はるな愛でおなじみの共立美容外科は、「患者さんの立場に立った美容医療を行う」ことを信念に創立された。 28年目を迎えた現在、全国21院を展開しており、その千葉院院長を務めるのが児玉医師だ。共立美容外科は、なによりも「技術力」という評価にこそ価値があるとの考えのもと、患者さまにとって本当に必要な施術を提案し、美容分野において「確かな医療を提供する」という信念を貫いている。
「カウンセリングからアフターケアまで必ず医師が行います」 患者の不安や悩みに真摯に向き合うのが共立美容外科のスタイル
-クリニックの特徴、治療方針を教えてください
一人一人の患者様のお悩みに真摯に向き合い、お時間をかけてしっかりとお話しを伺っております。カウンセリングは無料ですし、医師が直接行っていますよ。カウンセリングでは患者さまの立場に立って、ご要望に沿って患者さまに本当に必要な美容医療をご案内させていただきますので、初めての方でも安心してご来院いただけるクリニックだと思います。もちろん無理に治療を勧めることはありませんのでご安心くださいね。また、患者さまのアフターケアまで医師がしっかり行う体制をとっておりますので、とても安心できるとのご評価をいただいております。カウンセリングからアフターケアまで対応させていただきますので、患者さまとの信頼関係はしっかりとしたものになります。以前治療させていただいた患者さまが、また私を指名してお越しいただくことが何度もあるのですが、とても嬉しく思いますね。
-児玉先生は医師としてのキャリアが豊富ですが、なぜ、美容外科を志したのですか?
私はこれまでのキャリアにおいて一般外科、救急医療、麻酔管理などで高度かつ幅広く手技や知識を習得するために研鑽を積んできました。その結果、『日本外科学会 外科専門医』、『日本救急医学会 救急専門医』、『日本麻酔科学会 麻酔科認定医』、『日本抗加齢医学会 認定専門医』、『日本禁煙学会 認定指導医』の資格を取得しております。この先、身に付けた医療知識や技術、これらの資格を患者さまのためにどのように活かすべきかを考えておりましたところ、患者さまの「美への追求」をお手伝いすることへの思いが強くなってきたので、美容外科に転身することを決意しました。
麻酔科専門医の資格も持つ児玉医師
専門知識・技術の全てを注ぐコンデンスリッチ豊胸へのこだわりとは
-コンデンスリッチ豊胸術はどのようなものでしょうか?
コンデンスリッチ豊胸は、お体の痩せたい部位から脂肪吸引で、脂肪を吸引し、その脂肪を胸に注入する方法です。
今までの、脂肪を胸に入れる豊胸術との大きな違いは、胸に生着率の高い良質な脂肪のみを注入できるという点です。
ご自身の身体から吸引した脂肪を特殊な機械にかけ、吸引した脂肪を不純物と良質な脂肪に分け、その良質な脂肪のみ胸に注入しますよ。
コンデンスリッチ豊胸は、CRF協会加盟の認定クリニックでしか受けることができません。
共立美容外科・歯科は、胸に脂肪を注入する際は、独自の技術力で自然な形になるように注入しますよ。
コンデンスリッチ豊胸術は簡単にいうと、「脂肪吸引」と「豊胸」の二つのお悩みを一度に解決できる手術というとわかりやすいと思います。
当院のコンデンスリッチ豊胸術は、丁寧に行い仕上がりもきれいな事から、雑誌やテレビなどからも取材を受けた経験がありますよ。
-児玉先生のコンデンスリッチ豊胸術における信念はなんですか?
信念は、「救急医療や麻酔科管理を専門としてきた経験をベースにして、基本に忠実で安全、かつ高度な医療を心がける」ということです。コンデンスリッチ豊胸術は一つ一つの手術手技が重要なのは大前提ですし、日々それを研鑽するのは当然だと思います。ただし、個別の技術を突き詰めても医療の土台となる全体を見渡せる基本がなければやがて行き詰ります。一見、地味に聞こえるかもしれませんが「痛くなく、安全で確実な医療を提供する」ことを最も重要にして、美容医療を行っています。
コンデンスリッチ豊胸術は麻酔をかけて行う手術です。医療技術を幅広く研鑽してきましたが、日本麻酔科学会 麻酔科認定医であることは、コンデンスリッチ豊胸術を、痛くなく、安全で確実に手術するために役にたっております。患者さまからも安心して任せられるとのご評価をいただいておりますよ。
脂肪吸引箇所の仕上がりにも妥協は許さない
特許取得技術を用いた脂肪吸引へのこだわりとは
-脂肪吸引すると、その吸引した部位がデコボコになってしまうことがあると聞きましたが大丈夫ですか?
共立美容外科・歯科は1989年の開院以来、脂肪吸引を行っていました。当時は、日帰りで脂肪吸引を行うクリニックは珍しく、症例も豊富だっため、「脂肪吸引クリニック」と呼ばれていた時代もありました。それほど、脂肪吸引には自信がありますよ。
 凸凹になるという話は聞いたことがありますが、当院の場合は、脂肪を吸引する際に、部位に手を優しく当てて、どのくらい脂肪が吸引されているかしっかり確認しますので、凸凹になることはほとんどありませんよ。脂肪を取りすぎず適度に吸引することがポイントです。
また、当院は、脂肪を吸引する際に、53種類もの細いカニューレ(脂肪を吸引するストローのような医療機器)を使い分けて脂肪を吸引するので、仕上がりもきれいです。
傷跡も心配な方もいらっしゃいますが、傷跡が残らないように当院開発の特許取得の傷跡保護器具「KBシース」を使用しますので、傷跡もほとんど残りません。
美容医療相談室では、脂肪吸引の名医として、遠山先生も取材されていますよ。
-コンデンスリッチ豊胸術で胸に注入した脂肪はなくなりませんか?
CRF(コンデンスリッチファット)協会は脂肪の生着率は約80%と発表しています。
当院では、脂肪を生着をさらに高めるために、ご希望により、胸に脂肪を注入した後に、ACRというご自身の血液から採取した、多血小板血漿を注入します。血小板の成長因子を注入することで、脂肪細胞を活性化させ、脂肪の生着率を高めています。
豊富な専門医資格取得の背景とは
基礎を磨くことが美容医療の安全性・確実性を高める
-児玉先生はいろいろな学会から評価されておりますね。
ありがとうございます。認定を多くいただいているので、評価されているように見えるのかもしれません。私が最も重要であると考えていることは、「痛くなく、安全で確実な医療を提供する」ことです。
基礎が重要だと思っておりますので、美容外科だけでなかく、医療をしっかり勉強してきました。
今では、「日本外科学会 外科専門医」、「日本救急医学会 救急専門医」、「日本麻酔科学会 麻酔科認定医」、「日本抗加齢医学会 認定専門医」、「日本禁煙学会 認定指導医」を取得しております。一つ一つも大切ですが、これらの知識や技術を組み合わせることで、さらにコンデンスリッチ豊胸術の安全性、確実性が向上するものであると考えます。これだけ幅広く認定医を取得している医師はそう多くはいらっしゃいません。ぜひとも安心してコンデンスリッチ豊胸術をおまかせいただければと思います。
-コンデンスリッチ豊胸術を受けるにあたって、クリニック選びのポイントはなんでしょうか?
コンデンスリッチ豊胸術に限ったわけではありませんが、「患者さまに親身に接する」、「徹底的に悩みを聞いてもらえる」、「本当に必要な治療を提供し、不要な治療を無理に進めない」、「きちんと医師がアフターケアまで行う」、ということが良いクリニックを選ぶ際のポイントだと思います。 美容整形業界では利益第一主義というクリニックも存在しますので、患者さま第一というスタンスが薄れているところには要注意ですね。まずはカウンセリングでじっくりと話し合い、患者さまと医師が、お互いに信頼を形成できるということが最も重要だと思いますので、そこでご判断されてみてはいかがでしょうか。
そういったクリニックもある中で、共立美容外科グループは美容外科の中では「至極まっとうなクリニック」だと思います。繰り返しますが、「患者さま第一主義」、「親身な対応」、「常識的である」、「安心して治療を任せられる」クリニックであると思っておりますし、こういった信念を貫くことが大切であると私は考えております。
-最後に読者の方へのメッセージをお願いします。
やはり「患者さま第一」を実践するためには技術力と信念を両立させることが大切です。先ほどお話しをいたしましたが、私は救急医療や麻酔科管理等、高度で幅広く経験を積んできております。これらをベースとして「確実で安全な医療を提供する」ことにこだわっておりますし、今後も研鑽を積み、さらにレベルアップを図っていきたいと思っております。コンデンスリッチ豊胸術だけではなく、他のさまざまな手術においても麻酔は必要です。私は麻酔科認定医として安全な麻酔管理を行っており、その上で確実な手術を行っております。可能性はほとんどありませんが、万が一手術中に体調の変化があったとしても、救急科専門医として最善の処置を行うことができると自負しております。そういった高度な医療技術と知識をベースとして、自分の信念である「患者さま第一」をモットーに、患者さまに安心、ご納得いただける「親身な対応」を行っていきたいと思います。こういった医師がいることがクリニック選びではポイントになるかと思いますよ。
カウンセリングは無料ですので、もしお悩みがありましたらどんなことでも結構ですので、一度お話しだけでも共立美容外科にお気軽にご来院ください。お待ちしております。
編集後記
児玉先生は本当に患者さまのことを第一に考え、患者さまに尽くしたいのだなと、つくづく感じることができました。自分に何か悩みがあるのであれば、とても思いやりがあって優しく、そして明るい児玉先生にぜひともお世話になりたい、そんな気分にさせられました。また、安全・安心で確実な医療を提供するために、本当に熱心に研鑽を積んでおられる強い責任感も十分に伝わってきました。人柄と技術力を高いレベルで兼ね備えていらっしゃる先生だといるのではないでしょうか。
共立美容外科・歯科
共立美容外科は1989年に第一号となるクリニックをオープンして以来、東京、大阪、名古屋、福岡をはじめ、全国21院を開院するまでになりました。経験豊富な美容外科医が多数在籍しており、二重まぶたの整形や脂肪吸引、豊胸、わきが、しわ、たるみ、歯並びといった体に関するお悩みをお持ちの方々へ最適な美容医療の治療をご提案しています。
0120-560-340(銀座院)
0120-340-428(渋谷院)
0120-458-034(横浜院)
0120-280-340(千葉院)
0120-500-340(全国21院共通ダイヤル)
新宿本院、銀座、渋谷、横浜、千葉、札幌、仙台、宇都宮、高崎、大宮、所沢、柏、浜松、名古屋、京都、大阪、岡山、高松、福岡、大分、熊本



【診療時間】
10:00 〜 19:00
児玉肇先生
【経歴】
2004年 東邦大学医療センター大橋病院研修医
2006年 東邦大学医療センター大橋病院外科入局
2007年 清智会記念病院救急部
2010年 東邦大学医療センター大橋病院外科
2014年 共立美容外科入職先生

【主な加盟談大・資格】
日本外科学会外科専門医
日本救急医学会救急専門医
日本麻酔科学会麻酔科認定医
日本禁煙学会認定指導医
日本抗加齢医学会会員
日本美容外科学会会員
共立美容外科・歯科への予約・問い合わせ
お名前 <必須>
ふりがな <必須>
生年月日 <必須> 年  月 
性別 <必須> 女性    男性
お住まいの都道府県
<必須>
電話番号 <必須>
メールアドレス
<必須>
希望医師 <任意>
ご相談内容
<必須>
お問い合わせ・予約内容
<任意>
カウンセリング希望日時 <必須> 【第一希望】


【第二希望】


【第三希望】

※確定日時は、こちらから折り返しご連絡差し上げます。
※カウンセリング日時は、予約状況によりご希望に添いかねる場合がございますので、予めご了承下さい。

カウンセリング当日の施術希望
<必須>