脇汗が多くなる4つの原因|どうしても気になる場合の対処法とは!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

脇汗が止まらなくて困っている

笑顔で運動をしている女性 身体の中でも特に発汗量が多い「脇」。ですが、日常生活で困るほどの汗が出たり、どんな季節でも汗が出たりして困っているという方もいます。そんな方に共通する4つの原因についてチェックしていきましょう。

脇汗で悩む人は少なくない

失敗や後悔をして両手で顔を押さえて落ち込んでいる女性 汗そのものは身体の生理現象とも言えるもので気温が高い時期には体温を下げるという重要な役目を果たしています。一方で多汗症ほどでもないとしても汗を掻いて気になる人は多く、特に汗が出やすい脇汗で悩む人は多くいます。 汗を掻くことは見た目にもよくありませんし、また体臭の原因にもなります。このため気温などの影響以外にも汗をあまりにも多く出る人は原因をよく確認して改善していきましょう。

脇は二種の汗腺が集中している部位

脇汗が出やすい理由は脇に2種類の汗腺が存在しているためです。脇には「エクリン腺」と「アポクリン腺」というものが存在しており、このうちアポクリン腺は臭いを発する性質があります。 それぞれの汗腺から分泌される汗そのものは無臭なのですがアポクリン腺からの汗にはアンモニア・鉄分・タンパク質・脂質などを含んでおり時間が経つと独特の臭いを発します。

脇汗の原因

人差し指を立てて注意点を示している女性

ホルモンバランスの乱れ

脇汗の発汗量が多くなる原因のひとつとして、ホルモンバランスの乱れがあります。特に女性の場合には更年期を迎えると汗が出やすくなるといわれますが、これはホルモンの分泌量が変化することによって自立神経が乱れるためです。 また体内に存在するホルモンバランスは、ちょっとしたことでも変化し、これは男性の場合も同様です。しかし、日常生活レベルでの乱れであれば少しの工夫をすることでホルモンを安定さえることができ脇汗を描かなくすることもできます。

ストレスや緊張などの精神的要因

脇汗にかぎらず汗を掻く原因のひとつにストレスや緊張などの精神不安があります。例えば冷や汗や手に汗握るといった表現は、精神的な原因で汗を掻くことを表したものです。この場合には精神性発汗と呼ばれ、体温調節のために行われる温熱性発汗とは異なります。 脇汗もこの影響を受けやすいものですが、この精神性発汗ではある種、不要な汗であり身体に必要な水分やタンパク質、脂質まで出してしまうため、時間が経つと臭いを発します。

肥満

肥満の人は汗を掻きやすい傾向にありますが、肥満そのものが脇汗の原因とは言えません。ただ肥満になると脂肪が皮膚の表面に多く付くため断熱性が高まります。この影響によって体内の熱が逃げにくくなり、そのため温熱性発汗が起こりやすくなります。 一方で単なる運動不足による肥満は身体に対してストレスを与えており、そのために発汗しやすくなります。発汗は身体全体で起こりますが、特に汗が出やすい脇汗は量も多くなりがちです。

生活習慣の乱れ

汗を掻く原因としてはさまざまですが、特に多汗症と呼ばれるような場合には精神性発汗が原因です。精神性発汗は、ちょっとしたことでなる可能性があり、それらの原因となるのが日頃の生活習慣の乱れです。食生活の乱れにより肥満になりやすくなりますし、喫煙や飲酒もストレスの原因になります。 また運動不足も身体に対して大きなストレスになり、特に汗腺の働きが鈍いことが適切な温熱性発汗を妨げることになり、過度な汗の分泌を促す原因となってしまいます。

脇汗が多くなるのを改善する方法

海の近くで水着を着ているスタイルのいい女性

生活習慣を見直す

脇汗に悩む場合にまず行うべきことは生活習慣の見直しです。ストレスや緊張によって汗が搔きやすい場合には、それらの発散方法を試すことで改善ができる場合がありますし、肥満が理由であれば運動や食生活の見直しで改善できる場合があります。 また健全な身体にすることによってホルモンバランスを安定させることができるので、ホルモンバランスの乱れが原因の発汗に対しても生活習慣の見直しによって改善することができる場合があります。

クリニックで治療する

健康体であるにもかかわらず脇汗がひどいといった場合にはクリニックでの脇汗治療を受けることができます。脇汗治療としては、ボトックス注射や外科手術による汗腺の切除です。 ボトックス注射では身体に影響が出ない程度の神経毒を汗腺周辺に注射して機能を一時的に麻痺させるものです。時間が経過すると効果はなくなりますが、注射でできる治療法です。 一方でボトックス注射よりも根本的な治療を行うのが外科手術で汗の原因になる汗腺を切除することで汗そのものを掻かなくすることができます。

脇汗がどうしても気になる場合はクリニックに相談しましょう

ポイントや注意点を教えている女性医師 汗が出るということそのものは正常な働きですが、過度に汗が出ると日常生活に問題が出る場合があります。生活習慣が乱れている場合には、まずは生活習慣を見直し、それでも汗が出るような場合には医療機関で治療を受けることで改善することができます。

関連記事