プラセンタの危険性について解説|安全性の裏にあるリスクとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

プラセンタ利用前に知っておきたい危険性

クリニックの女性医師 美容効果を謳う成分の中でも、プラセンタは多くの女性に選ばれているものです。ただときどき危険性が指摘されることもあり、本当に大丈夫なのかと不安感を持つ人も少なくないことでしょう。 しかし優れた効果を持つ成分だからこそ起こるリスクもあります。そうした意味からも、正しく認識することが健康と美容への近道です。

美容目的で使用されるプラセンタとは

プラセンタは胎盤から抽出することによって作られます。それも大きく分けて人由来のものと、馬や豚から取られたものがあることを知っておきましょう。 危険性も効果も大きいのが人からもたらされたものです。このため厚生労働省から認められた製品を、医療機関でのみ使うことが許されています。 一方で動物の胎盤から抽出されたプラセンタサプリメントでの使用が一般的です。国内で流通しているものは安全性が確かめられていますが、国外製品はその限りではありません。

美容目的で使用されるプラセンタで得られる効果とメリット

プラセンタは治療の他にも美容促進を目指して多く用いられています。特に美肌を目指す女性から支持されており、美白や保湿にシワへのアプローチなどが代表的です。 またプラセンタ投与は女性特有の症状である更年期障害や生理不順にも役立つことが知られています。これらは肌にも大きな影響を及ぼす要素ですから、総合的なサポートに繋がる有効策です。

皮下注射・筋肉注射以外は厚生労働省で認可されていない

注意や禁止を意味する標識を持っているクリニックの医師 危険性を抑えて安全に利用ためにもプラセンタの投与は厚生労働省の定めに従わなければなりません。プラセンタの投与で、皮下注射・筋肉注射以外は厚生労働省で認可されておらず危険性を伴うリスクがあるのです。それは何も国が独断で決めているわけではなく、きちんとしたデータに基づくものです。 もし正式な手順や製法にそわない使い方をすれば予想外のトラブルが起きかねません。特に人から抽出したプラセンタ医薬品は、いずれも厳重な審査を通過しています。長く健康を維持するためには無闇に危険性やリスクをとらないことが肝心です。

皮下注射・筋肉注射以外の方法で投与した場合の危険性・副作用

もし危険性を顧みず点滴や静脈注射でプラセンタを摂取すれば、身体に重大な影響を及ぼします。臨床試験から得られたデータによれば健康な人でも血圧低下を引き起こす可能性は否定できません。それが重度になればショック状態になり生命にすら及ぶ自体になります。

プラセンタ治療を受けている人は輸血や臓器提供が出来ない

頭を抱えて悩んでいる女性医師 また厚生労働省はプラセンタ注射を受けた人の輸血や臓器提供を禁止しています。これは人由来の臓器を経由して感染する重大な疾患が潜在する危険性があるからです。 しかも血液検査などでは発見することが難しく、大事をとって輸血等を禁止しています。とはいえ実際に感染例が報告されたわけではありません。今のところは輸血や臓器提供ができなくなるということだけ覚えておきましょう。

さいごに

ポイントや注意点を教えている女性医師 このようにプラセンタの危険性は、正しく対処すれば緩和したり回避したりできるものばかりです。治療を受ける前にはきちんと医師と相談してリスクを認めつつ受けることが求められます。それ以外の方法で安易に試したりせず、正式な手続きをとることを一番に考えていきましょう。

関連記事