鉛筆の芯のようなワキガの臭い|その原因とすぐに出来る対処法をご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

鉛筆の芯のようなワキガの原因と対処法について紹介します

口元を隠している女の子 ワキガには色々なタイプがあり、酸っぱい臭いや生乾きの雑巾の臭いが有名ですが、中には鉛筆の削りカスのような臭いがすることもあります。鉛筆は黒鉛という石炭の一種であり、汗をかいた時に体の中の鉄分がたくさん流れ出すことで臭いを発します。

そもそもワキガとは?

ワキガとはアポクリン汗腺から出てくる汗を皮膚に存在する常在菌が食べることで起こる悪臭のことを指し、同じような汗腺でもエクリン汗腺から出る汗はサラッとしていて臭いがありません。 アポクリン汗腺は脇・耳の穴・乳頭・陰部などの限られた場所に存在しており、水分やミネラル分の他にも脂質や糖質、ミネラル、鉄、アンモニア、たんぱく質などが含まれています。粘り気があって黄色みや薄いがありますが、汗自体が臭うわけではありません。

鉛筆の芯のにおいがするワキガの特徴・原因

鉛筆の臭いがするワキガもアポクリン汗腺から出る汗と皮膚に存在する常在菌が関係していますが、汗に含まれる成分の中でも鉄分が強く出ることでそのような臭いになります。 体質的に鉄分がたっぷりと含まれている汗をかく人もいますが、仕事柄金属や鉄を扱うことが多い人もこの種類のワキガに悩まされることがあります。元々のワキガの臭いに仕事で体に染み込んだ特殊塗料が混ざり合わさって鉛筆の削りカスのような嫌な臭いを発します。

鉛筆の芯のにおいがした時のワキガの対処法

①デオドラント剤を使う

ワキガに悩んだら、デオドラント剤で対処する方法もあります。デオドラント剤にも色々な種類がありますが、軽い症状なら手軽にいつでもケアできるスプレータイプがオススメです。 ただし、少し重い症状になるとスプレーでは臭いを抑えることができませんので、殺菌作用が強くて長持ちするクリームタイプが適しています。殺菌効果と制汗効果がバランス良く得られるタイプは少々きつい臭いにも対処できますので自分で行えるケア方法として重宝します。

②食生活を見直す

体の内側からワキガのケアを行う場合、食事面の見直しが有効です。最近では食の欧米化に伴いワキガに悩まされる人が増えていますが、脂肪の多い肉食を中心とした食生活を送っている人は臭いが強く出ます。 日頃の食事をできるだけ野菜をメインにした日本食にすることで軽減されますので、メニュー作りを工夫するようにします。また、コーヒーや香辛料などの刺激物もワキガの臭いを強くするものですので、極力控えなければなりません。

③タバコやアルコールは控える

生活習慣ではタバコやアルコールも関係しています。タバコを吸うとアポクリン汗腺やエクリン汗腺に作用して汗の量が増えて臭いが増す恐れがありますし、タバコ自体も臭いの原因になるものですので控えた方が無難です。 アルコールは摂取すると体温が上昇して発汗が促されてワキガの原因になり、アルコールが代謝されたアセトアルデヒドや酢酸がワキガの臭いと相まってより酷い臭いを引き起こす恐れがありますので、ワキガを気にする人は過度な飲酒を控える必要があります。

ワキガが気になる場合は、一度クリニックに相談すること!

ポイントや注意点を教えている女性医師 様々な対処を行っても臭いが改善されずに気になってしまう人は、クリニックを受診して治療を受けるという方法もあります。 クリニックでは内服薬や外用薬、ボトックス注射、レーザー治療を受けることができます。根本的な解決を図りたい時には手術を受けることもできますので、自分のワキガにはどのような治療が適しているのかを相談してみる必要があります。ほとんどの人は大掛かりな治療を行わなくても内服薬や外用薬だけで改善されます。

関連記事