【豊胸】シリコンバッグのカプセル拘縮って?

いただいたご質問

7~8年前に、シリコンバッグで豊胸しました。

最近になって、カプセル拘縮という言葉を知ったのですが、これはどのような症状なのでしょうか?バッグを抜去した方がよいのか、それともこのままでよいのか不安です。

アドバイザーからの回答

カプセル拘縮(被膜拘縮)とは、豊胸バッグの挿入後、時間の経過とともに硬くなり、悪化すると痛みや見た目のゆがみが生じてくる症状です。

豊胸バッグ(シリコンバッグや生理食塩水バッグなど)を挿入すると、身体が「異物である」として、豊胸バッグを包み込む被膜を形成します。この被膜が次第に縮んでいくことで、カプセル拘縮が進行していきます。

シリコンバッグ挿入(人口乳腺法)による豊胸手術を受けた方の1割にカプセル拘縮が起こるというデータもあり、その原因にはバッグの種類だけでなく、医師の技術や患者の体質などさまざまな要因が挙げられています。そのため、過去に豊胸バッグを挿入されており、違和感や痛み、硬さを感じることがある方は、早めに医療機関での診察を受けることをおすすめします。マッサージ等で改善するという情報もありますが、誤った処置は、拘縮を悪化させたり豊胸バッグの破損を招く危険もありますので、控えた方が良いでしょう。