変わってくることはもちろん、それ以外の失敗や事故を招く恐れもあり、仕上がりにも影響してきます。 ドクターを選ぶ際は、医師の勤務歴・美容外科医としての勤務年数・資格などをしっかりと確認しましょう。

皮膚組織の再生

目頭切開は目頭にある蒙古ひだという皮膚を切り取り、縫合するという施術です。それによって目元の印象を良くする効果が期待できますが、皮膚というのは時間の経過とともに元に戻ろうとする性質があります。 これは皮膚組織の再生によるものなのである程度は仕方ないでしょう。後戻りのリスクを少しでも避けるには、あらかじめその点も踏まえた切開を行う必要があります。

目頭切開で後戻りしないためには専門性・技術力の高い医師を選ぶことが重要

笑顔のクリニックの男性医師 目頭切開は切開を伴う目元形成ですが、皮膚組織の再生などによって元に戻ってしまうことがあります。 また、目頭切開だけに限ることではありませんが、施術を担当するドクターによって仕上がりや後戻りのリスクも変わってきます。 少しでも元に戻ることを避けたいという場合は、専門性・技術力の高いドクターを選ぶことが重要です。

関連記事