受け口の手術について|原因から症状別の治療法を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

受け口の手術について紹介します

女性受け口は歯並びが原因でなっているものや、軽度のものなら歯列矯正などで治すことができるものもあります。とはいえ骨格などに問題があったり、重度の受け口の場合は手術をすることによって完全に治すことが可能です。

受け口になってしまう原因

①遺伝

受け口になる原因はいくつかありますが、遺伝的な要因があります。受け口になる遺伝子を親から受け継いでおり、特に何もしないで成長するとそのまま受け口になる可能性があります。 もともと上顎の発達があまり良くない場合も結果的に下顎が出てしまうことがあり、歯並びが悪くなることもあるでしょう。歯列矯正を行うことによって改善されるケースもあります。

②骨格的な発育異常

受け口は骨格的な発育異常や発育不全が原因のこともあり、下顎の成長が大きかったり上顎とのバランスが 悪くなると受け口になったり、上顎の発達が悪く相対的に下顎が前に出る場合のものなどもあります。 成長期にある場合は上顎のアーチを広げるような装置を装着したり、歯列矯正によって状態を治し予防することができるでしょう。

③クセ

受け口の原因には下顎を前に出すなどのクセもあげられます。無意識に下顎を突き出すクセなどがあると、気付かないうちに習慣化され筋肉が順応し結果的に受け口になることがあるでしょう。 頬杖をついたりうつ伏せで寝ていると受け口になることもあり、圧を加えることによって歯並びに影響することになります。圧がかかる角度によっては出っ歯になるケースもあるでしょう。

④鼻呼吸

受け口になる原因には口呼吸があります。受け口の人の中には口呼吸の人が多く、口呼吸そのものが原因になるケースもあるでしょう。 口呼吸を行うことによって下顎を 押し出すことになるので知らず知らず下顎が前に押し出される形になってしまいます。口呼吸対策を鼻呼吸にすることは自宅でも行うことができ、自力で改善が難しい場合は矯正することも可能です。

比較的軽い受け口に有効な施術

受け口の手術方法にはブラケットとワイヤーを使った施術があります。歯に装着する装置で歯とのずれが生じることのないように仕上げることができ、最近では目立ちにくいセラミックタイプのブラケットがあります。 幅広い世代の人が利用していて、子供はもちろん大人になってから矯正を受ける人も多く目立たないので周囲の人の目を気にせずに装着することができるでしょう。定期的にクリニックに通院し、ワイヤーなどを調節したりパーツの交換などを行います。クリニックによっては定期的に想定される咬み合わせなども模型を使って確認することが可能です。

噛み合わせが悪い場合に有効な施術

セラミック矯正手術は歯を削り、仮歯と最終的にセラミックの本歯を付けます。 噛み合わせ調節を行うことができ、歯並びを整えながら噛み合わせも修正することが可能です。歯は虫歯などによって数ミリ削るだけで噛み合わせが異なることもあり、少し歯を動かすだけでも噛み合わせが悪くなるのでデリケートな部分と言えるでしょう。 まずは仮歯の段階において噛み合わせをきちんと調節していき本歯を取り付けていきます。歯のバランスが悪いと顔も歪んでくるので、正しく顎の位置が調節されると顔のラインもすっきり改善されることがあるでしょう。

重度な受け口の場合は外科施術が必要!

受け口を改善するのにいくつか手術があり、例えば下顎枝矢状分割は下顎全体を引っ込める方法で方向はやや上後方に調整します。 オトガイ形成は下顎枝矢状分割手術で下顎を引っ込めたけれども、まだ顎が出ているような人に適応され、中抜き方法や削って小さくする方法もあり手術を受けることによって顎の突出感が改善されるでしょう。 下顎前方骨切りはオトガイが比較的前に出ていないけれども、歯が受け口の人によく適応されています。顎に関係する外科手術は大がかりなものが多く、ダウンタイムも長いのでスケジュールをきちんと空けておく必要があります。

受け口の手術で保険が適用される条件

受け口の手術で保険が適用できるのは、先天異常と認められ国が定めた疾患がある場合になります。 外科手術が必要と判断された顎変形症も保険適用になり、施術する前後での矯正治療も保険適用扱いになるでしょう。 保険が適用されると矯正費用が約30万円、手術費用が約20万円で合計約50万円ぐらいになります。子供の頃に施術を受ける方が低価で済み、大人になるほど金額は高額になるでしょう。 矯正器具は選べないケースもあるので、事前に医師とよく相談しておくと安心です。ローンを利用することもできるので保険が適用されるとリーズナブルな料金で受けることができます。

受け口の手術はダウンタイムが大変なので注意が必要!

顔の輪郭をおさえた女性受け口にはいくつか原因があり、遺伝的なものやクセ・呼吸の仕方などがあります。 いろいろな手術や矯正方法がありますが、保険が適用されると低価で利用することが可能です。歯列矯正する場合は長期間にわたり、手術するとダウンタイムが長いので計画的に施術を受けると良いでしょう。

関連記事