小顔注射について|メリットデメリットや方法、相場費用を徹底特集

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

小顔注射について紹介します

顔のリフトアップをするために注射を打っている女性小顔注射は手軽に顔痩せができて、さらには費用が安いなどの様々な特徴がありますが、一言で小顔注射と言っても施術の種類は様々あり、それぞれが異なる方法でアプローチしていきます。また、ダウンタイムや効果が現れるまでにも違いがあるので、しっかりと理解しておきましょう。

小顔注射のメリット

①手軽に受けることが出来る

ダイエットをしてもなかなか思うように痩せなかったり、痩せたい部分ほど痩せにくいです。特に顔は痩せることが難しい部位ですが、小顔注射のメリットは何と言っても手軽さです。 顔に注射を打つだけで痩せることができるので、施術にかかる時間は5分から10分程度です。また日常生活に支障が出るようなダウンタイムもほとんどないので、その点でも気軽に受けられます。

②従来の痩身治療に比べて費用も抑えられる

痩身治療と聞くと高額なイメージがあるかと思いますが、小顔注射のもう一つのメリットは従来の痩身治療よりも費用を抑えられることです。 小顔注射の費用はクリニックや使用する技術、注入する薬剤で異なりますが、1回あたり10,000円程度が相場です。中には数千円で受けられるクリニックもあります。

③ピンポイントの施術が可能

顔の脂肪はなかなか思うように落とすことができません。特に顎の下や頬は脂肪が付きやすい部分ですが、小顔注射は落としたい部分の脂肪にピンポイントでアプローチすることができるので、痩せたい部分だけ痩せることが可能です。 個人差はありますが顎の脂肪がなかなか落ちずに悩んでいる方も、小顔注射で顎痩せしてフェイスラインがスッキリしたという人も少なくありません。

顔回りが大きく感じる場合、原因が脂肪か筋肉かで施術すべき

小顔注射は様々な種類がありますが、自分の太る原因が脂肪なのか筋肉なのかで最適な施術は異なります。 例えば脂肪が原因で太っている人は脂肪細胞に働きかけるBNLS注射などが適していて、筋肉で太っている人は筋肉を弛緩するボトックス注射が適しています。

代表的な小顔注射の種類と特徴

BNLS注射

BNLS注射は従来の脂肪溶解注射とは違い施術後のダウンタイム、つまり腫れや熱感を抑えられる特徴があります。また副作用が少ないのも特徴で、1週間程度の間隔を開ければ次の施術が可能、短期間で効果が実感できるのもメリットの一つです。 施術時間は5分程度で施術の際には麻酔などは使用しませんが、痛みは一瞬チクッとするだけで済み、効果が現れるまでには3日程度と非常に早いです。 施術可能部位は基本的に全ての部位に使用可能です。鼻にも使えますし全身に使うことができます。費用は1本1万円程度で中には初回お試し価格5,000円から受けられるクリニックもあります。

ボトックス注射

ボトックス注射は筋肉を弛緩させて、シワを改善させる注射で毒素は無害化されているので安全性は非常に高いです。 施術可能部位は基本的にどこでも施術可能で、眉間や目尻、鼻にも使うことができて全身に使えます。施術時間は5分程度で済みますが3日から1週間程度で効果が現れます。 ダウンタイムは腫れや熱感が出ることがあるが、大体1週間から2週間程度で落ち着きます。ちなみにボトックス注射は安全性の高い注射ですが女性は2ヶ月、男性は3ヶ月の避妊が必要です。 費用はアメリカ製のボトックス注射は1万円から5万円、韓国製のボトックス注射は5,000円から3万円で、施術する部位によってはさらに高額になります。

小顔注射を受ける場合、適切なクリニックに行くべき!

眉毛の上に注射を打っている女性小顔注射はクリニック選びが重要ですが、費用や症例はもちろんのこと担当する医師の知識や経験が豊富なことも重要です。 医師免許を取得して日が浅い、もしくは研修医やアルバイト医師に施術を任せるクリニックは避けましょう。また施術に関するメリットだけでなくデメリットの説明もしてくれる医師が良いと言われています。

関連記事