【医師インタビュー】眼瞼下垂って?眼瞼下垂の原因と治療法について|大塚美容形成外科

この記事の監修医師

この記事は、石井秀典医師(大塚美容形成外科・歯科 大塚院)が監修しています。

Q.大塚美容外科で受けられる美容整形術、眼瞼下垂を治す施術について教えてください。

まず眼瞼下垂がどんな症状なのかお伝えします。目は、まぶたを上げるのに、眼瞼挙筋という筋肉を使って上にあげています。しかし眼瞼挙筋の形成不全や神経異常などの先天的理由や、加齢に伴う眼瞼挙筋腱膜のズレなど後天的な理由によって、十分に目を開くことができない症状のことです。
後天的な眼瞼下垂の理由は加齢によるたるみだけでなく、目の疲労や、長期にわたる二重コスメやコンタクトの使用など、その他疾患による神経の圧迫なども眼瞼下垂の因子となります。
小さくて眠たそうに見える、物をしっかり見ようと額の筋肉を使って目を見開くため、額にシワが多くなったなど悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。

ご存知の方も多いと思いますが、眼瞼下垂は健康保険が適用されるケースがあります。しかし、保険適用による治療は日常生活に支障がある場合に限るなど制限があるのも確かです。つまり日常生活に支障が出ないように目を開くことを目的とした治療です。美容外科で行う眼瞼下垂の施術は、目を開くのはもちろんのこと、 二重の幅や眉毛と目のバランス、お顔全体の印象など若さや美しさを保つように治療することを目的としています。

眼瞼下垂が軽度であれば、埋没法である程度改善することがありますが、埋没法では根本的な「眼瞼挙筋の問題」は解決しません。中程度~重度の眼瞼下垂は眼瞼挙筋短縮法という方法で治療を行います。

Q.具体的にどんな施術をするのでしょうか?

眼瞼挙筋短縮法とは、眼瞼挙筋腱膜を短くして瞼板に縫合する施術のことです。 まずカウンセリング時に、何が原因なのかを突き止めてどう施術するかを細かく設計していきます。
施術は、上まぶたを切開し瞼板と挙筋腱膜という部分を露出させて眼瞼挙筋腱膜を短縮固定(前転固定)します。瞼板と挙筋腱膜を縫合することで、まぶたの開く力が強くなり、眠たそうなまぶたがパッチリした目元になります。
片目40分、両目1時間程度の施術時間で手術は終わります。術後は1週間で抜糸を行い、完成です。個人差はありますが大きな腫れは1~2週間程度です。
コンタクトは術後2、3日後から使うことができます。施術にかかる値段は、両目で¥500,000(税別)です。
もともと二重の方は、二重のラインに沿って施術を行います。またもともと一重の方も二重にすることが可能でよりぱっちりとした目元に仕上がります。

<症例写真:眼瞼挙筋短縮法>
画像提供:大塚美容形成外科
大塚美容形成外科・歯科
大塚美容形成外科・歯科は、1976年の大塚本院開設以来、「最小の手術で、最大の効果を」を基本理念として日々患者様と対峙しております。美容形成外科歴10年以上の医師が中心の当院では、皆様の美しくなりたいという気持ちを叶えるための努力を惜しみません。コンプレックスや悩みを解消した後の、心からの笑顔を見ることが私たちにとっての最大の喜びです。何か気になることがありましたら、お気軽に私たちにご相談ください。
月曜~金曜 AM9:00~PM8:00
 土曜  AM9:00~PM7:00
 日・祝  AM9:00~PM5:00
石井 秀典先生
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成12年 大塚美容形成外科 入局
大塚美容形成外科・歯科 への予約・問い合わせ
お名前 <必須>
ふりがな <必須>
生年月日 <必須> 年  月 
性別 <必須> 女性    男性
お住まいの都道府県
<必須>
電話番号 <必須>
メールアドレス
<必須>
希望医師 <任意>
ご相談内容
<必須>
お問い合わせ・予約内容
<任意>
カウンセリング希望日時 <必須> 【第一希望】


【第二希望】


【第三希望】

※確定日時は、こちらから折り返しご連絡差し上げます。
※カウンセリング日時は、予約状況によりご希望に添いかねる場合がございますので、予めご了承下さい。

カウンセリング当日の施術希望
<必須>