未成年の脱毛について|受ける前に知っておきたい基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

未成年者でも脱毛を受けることができる

海の近くで水着を着ているスタイルのいい女性 最近では未成年者でもムダ毛が気になり、脱毛サロンや医療機関で脱毛したいという方も増えています。 未成年者でも脱毛を受けることができますが、その場合注意しなければならないこともあります。 今回は未成年者の脱毛について詳しくご紹介します。

未成年でも脱毛サロンや医療機関での脱毛は受けられる

ピースをして嬉しそうな女性 未成年でも脱毛サロンや医療機関での脱毛を受けることは可能ですが、学生だけでなく社会人として働いていても、未成年の場合には、保護者の同意書や電話確認などが必要になってきます。 受ける場所によっては、カウンセリングの段階で同伴が必要な場合や、同意書が必要な場合もあるので事前に確認しましょう。

親権者が男性の場合に注意すること

親権者が男性の場合には、子供が恥ずかしがる場合やコンプレックスに感じているケースがあるので、ナイーブな問題になっています。 嫌がる場合には突っ込んでなるべくムダ毛のことは話をせずに、子どもの意見を尊重することが大切です。 その他に気になることがあれば、直接保護者が脱毛サロンのスタッフに話を聞いておくと良いです。 脱毛を受ける場合によっては親権者の同伴が必要な場合があります。 しかし、脱毛サロンやクリニックでは、男性が入店できないところもあります。 そのため、親権者が男性の場合には、注意しなければなりません。

未成年の脱毛の注意点

ポイントや注意点を教えている女性医師

脱毛によって皮膚に影響を起こしてしまう可能性がある

未成年が脱毛をするときに注意をすることは、脱毛で少なからず肌へダメージを与えてしまうということです。 脱毛では強力な光やレーザーを使って処理をするので、肌にも影響を与えて炎症を起こすケースも。 事前にカウンセリングや体験脱毛などを行なって、肌の状態を事前に確認してもらいましょう。

日焼けをしてはいけない

未成年の場合には運動などの部活をしているケースも多く、日焼けをしている場合が多いです。 一般的に光やレーザーを使って脱毛が行われますが、その際、黒い毛に反応する仕組みになっているため、肌が黒いと、毛がない部分にまで反応してしまう可能性があります。 そのため、脱毛前後は日焼けをしないようにクリームを塗るなどして日焼けをしないように注意しましょう。

ニキビ・アトピー・肌荒れがある場合には受けられない可能性がある

頭を抱えて失敗や後悔を悩んでいる女性 未成年の場合には大人と比べて肌のトラブルを抱えているケースが多いようです。 ニキビ・アトピー・肌荒れが酷い未成年の場合には脱毛を受けられないこともあるので、事前に確認をしておきましょう。 また、医療機関であれば、カウンセリングのときに肌の状態もチェックしてもらます。脱毛が可能かどうかも確認してもらえるので、肌の状態に心配がある場合には医療機関で脱毛を受ける方が良いでしょう。

未成年で脱毛を受けるなら高校生以上が望ましい

寝転んで肌の保湿やスキンケアをしている女性 未成年でも5歳程度から脱毛が可能といわれているところが多くなっていますが、未成年で脱毛を受ける場合には、高校生以上が望ましいといわれています。 高校生以上になるとホルモンバランスが安定する頃なので、新しい毛の細胞ができにくくなっています。 小さな子どもの場合にはまだ成長段階で毛の細胞ができやすく、定期的に処理をしても新しく毛が生えてきてしまうことがあります。 そのため、高校生以上になってから処理をしてもらうと、トータルコストも抑えることができるでしょう。

関連記事