あごのヒアルロン酸注射の効果とは?リスクや失敗例・費用相場も紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

顎のヒアルロン酸注射とはどんな施術?

顎をおさえている女性の口元 日本人は顎が引っ込んでいる骨格の人が多く、そのせいで顔のバランスが悪くなっていることがあります。そんな悩みを解消するのが、ヒアルロン酸注射です。どのような効果が得られるのか、リスクはないのかなどを紹介します。

ヒアルロン酸注射とは

注射器を持ったクリニックの女性医師 ヒアルロン酸は、もともと体内にある成分で細胞と細胞の間に多く存在して水分保持やクッションのような役割を持つものです。安全性も高く、注射による施術なので10分程度で完了できます。メスを使用しないので痛みや腫れが少なく、すぐに日常生活に戻れるのも特徴です。 ヒアルロン酸をどの位置にどれぐらい注入するかによって、ある程度顎をデザインすることができます。顎が引っ込んでいる人に向いていて、ヒアルロン酸注入によってその部分を出すと引き締まったフェイスラインが作れ、小顔効果も得られます。

顎にヒアルロン酸を注入する際の注入量

ある程度の量を注入しないと変化を実感できない部位といえます。一般的には1本分である1ccの量を使用することが多いです。その量では足りない、変化が実感できないという場合は量を増やすことになります。0.1ccから料金設定がある医療機関もあります。

顎のヒアルロン酸注射の効果

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

横から見るEラインが綺麗になる

鼻の頭から唇、顎を結ぶ線が直線でつながるラインをEライン(エステティックライン)と呼びます。これが理想的な顔のバランスを判断する基準となっています。ヒアルロン酸注入を行い引っ込んだ顎を出すことで、横から見るEラインが綺麗になる効果が得られます。ヒアルロン酸注射によって美しい横顔が手に入れられるというわけです。

顎がシャープになる

また、ヒアルロン酸注射を行うことで顎がシャープになる効果が得られます。全体的に顎が小さく、先が後ろに引っ込んでいる人は縦にも短いことが多いので、そのような人におすすめです。斜め下方向に出る形に仕上げることで、顔全体がシャープになる印象になるのです。さらにとがった顎を作ることで、小顔効果を得ることもできます。

口元が出ているのが目立たないようになる

その他にも、口元が出ているのを目立たなくさせる効果もあります。口元が出ていることによって、顎が引っ込んでいるように見えてしまう人におすすめです。顎先をヒアルロン酸注入によって前方に出すことで、口元が引っ込んだ状態に見えます、それによって顔全体のバランスが良くなり、横から見た顔のラインも綺麗になります。

顎のヒアルロン酸の効果の持続期間

時計を指さしている女性 気になる効果の持続期間ですが、使用するヒアルロン酸によっても変わってきます。平均すると1回の注入で、半年から1年程度といわれています。注入直後から効果を実感できるものの、永久的に持続するものではありません。

顎のヒアルロン酸注射の費用相場・最高値・最安値

費用相場ですが、これも施術する医療機関や使用するヒアルロン酸、そして注入量によって大きく変わってきます。1本1ccで、4~10万円と幅があります。長期間持続するものであれば、それより高くなるものもあります。 料金が安すぎる場合には、ヒアルロン酸が薄められている可能性や別の部位に向いているものを使用していることもあるので注意が必要です。

顎のヒアルロン酸注射のリスク・デメリット

ポイントや注意点を教えている女性医師

内出血が出ることがある

注射による施術であるため傷跡の心配ないものの、内出血が出ることがあります。最も高い頻度で生じるリスクといえます。ただ、すべての人に起こるわけではなく、10人に1人程度の割合です。 軽い内出血であれば1週間ほどで消えます。施術当日からメイクができるので、内出血はファンデーションなどで隠すことができるので安心です。

腫れが出ることがある

また、まれに腫れが出ることもあります。これもすべての人に起こるわけではありません。施術直後の腫れはわずかでも、施術当日に激しい運動をしたりして血流が良くなると、針を刺したところが腫れてくることがあります。 腫れも数日たてば必ず引いてきますが、激しい運動をしたり、施術部位を必要以上にこすったりしないようにしましょう。

顎のヒアルロン酸注射の失敗例

頭を抱えて悩んでいる女性

注入しすぎで顎が大きくなってしまう

医師の技術力によって、失敗が絶対ないとは言い切れません。失敗例としては、注入しすぎで顎が大きくなってしまう、というものが挙げられます。 注入量が多くなればそれだけ大きくなるのは当然ですし、注入する場所が悪ければ顔全体のバランスも悪くなってしまいます。注入する場所と注入量は、医師の技術力と経験によって決められるので、医師選びは重要です。

変化がなかったり、すぐに戻ったりする

その他の失敗例としては、変化が感じられなかったり、すぐに元に戻ってしまうというものがあります。これも注入場所や注入量と関係してきます。またヒアルロン酸は体内にある成分なので、注入直後から徐々に体に吸収されていきます。 使用するヒアルロン酸によっては持続効果が短いものもあります。持続効果は個人差もあるので、すぐに戻ってしまったと感じてしまうことがあるのです。

顎のヒアルロン酸注射が気になる方はまずクリニックに相談しましょう

綺麗なフェイスラインの女性 このように、顎にヒアルロン酸を注入することによって顔全体のバランスが良くなったり、小顔に見せる効果が得られます。その反面、医師の技術力が低いと失敗する可能性や効果が実感できない可能性があります。 医療機関によって使用するヒアルロン酸や施術方法が異なるので、気になる方は信頼のできるクリニックをいくつか見つけて相談することがおすすめです。いくつかのクリニックを比較して、納得のいく場所で施術を受けるようにしましょう。

関連記事