VIO脱毛|恥ずかしいと思う理由と受ける姿勢とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

VIO脱毛は恥ずかしいかも・・・

頭を抱えて失敗や後悔を悩んでいる女性 VIO脱毛は、かぶれ・蒸れ・はみ出しなどの悩みを改善できる方法として、最近では多くの女性が受けている脱毛の一つでもあります。 しかし、いくらスタッフさんが同性とはいえ、やはり見られてしまうことや脱毛を受ける体勢は恥ずかしいですよね。 今回は実際にVIO脱毛を受けたことがある方が恥ずかしいと思った理由や恥ずかしい思いをしないためにできることなどについて紹介していきます。

VIO脱毛で恥ずかしいと思う理由

失敗や後悔をして頭を抱えて悩んでいる女性

脱毛を受けるときの服装

脱毛を受ける部位にもよりますが、特にVIOと行ったデリケートゾーンなどの部位では専用のケープやショーツに着替えます。 専用のショーツは、施術を行うのため隠れるスペースが少なく、前も後ろもほぼ丸見えの状態です。 スタッフ以外誰にも見られるわけではありませんが、ケープを巻いているとはいえそんな姿をするのは抵抗もありとても恥ずかしいでしょう。

施術姿勢

施術を受ける際、照射しやすいように足を広げたり、ショーツをずらしたりして脱毛は行われます。これがVIO脱毛でもっとも恥ずかしいといわれています。 Vラインは仰向けになり、足を肩幅くらいに広げるような状態で行われる事が多いようです。 Iラインは特にVIO脱毛でも恥ずかしい姿勢をとる部位といわれています。片側の膝を曲げ、足の裏をもう片方の膝にくっつけて開きます。その状態でショーツをずらして脱毛が行われます。 また、受けるクリニックやサロンによっては、足の裏同士をくっつけて足を広げる場合もあるようです。 Oラインは、受けるクリニックによって異なり、四つん這い・うつ伏せ・横向きになるようです。特に四つん這いのポーズは姿勢的に恥ずかしいと思う方が多いでしょう。

施術中に濡れてしまう

意外と知られていませんが、脱毛施術を行っている最中、その刺激で濡れてしまう方もいるようです。 スタッフさんも何も触れずに施術を進めていってくれますが、本人にとっては恥ずかしいものです。 しかし、基本的にはジェルと塗布して脱毛が行われるため、スタッフさんも気づかないことも。万が一濡れてしまっても、スタッフさんはあまり気にしていない多いので、安心しましょう。

スタッフさんは受ける人の恥ずかしさについてあまり気にしていない

人差し指を立てて注意点を示している女性 VIO脱毛の説明を受ける際に、恥ずかしい部位であることを察して、スタッフさんは事前に説明してくれるので恥かしさも少し和らぎます。 また、できる限り恥ずかしくないように姿勢を考慮してもらえたり、見えないようにショーツをずらしたり、クリニックによっては照明を少し暗くしてくれることも。 その上で、デリケートゾーンが見えてしまっても、スタッフさんは気にしていないことが多いようです。

VIO脱毛で恥ずかしい思いをしないためにできること

何かを思いついた女性

排卵日を避ける

生理周期によって女性の体は排卵日に入ると、余計におりものの量が増える傾向にあります。 そのため、脱毛する際の恥ずかしさを軽減するためにも普段からおりものの量が多いと感じている人は排卵日を避けて施術を受けに行った方が良いでしょう。

受ける前にはあらかじめ部位を清潔にしておく

施術中に恥ずかしい思いをしない為に、あらかじめ、受ける部位を清潔に整えておくことが大切です。 また、スタッフさんに不快な思いをさせないためにも、清潔にしておくことはマナーです。 事前にシャワーを浴びる、施術を受ける前にトイレのウォシュレットなどで清潔にすると、恥ずかしさも軽減できるでしょう。

VIOは恥ずかしい部位だけどメリットも多い

海の近くで水着を着ているスタイルのいい女性 VIO脱毛はスタッフさんにデリケートゾーンを見られてしまう他にも、脱毛を受ける姿勢などが恥ずかしいと思う方も少なくありません。 しかし、VIO脱毛を行うことで、かゆみ・蒸れ・毛がはみ出してしまうといった悩みを改善することができるでしょう。 恥ずかしさは回数を重ねていくことで慣れてくるので、少しでも恥ずかしい思いをしないためにできることを行い、リラックスをして受けるようにしてくださいね。

関連記事