医療脱毛にかかる期間|効果を高めるために最適な間隔は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

医療脱毛にかかる期間や間隔を解説!

髪をかきあげて爽やかな女性 永久脱毛したい人が美容クリニックなどで医療脱毛に通うとなると気になるのが、どのくらいの回数と期間クリニックに通えば、綺麗になるかということです。ここでは脱毛が終了できるまでの期間について詳しく説明します。

脱毛完了にかかる期間は「1年〜1.5年」が目安

時計を指さしている女性 医療脱毛はレーザーにて照射して施術を行っていきます。毛周期に合わせて照射する必要がありますので、一度当てたら1、2か月の期間をあけて再度照射することができます。脱毛が完了するまでには、1年~1.5年ほどかかることが多いです。

期間・間隔は個人によって差がある

医療脱毛は、1回の施術では終了しません。一般的には1、2か月の期間を空けて6回程度の施術を受けると目に見えて脱毛効果を感じる人が多いです。 ただし毛の生え方や量は個人差があり、毛が生えてくる周期も人によって異なります。早い人では1年未満で脱毛が完了する人もいますし、1.5年以上かかってしまう人もいます。 脱毛をできる次の期間も個人差がありますので、医療脱毛にかかる期間は目安として覚えておくとよいでしょう。

【部位別】医療脱毛にかかる期間・回数の目安

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性

全身

医療脱毛では、どこの範囲を施術するかでも施術期間が異なることがあります。全身脱毛では1回の施術で全てのパーツができるクリニックではいいのですが、何回かのパーツに分けて通わなければならない場合は、通う回数も増えます。よくあるプランでは3回や6回が多いです。

顔は産毛が生えていることが多い部分ですので、通常の部分に比べて多めに照射する必要があります。8回~10回ほど照射すると細かな産毛でも目立たなくなります。わきなど他のパーツに比べて通う期間が少し長くなります。

ワキは太い毛が生えており、範囲も広くないことから脱毛効果がより分かりやすい部位です。早い人で3回程度、通常6回程度照射すると太い毛は生えてこなくなります。1年ほど医療脱毛に通えば、家でのお手入れも必要なくなります。

腕は細い毛と太い毛が混在しているパーツですので、人によっては6回程度で済む場合もあればそれ以上かかってしまうこともあります。夏はよく目につくパーツですので、施術を受ければ受けるほど脱毛効果を感じる箇所です。

足は大きなパーツになりますので、ひざ下からひざ上のように区切って施術を受けることが多いです。通常6回程度で効果が見えるパーツですし、夏は特に人目に触れる箇所ですので早めに施術を開始することがおすすめの場所になります。

太もも・ひざ下

太ももでは細い毛が中心ですので10回程度、ひざ下では6回程度の施術を受けると脱毛効果が実感できます。医療脱毛クリニックに1年から1年半程度の期間通うと、毛が見当たらない綺麗になることが十分にできます。

VIOライン

VIOラインはデリケートな部分で自分では確認が難しい箇所ではありますが、太い毛が中心となりますので6回程度、1年の施術期間を見ておくとよいでしょう。はじめの数回はあまり変化がないかもしれませんが、5回以上で効果を実感できます。

医療脱毛の間隔は「毛周期」に合わせて行うのがポイント

寝転んでマッサージを受けている女性 医療脱毛の照射すればするほど毛をなくすことが可能ですが、照射時期が大切です。照射後すぐに同じ個所の施術は受けることができません。毛周期と呼ばれる毛の生えてくるサイクルに合わせて成長期に照射することが必要になるからです。 毛が成長を止める休止期に脱毛施術を受けても、その毛は反応しないので、目安として2~3か月という期間をあけて照射することで、より確実に残っている毛の処理をすることができるようになります。

毛周期とは

体毛には毛周期という毛が生え変わるサイクルがあり、その周期を繰り返すことで新しい毛に生え変わっていきます。毛周期は、成長期、退行期、休止期のサイクルで進んでいて、その中でも成長期に脱毛施術を受けることが大切になります。退行期や休止期に施術を受けても毛は反応を示さなくなります。 一般的にこのサイクルは「2か月~3か月で1周り」しますが、個人差がありますので余裕を持って脱毛スケジュールを考えることが必要です。後半はさらに間隔をあけて施術することで確実に脱毛をすることができます。 【部位別の毛周期】 ・顔 顔の毛周期は他の部位に比べて短めで、6か月~1年半です。ホルモンバランスによっても個人差があります。 ・脇 脇の毛周期は1年~2年6か月程度です。毛が比較的濃い部分ですので、定期的なお手入れが確実に脱毛できます。 ・腕 腕の毛周期は、6か月~1年6か月程度です。わかりやすい、足や腕を同じタイミングで施術するとよいでしょう。 ・足 足は常にパンツなどで覆われていて擦れなどが生じやすい場所です。6か月~1年6か月で毛周期が寿命を迎えます。 ・太もも・ひざ下 太ももとひざ下では生えている毛の太さや量が異なることもありますが、毛周期は6か月~1年6か月程度です。 ・VIO VIOは毛周期が眺めで成長期、休止期ともに1年程度になります。毛が多く生えている箇所ですので3か月に1度通うことがお勧めです。

まずはクリニックに相談してみましょう

少し笑顔の女性 医療脱毛にかかる期間は個人によっても異なりますが、毛周期を理解した上で定期的にお手入れをすることで確実に脱毛をしていくことができます。2か月ごとなど時期を置くことでより脱毛効果を実感できますが、毛の量が多い方やサイクルが短い人はクリニックに相談して個別にスケジュールを組むことが可能です。 脱毛に関して気になることは、無料カウンセリングなどもある医療脱毛のクリニックに相談してみてください。

関連記事