傷跡の盛り上がりについて|原因と治療法など徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

傷跡の盛り上がりについて原因と対処法を紹介します

失敗や後悔をして悩んでいる女性怪我や事故などによって傷跡ができてしまい、その後を気にしている人は多くいます。美容整形施術を受けることによって傷跡の盛り上がりを平らにしたり、きれいに改善することができるでしょう。さまざまな施術があるので自分に合った施術を選択することが可能です。

傷跡の盛り上がりが出来てしまうのはどのようなケースが多い?

怪我や事故などによって傷跡ができ、それが盛り上がりができてしまうことがあります。 例えばキッチンなどでやけどをしてしまった時や擦り傷などを負った時にできることが多いでしょう。何かしらの手術を受けた後の傷などを気にしている人も多くいます。

傷の盛り上がりの正体は「ケロイド」「肥厚性瘢痕」という名称

こうした傷跡の盛り上がりは、ケロイドや肥厚性瘢痕などと呼ばれることがあります。ケロイドは跡が赤く盛り上がったもので硬く肥厚したような状態のものもあり、原因として傷を治す過程においてコラーゲンや線維芽細胞などが多く分泌されているからと言われています。

傷がケロイドや肥厚性瘢痕になってしまうメカニズム

傷がケロイドや肥厚性瘢痕になってしまうことがあります。創傷が治っていく過程において皮膚などが過剰に引っぱられアレルギー反応などを起こした場合、跡が盛り上がって腫れるようになることがありこれが肥厚性瘢痕やケロイドです。 肥厚性瘢痕はもともと傷の範囲内にある傷ですがケロイドは傷の範囲以上に広がる特徴があり、人によっては肥厚性瘢痕やケロイドが混在しているケースもあるでしょう。中間的な性質のものもあり区別するのは難しいと言われています。

ケロイドや肥厚性瘢痕になりやすい体質の人が居る

小さな傷でもケロイドや肥厚性瘢痕などになりやすい体質の人がいます。 人によってケロイドにかかりやすい人とかかりにくい人がいて、人種によっても異なります。ケロイドになりやすい部位があり、外からの刺激を受けやすいような部位や、ニキビができやすいような部位に多く発生し、その跡を気にしている人は多くいるでしょう。 跡ができたら傷をひっぱったり触らずに、清潔に維持したり湿潤を心がけることによって症状を酷くさせないことが重要です。

傷跡の盛り上がりの治療法

①レーザー治療

傷跡の盛り上がりの治療法としてレーザー治療があります。 レーザー治療は色素レーザーやヤグレーザー・炭酸ガスレーザーなどを用いて、傷跡の治療に利用することが可能です。治療効果が高く傷跡の種類によって他の手術では改善できないものも効果があるでしょう。 治療は人によってことなりますが1ヵ月~3ヵ月おきに1回受けたり、10回くらい通院することもあります。比較的短期間できれいな状態にしたり改善することが可能です。

②外科手術

傷跡の盛り上がりの治療法に手術があります。手術は基本的に傷跡を切除することによって、目立たないように縫い合わす方法です。 皮膚の伸展性を利用し皮膚のやりくりを行ったり、傷跡に緊張などをかけないようにすることもできます。皮膚に量的に余裕のある傷跡や部位などに向いているでしょう。 小さく密集しているような傷跡の場合はこの施術は向いておらず、レーザー治療の方がおすすめです。1回の施術を完了しますがその後何回かアフターケアのために通院する必要があります。

③圧迫療法

傷跡の盛り上がりを治療する方法として圧迫療法があります。圧迫療法はケロイドや肥厚性瘢痕をフォームラバーのようなスポンジで直接押えつけることによって施術を行う方法です。 上から絆創膏で圧迫することによって症状を改善することができ、非常に手軽で効果を得ることができるでしょう。数ヵ月~半年くらい継続する必要があり、皮膚の弱い人の場合は絆創膏などにかぶれるケースがあるので継続して使用する際は注意が必要となります。

④ステロイドなどの外用療法

傷跡の盛り上がりの治療法としてステロイドなどを使用した外用療法があります。 ステロイドの入った軟膏を塗る方法で、ステロイドが入った伴創膏なども提供されています。傷跡に直接塗ることによって症状を緩和することが可能です。数ヵ月ぐらい継続して使用することになるので、皮膚が弱い人は気をつけて使用する必要があります。 医師と相談し適切な量や使用頻度などに関するアドバイスを受けると、効率良く症状を改善することが可能です。

⑤シリコンゲルシート

傷跡の盛り上がりの治療法にシリコンゲルシートを使用することがあります。 シリコンゲルシートは柔らかい接着性のあるシートで、肥厚性瘢痕やケロイドの皮膚を保護することが可能です。シリコン膜で覆われていて型くずれしにくくなっており、耐久性があり洗浄しても再使用することができます。 非常に薄く透明で、使用していても目立ちにくいでしょう。直接貼ることによってケロイドの症状を改善することができ、数ヵ月利用することになります。

長期的な治療になる場合が多い

ケロイドや肥厚性瘢痕の治療は長期的になる場合が多いでしょう。 レーザーや手術を受けた後も何度か通院する必要があったり、外用薬などをもちいた場合は数ヵ月継続して治療することになります。時間はかかりますが改善されていく状態を実感することが可能です。

小さな傷でも早い内に医師のもとで診察を受けることが大切!

顔の輪郭と顎をマッサージされている女性傷の盛り上がりを防ぐため小さな傷でも早い段階において医師のもとで診察を受けた方が良いでしょう。 傷が小さくてもケロイドや肥厚性瘢痕傷の場合は跡が残る可能性もあるので、早いうちに適切な処置を施すことによって症状をきれいに治したり改善することが可能です。 医師と相談することによって適切な施術方法を選択することができ、効率的に傷を治すことができます。自己判断する前に一度医師やクリニックと相談すると良いでしょう。

関連記事