レーザー脱毛後に起こりうる副作用・トラブルと予防策を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

レーザー脱毛後に火傷や肌荒れをする可能性がある...

頭を抱えて失敗や後悔を悩んでいる女性 レーザー脱毛では、比較的安全性の高い脱毛マシンを使って脱毛が行われますが、肌質・毛質・照射パワーによっては、肌荒れなどの副作用があらわれてしまうことも。 レーザー脱毛を受ける前には、起こりうる副作用について十分に理解しておくことが重要です。 今回はレーザー脱毛後に起こりうる副作用やトラブルと、こういったリスクを少しでも軽減させるためにできることについてご紹介します。

レーザー脱毛後はどのくらいで毛が抜け始めるの?

顎に手をついて考えている女性 レーザー脱毛を受けたからといって、脱毛後すぐにムダ毛が抜けるわけではありません。 レーザーを当てることでムダ毛やその周辺の細胞にダメージを与えていきますが、実際に脱毛効果を感じられるのは約1〜3週間程度経過してからのようです。 抜け始めを実感するには体質と使用した脱毛マシンの種類によって異なってきます。 また、1回で脱毛効果を実感できない場合でも、複数回受けることで実感できるでしょう。 複数回受けても脱毛が実感できない場合には、メラニンが少ない・使用した脱毛マシンが合っていない・出力が低いなどが考えられるので、その場合は医師やスタッフさんに相談して見てくださいね。

レーザー脱毛後に起こりうる副作用・トラブル

頭を抱えて悩んでいる女性

乾燥

レーザー脱毛後に起こりうる副作用として、肌の乾燥が起こるでしょう。 レーザー照射後、一時的ではありますが、肌の水分が蒸発しやすい状態になり乾燥してしまうといわれています。 また、乾燥状態が続いてしまうと、刺激に敏感になり、次のレーザー脱毛が受けられなくなってしまうこともあるようです。

赤み・ヒリヒリ感

脱毛の際、熱が肌細胞に加わることで患部にやけどのような症状が出てしまいます。個人差によっては、赤みが増す・患部がヒリヒリしてしまうこともあるでしょう。 こうした症状は肌に対して、照射パワーが強すぎる・施術前後の保湿が不足している・アイシングが不十分といった時に起こりやすいといわれているので、注意が必要です。

ニキビのようなブツブツができる

施術後にはニキビのようなブツブツができてしまうこともあります。 これはレーザー脱毛によって破壊された毛穴奥の細胞に雑菌が入り込み、炎症が起きることでできてしまうといわれています。場合によっては膿が出てくることもあるため注意が必要です。 患部を清潔に保つことはもちろんですが、保湿ケアなどを徹底して肌機能の低下を未然に防いでいくことがポイントです。

黒いブツブツができる(埋没毛)

レーザー脱毛後には黒いブツブツが患部に残る可能性もあります。 これはまだ皮膚の内部に毛が埋まっている状態です。 時間の経過とともにこの埋まったムダ毛も排出される可能性と、もともと埋没毛があった場合には施術を繰り返すことで症状が目立たなくなる可能性があります。どちらのケースでも時間の経過とともに症状は治まってくるでしょう。

腫れ・点状の赤みなどの火傷

レーザー脱毛後には患部に腫れや点状の赤みがあらわれることがあります。これは、施術による刺激で肌細胞が炎症、火傷を起こしている状態です。 本来であれば、施術の前後にアイシングや保湿を徹底することで症状を緩和することができるといわれていますが、特に肌質が弱い人であれば症状があらわれやすいので注意が必要です。

レーザー脱毛後に気をつけること・注意すること

ポイントや注意点を教えている女性医師

保湿をする

施術の後には保湿ケアが必須になってきますが、その方法についても注意が必要です。 そもそも施術の後には肌の表面が荒れた状態です。著しく乾燥している場合は、肌のバリア機能が低下しているため、保湿力の高い化粧水やクリームなどを用いて保湿ケアを行いましょう。

冷やす

施術の後には患部に熱がたまりやすくなっていきます。熱がこもりすぎてしまうと、炎症が悪化したり、火傷の症状もあらわれやすくなっていたりするので注意が必要です。 こうした症状を防ぐためにはまず、施術の後に十分なアイシングを行っていくことが大切です。 施術当日は保冷剤などを用いてできるだけ患部を冷やしましょう。

体を温める行為・行動を控える

レーザー脱毛後には体を温める行為は避けるに越したことはありません。体を温める行動は血行を促進してしまい、痛み・腫れ・赤みなどの症状を強くしてしまう恐れがあります。 サウナはもちろんですが、過度な運動なども、施術を受けてから数日〜約1週間ほどは避けるのが望ましいです。

日焼け対策をする

"レーザー脱毛後は日焼けにも気をつけなければなりません。 施術によって肌にダメージが加わった上に、紫外線によるダメージが加われば患部の炎症火傷を悪化させてしまうことになります。 施術の後には日焼け止めクリームを塗る・日傘を利用する・露出を控えるなど、季節問わず行いましょう。

毛抜きで処理をしてはいけない

レーザー脱毛後には毛抜きによる処理は避ける必要があります。 施術によってダメージを受けた毛穴に毛抜きによる刺激が加わると、それだけで毛周期が乱れて脱毛が長引いてしまう恐れが出てきます。中には脱毛効果自体が損なわれてしまうケースも。 毛穴に負担がそれ以上かからないように、施術後の処理には電気シェーバーを用いるなどしていくのが好ましいです。 また、自己処理は脱毛から約2週間前後の時間を空けるようにしましょう。

予防接種や消臭・制汗スプレーなどを控える

レーザー脱毛を受けた後は少なからず肌には負担が蓄積されています。この状態で体調が悪くなれば、当然副作用のリスクも高くなっていくため注意が必要です。 弱体化したウイルスを体内に取り込んでいく予防接種は約10日前後避けることが望ましいです。 また、消臭・制汗スプレーによって患部に刺激が加わるのも危険な場合があるので約1週間前後は使用をしないように注意していきましょう。

炎症などが起きたら処方された薬や軟膏を使用する

レーザー脱毛の施術の後には、炎症が起こる可能性があります。もしも炎症が起こってしまった時には病院から処方された薬を塗るなどして対処していきましょう。 ほとんどの場合、処方された薬を使うことで、炎症は数日〜1週間程度で治ることが多いでしょう。 薬を処方されなかったなどといった場合には、そのままにしておくと色素沈着をしてしまう可能性もあるので、早めにクリニックに相談してくださいね。

レーザー脱毛後に異常を感じたら早めに医療機関に相談しよう

笑顔のクリニックの男性医師 レーザー脱毛後に異常を感じた場合には、できるだけ早めに医療機関に相談していくことが大切です。 早めに対処していくことで炎症火傷といった症状の悪化を防ぐことができるでしょう。また、色素沈着などによって跡が残るリスクも軽減していくことができそうです。

関連記事