子供のでべその手術|受けるタイミングや手術の内容について解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

子供のでべその手術について

赤ちゃんが泣きやまないと思ったらおへそが出ていて「でべそ」の状態になっていることは少なくありません。これは自然に治ることも多いですが、場合によっては手術が必要になることもあります。今回は、子供のでべその手術はどのようなものなのか手術が必要になるケースはどういった場合なのかを詳しくご紹介していきます。

子供のでべその原因

口元を隠している女の子

臍突出症

子供のでべそには2種類あって、そのうちの一つが「臍突出症」です。出生時に切断したあとのへそ部分は、乾燥させて脱落した断端が縮み陥没して落ち着きますが、これがへっこむことなく突出した状態をでべそとよびます。 臍突出症は臍輪は閉じているものの、瘢痕組織が皮膚を下から押し上げているのが特徴で、1歳になる頃までに95%のケースで自然治癒となっています。

臍ヘルニア

子供のでべそのもう一つは「臍ヘルニア」です。出生後しばらくは腹筋と背筋の間にあいている臍輪という穴があります。本来は徐々に閉じていくはずが、自然に閉じない場合もたびたびあって、そこに腸が飛び出してしまっている状態を臍ヘルニアと呼びます。特徴としては腹膜に包まれたままで腸が突出している「ヘルニア」を伴うでべそが、臍ヘルニアです。

子供のでべその治し方

手で望遠鏡を作って覗いている子供

手術による治療

子供のでべそで1歳を過ぎても自然治癒しなかったり、何度も頻繁に臍ヘルニアの状態になって腸が引っ込まなくなり危険な状態と診断された場合には、手術をする可能性もあります。 単なる形態的な改善を目的とするのではなく、内臓の機能的な改善を目的とすることで保険適応となることが多いです。その方法としてはいくつかありますが、代表的なものでは突出したでべそ下を切開して筋肉の開きを縫合し、へその皮膚も縫合してくぼんだ状態にするというものです。

子供のでべその手術までの流れ

医師との話し合いで、放置した場合の危険性が高い状態だったり、年齢も考慮して手術が必要となった場合には、日程を決定して詳しく説明を受けます。 基本的に全身麻酔となり、子供の入院時には付き添いで親も病室に一緒に寝泊まりが必要となることが多いです。入院した日の夕食はとり、その後絶食して、翌日に手術を行うという流れになります。

子供のでべその術後経過

早ければ翌日に退院となり、その後は消毒をするためにしばらく通院します。1週間ほどの入浴・外出禁止を経て、自宅でも毎日の消毒を続けます。 約1ヵ月後にはガーゼも取れ、傷跡もきれいになってきます。年齢を重ねるとともに傷跡は違和感がないほどになってきますし、臍輪を塞いだことで再発の可能性はなくなりますから安心感が出ます。

子供のでべそ手術の入院日数・通院回数

子供のでべその手術では、おおよそが2泊3日、早ければ1泊2日というケースもあります。前の夕方に入院、翌日手術、翌々日の午前中には退院となります。 その後は退院した翌日、1週間後、2週間後、3週間後という間隔で消毒・経過観察通院をします。

子供のでべそ手術にかかる費用について

子供のでべその手術は乳幼児医療補助の対象となりますので、乳幼児医療証を持っている場合には医療費全てが無料、食事代金だけがかかることになります。 また、持っていない場合にも保険適応となり、3割負担で約5万~7万円の手術費用になります。

子供のでべそ手術を受ける際の注意点

子供のでべその術後には発熱することが多いです。これはお腹を切開しているため、体が治そうとして熱を上げていることになります。 また、小さな体に全身麻酔を施すため、翌朝までは意識が朦朧としたり眠り続けたりします。ですが、翌朝にはご飯も許可され、早ければ午後には退院となります。

子供のでべそ手術を受ける時期について

クリニックの女性医師自然治癒することが多いですが、手術をする必要があると診断された場合には感染予防のために術後しばらくは学校を欠席する必要もあるため、就学前に受けるのがベストでしょう。腸が飛び出て重篤な状態と診断された場合には1歳未満での手術となるケースもあります。

さいごに

子供のでべそはその見た目を心配するよりも、痛みを感じて泣いている状態を気にして観察してあげることが大切です。 自然治癒も多いですが、頻繁に発生するようであれば医師の診察を受けて、必要であれば手術で危険を回避しましょう。

関連記事