受け口の原因について|様々な原因や大人と子供の治療方法などをご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

受け口の原因について紹介します

口元に虫眼鏡を当てている女性下顎が上顎よりも前に出ているのが受け口です。一言で受け口と言ってもその状態によっていくつかの種類に分けることができ、原因も異なります。今回は、そんな受け口の原因と対処法について紹介していきたいと思います。

受け口の種類

受け口は見た目で判断することができますが、実は状態により2種類に分けることができます。 歯性下顎前突症は、骨格的には問題がなく前歯の噛み合わせだけが逆になっている状態です。 また、骨格性下顎前突症は骨格的な問題をともなう場合の症状です。 どちらも、下顎が上顎よりも前にある状態ですが、骨格的な問題があるかどうかで治療法も変わってきます。上下の噛み合わせが逆になっているので、発音や消化の問題にもつながります。

受け口になってしまう原因

①遺伝

遺伝は受け口の大きな原因のひとつです。 両親のどちらかが受け口である場合、その子供にも遺伝する確率が高くなります。遺伝的な要因の場合、骨格的な問題につながっていることも多くあります。 両親が治療をして治している状態だとしても、遺伝子の状態は変わらないので子供に同じ状態が見られてしまうということも多いです。

②骨格的な発育異常

骨格的な発育以上により受け口になるという人は多いです。 具体的には、生まれつき上顎が小さかったり、下顎が成長し過ぎてしまうという状態です。上下の顎の骨の成長バランスが悪くなってしまうと起こるため、どちらか一方に原因があると考えるのではなく、両方を見る必要があります。 子供であれば成長の過程で一時的になるということも考えられます。

③クセ

受け口は生まれつきのものだと多くの人が考えていますが、日頃のクセが原因になることがあります。 無意識のうちに、舌で下の歯を内側から押していたり、舌の位置が正しくないと骨の成長を過度に促進したり、抑制してしまいます。下顎を無意識のうちに前に出してしまうクセもあります。クセは自分では気づきにくいので、家族など周りの人が気づいてあげましょう。

④鼻呼吸

受け口は呼吸によっても引き起こされます。本来、人間は鼻呼吸ですが、口呼吸が習慣になっていると、口からの空気の通り道を作るために舌の位置がずれてしまい、下の歯を前に出すような動きになってしまうことがあります。 鼻呼吸をすることで、上顎の成長が促進されますが、反対に抑制されてしまうので、下顎が出た状態になります。

子供の受け口の治療法

子供の受け口の治療は、3歳ごろから行うことが可能です。 下顎の成長を抑制するためのチンキャップと呼ばれる装置を付けたり、上顎の成長を促進するための上顎前方牽引装置を使うこともあります。 子供の場合は成長段階なので、骨の成長に対してアプローチできるメリットがあります。矯正の装置を使ったり、お口の中に装着する装置を使用する場合もあります。レントゲンなどで骨の状態を確認しながら治療を進めていくので、心配な場合は早めに歯科医院を受診しましょう。

大人の受け口の治療法

大人の受け口の治療は矯正をするのが一般的です。ワイヤーやマウスピースなどの矯正装置を使うことで、状態を改善していきます。 しかし、骨格的に症状が進んでいて、矯正治療では対応できない場合は、外科処置が必要になります。入院して顎の骨を切る手術をすることで、骨格的なアプローチを実現しています。外科処置後に矯正をすることで、歯並びの問題も解決していきます。

受け口の費用

受け口の治療は、大人の場合顎変形症という病名がつけば健康保険が適用されます。 矯正治療は25万円、入院費用は5~40万円ほどかかります。健康保険の対象にならない場合は、矯正治療が85~200万円、入院費用は100~200万円が目安です。 子供の場合は、治療を開始する時期により10~60万円ほどの費用が必要になります。子供の場合も、顎変形症の場合ですと健康保険が適用され、実際にかかった治療費のうちの3割の負担になります。

早めの対処をすることで、治療法も費用も負担が少ない!

綺麗な髪の毛をしている女性の横顔受け口は見た目の問題だけでなく、発音や消化にも影響が出ます。 生まれつきのものだと諦めずに、原因を知り、治療法を知ることで改善できるものであるということを知りましょう。

関連記事