脱毛中のカミソリの使用は避けるべき|脱毛中の正しいむだ毛処理方法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

脱毛中の自己処理でのカミソリ処理はNG?

注意や禁止を意味する標識を持っているクリニックの医師脱毛は1回の施術では全ての毛をなくすことができません。そのため、施術中は自己処理が必要になります。 その際に、カミソリを使って自己処理をしているという人が多いのですが、リスクがともなうということは意外と知られていないので、今回はそのリスクや正しい自己処理の方法などについてご紹介します。

脱毛中の自己処理にカミソリは使ってはいけない!

脱毛中の自己処理は、手軽なカミソリを使うという人が多いですよね。中には、だめだと分かっていてもその手軽さからカミソリを手放せない方もいるのでは? しかし、カミソリはお肌を傷つけて施術が受けられなくなってしまうばかりか、様々なトラブルにもつながってしまう方法です。脱毛の施術を受けている間は、なるべくカミソリを使ってはいけません。

脱毛中の自己処理でカミソリを使用すると起こるリスク

ポイントや注意点を教えている女性医師

埋没毛

脱毛中にいつもの通りに剃っていると、埋没毛が起きるリスクが高まってしまいます。埋没毛とは、皮膚の中で毛が生えてしまう症状です。 本来なら、皮膚から毛は出て成長をしますが、剃ることでお肌にダメージが積み重なると角質が厚くなり、毛が皮膚の外に出ることができなくなってしまい、埋没毛という状態になってしまいます。

毛嚢炎

自己処理をした後に、赤いニキビのようなものができたという経験をしたことがある人は多いでしょう。それは、毛嚢炎といって、剃ることで毛穴の中に傷ができ、そこから細菌が感染することで起こる症状です。 お肌が乾燥していると起こりやすく、毛の流れに逆らって剃るようなことで毛穴に負担をかけることが原因です。膿ができてしまうこともあるので、注意が必要です。

色素沈着

カミソリで剃るというのは、自分自身では毛だけ剃っているつもりでも、お肌の表面の角質も一緒に剃り落しています。 これは、お肌にとってとても強い刺激になるため、刺激から守るためにメラニン色素を分泌するようになります。メラニン色素がお肌に定着してしまうと色素沈着につながってしまい、色が濃くなると脱毛を受ける際の施術中の痛みの原因に繋がることもあります。

毛穴の広がり

カミソリで自己処理をするとき、きれいに剃ることができるからと逆剃りをしていると、毛穴が押し広げられた状態になり、結果的に毛穴の広がりになります。 逆剃りは一見きれいに見える剃り方なのですが、お肌への負担が強いだけでなく、毛穴の奥まで傷つけてしまう方法なので、絶対に行わないようにすることが非常に大切です。

脱毛中の自己処理でカミソリ以外にやってはいけない方法

毛抜き

脱毛中にカミソリが使えないのであれば、毛抜きで抜く自己処理をしようと考える人がいるかもしれません。 しかし、毛抜きの使用も埋没毛などのトラブルにつながる他に、毛の生え変わりのサイクルが乱れてしまうので脱毛中には行ってはいけません。毛根から抜いてしまうと、せっかく脱毛してもサイクルが乱れ、脱毛効果を感じることができなくなってしまいます。

脱毛クリーム

脱毛クリームもドラッグストアなどで販売されているので、手軽にできる方法ですが、これも脱毛中はやってはいけません。 特殊なたんぱく質で毛を溶かす作用があるので、お肌の負担になってしまうからです。さらに、毛根から溶けるように抜けてくるので、毛の生え変わりのサイクルを乱す原因にもなってしまい、脱毛効果に影響を及ぼします。

脱毛中の正しい自己処理の方法

女性の綺麗な肌を虫眼鏡で拡大している脱毛中の正しい自己処理の方法は、電動のシェーバーを使用することです。お肌を傷つけることなく、皮膚の上に出ている毛のみに効果を発揮することができるからです。 特に施術の1~2日前には、自己処理をして毛の状態を調節する必要がありますが、電動のシェーバーであれば安心です。お肌の上をやさしくなでるような感覚で使うようにしましょう。毎日剃っていると、お肌の負担になるので、1週間に1度程度に済ませるのもポイントです。

脱毛中の自己処理の方法はあらかじめクリニックに相談しておきましょう

いつもしている自己処理が、気が付かないうちにお肌の負担になっていることがあります。ですから、脱毛中の自己処理の方法は、あらかじめクリニックに相談しておくといいでしょう。 脱毛クリーム、毛抜き、カミソリ以外にも、最近はワックスなどの処理方法があります。自分が行っている方法を脱毛中も継続していいのかを確認しておくことで、施術の効果を最大限に発揮することができます。毛穴への負担も減らすことができるので、仕上がりもきれいになります。

関連記事