光脱毛の効果について|実感できない理由と効果を高めるためにできること

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

光脱毛はやっぱり脱毛効果はないの?

頭を抱えて失敗や後悔を悩んでいる女性 せっかく光脱毛を受けたのに効果ないと感じる方は多いです。 中には脱毛サロンやエステが悪いと決めてしまう方もいますが、実際は保湿が足りていなかったり、日焼けをしていたりという可能性も十分にあります。 まずは効果がない原因を理解することからはじめてみても良いかもしれません。 今回は光脱毛で効果が感じられない理由と、効果を高めるためにやるべきことについてご紹介します。

光脱毛とは?

何かを思いついた女性 光脱毛とは、黒い色に反応する特殊な光をお肌の上から照射させて、毛根にダメージを与えることで発毛を抑制していきます。 人間の毛には毛周期という生え変わりのサイクルがあり、1回の施術では効果を発揮することは難しいです。 光脱毛は毛の生え変わりに合わせて、数ヶ月に1度の施術を繰り返し行っていきます。

光脱毛の効果を感じられるまでのかかる回数

喜んでいる女性 光脱毛を受けるときには、すぐにツルツルの状態にできるのではないかと思ってしまいますが、効果を実感するまでには複数回の照射が必要になってきます。 毛質の他に、顔・腕・脇・VIO・脚など部位によっても回数は異なってきますが、自己処理がほとんど必要なくなるまでには、約10回前後の回数が必要になってくるでしょう。

光脱毛で効果がないと感じる理由

びっくりして驚いている顔

成長期ではない毛に照射している

光脱毛で効果ないと感じるのには理由があります。 毛は生え始めてから成長期を過ぎ、休止期に入り、退行期で抜け落ちていきます。 脱毛の効果が得られるのは成長期の毛のみといわれており、脱毛を繰り返していくことで少しずつ毛の量を減らすことができるでしょう。 しかし、効果がないと感じる場合には、成長期ではない毛に照射していることが考えられます。生えている毛が全て成長期というわけではありませんが、他の周期の毛に対してはあまり効果が見られないので、目安の時期を守って受けるようにすることが必要です。

実感するまでに時間がかかる部位や毛質がある

脱毛の効果というのは、同じ人が受けても部位によって実感できるまでの時間が異なります。 例えば、ワキのような濃い毛であれば、少ない回数で脱毛の効果が感じられるといわれています。 反対に、顔や背中、おなかのような産毛のような薄い毛は反応が弱くなってしまうので、効果ないと感じることが多いようです。 施術回数を増やすことで、減毛効果は実感できるようになりますが、すぐに実感できない点がデメリットと感じる人もいます。

肌が乾燥していることで効果がない

光脱毛は誰でも同じ効果が得られるというわけではありません。 特に乾燥している肌は、脱毛効果が減ってしまうといわれています。 脱毛期間中は保湿をするように心掛けて、お肌が乾燥しないようにすることが大切です。

日焼け・色素沈着があることで効果がない

光脱毛は黒い色に反応する光を使用しているため、日焼け・色素沈着があると、毛だけでなく肌にまで反応してしまいます。 そのため、照射レベルを低くされてしまうことで、高い効果が得られなくなってしまうでしょう。

出力が弱い・スタッフの打ち漏れがある

光脱毛をして効果がないと感じる時は、脱毛マシンの出力が弱いことがあります。そもそも、照射のパワーはお肌と毛の状態に合わせて設定されます。 肌の感想や日焼けなど肌に問題がある場合には、出力を下げられてしまうこともあるので注意が必要です。 また、スタッフの打ち漏れがあると、光が当たっていない部分だけ毛が残ってしまいます。 これは照射ミスなので、スタッフに残った状態を見せ、再度照射してもらえるか確認してみましょう。

光脱毛の効果を高めるためにできること

ポイントや注意点を教えている女性医師

乾燥しないよう十分に保湿する

光脱毛を含め脱毛を受ける場合には、日頃から肌が乾燥しないように十分に保湿することが重要です。 乾燥した状態は刺激に弱く、脱毛時の痛みが増すだけでなく、脱毛効果を減少させてしまう可能性もあります。 特に肌が乾燥しやすい入浴後などにしっかりと、保湿力の高いクリームやローション、オイルなどで保湿しましょう。

日焼け・紫外線対策をする

脱毛の効果を高めるためには、日焼けを避けなければいけません。 肌が黒くなってしまうと、光脱毛が受けられなくなってしまうこともあります。また、肌トラブルにもつながってしまうでしょう。 脱毛期間中は季節を問わず、日傘・帽子・日焼け止め・施術部位が隠れる衣服などで紫外線対策を行うことが重要です。

正しい毛の処理をする

脱毛期間中は肌にダメージを与えやすい自己処理は控える方が良いといわれています。 しかし、部位によっては自己処理をしなければならない場合もありますよね。 その際は、毛抜きやワックスで毛根から抜いてしまうと、毛が生え変わるサイクルである毛周期がズレてしまうため、効果が得られなくなってしまうことも。 また、カミソリも肌を傷つけてしまう可能性があるでしょう。 脱毛後、自己処理を必要とする場合には、電気シェーバーを使って自己処理をするのが望ましいです。

指定されている期間に光脱毛を受ける

光脱毛の効果を高めるためには、毛周期に合わせて行う必要があります。 そのため、光脱毛を受けるクリニックやサロンによっては、予約の期間が指定されているでしょう。 指定がある場合には、その期間にしっかりと施術を受けることで高い効果が実感できそうです。

光脱毛でも効果を感じることはできる

海の近くで水着を着ているスタイルのいい女性 光脱毛は効果ないと感じてしまう方は多いです。しかし、多くの場合、保湿や紫外線対策など自分で行うケアが不十分である可能性が高いようです。 まずは効果が感じられない理由についてもう一度確認し、効果を高めるためにできることを実践することからはじめてみましょう。

関連記事