小顔注射の失敗について|失敗例から見えてくる対策法などご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

小顔注射の失敗について紹介します

眉間にボトックスやヒアルロン酸などの注射を打っている女性小顔注射の一種「BNLS注射」は植物から抽出した成分を主成分とする脂肪溶解注射です。脂肪溶解注射のデメリットのひとつであった施術後の腫れを抑えるよう開発された副作用も少なく安全な治療方法のひとつです。 しかし、そんなリスクの低い施術でも失敗してしまうのでしょうか?今回はそんな疑問に応えるべく様々な情報をご紹介します。

今のところ小顔注射の副作用や大きな失敗の情報が入ってきていない

この小顔注射の副作用や大きな失敗例は報告されておらず、軽症の腫れが起こることはあっても注射後8~12時間程度で症状は治まります。 腫れや痛みなどの副作用を感じることはなく、メイクや運動など普段どおりに生活を送ることが可能です。 多忙で少しの時間でも効果を最大限感じたい現代人にはぴったりの脂肪溶解タイプの小顔注射といえます。この注射は個人では施術を受けることが出来ないので信頼できる専門の医療機関などを選ぶことが大切なポイントとなります。

失敗したと感じる場合、「効果がない」というものがほとんど!

小顔注射を受けて失敗したと感じるケースとして、効果がないと感じる場合が多く見られます。 注射を指したことによる内出血などが起こる可能性はありますが、すぐに症状が改善することがほとんどです。

小顔注射で効果が出ない原因と解決法

①体質的に向いていない

小顔注射で失敗が起こる原因のひとつに「体質的に向いていない」場合があります。 これは摂取することで過剰に反応がでてしまったり、反対に効果が薄い・でないといったことが起こる場合があります。このような場合は医師の診断に従うようにしましょう。

②薬剤の質が悪い

小顔注射に使用する「薬剤の質が悪い」場合にも効果が感じられないこともあります。 薬剤の質が悪いということは何かしら効果が感じられない様々な原因が含まれていることが多く、選び方や保管方法などに注意が必要になります。

③注入する量が少ない

適切な薬剤の量を適切な場所に注入することで効果を発揮する小顔注射は、注入量が少ないと効果が出ることはありません。そうしたことをきちんと見極められる医師の元で施術を受ける必要があります。

④施術の内容があっていない

小顔注射には数種類の方法が存在します。このBNLS小顔注射は主に脂肪に対して効果を発揮する注射ですので、生まれつきの骨格といったものを減らしたり変形させたりすることは不可能です。 よって、そうした症状に合わせた治療法でなければ、効果が出ることはありません。

適切な治療は、適切な医療機関で受けることが重要!

注意や禁止を意味する標識を持っているクリニックの医師小顔注射はリスクも低く、手軽にできる施術として有名ですが、そうした施術でも医師の腕によって効果にばらつきが出てしまいます。よって、予め受ける前にクリニック選び、医師選びから慎重に行う必要があります。

関連記事