へそピアスの開け方について|安全な方法からアフターケアまで徹底特集

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

へそピアスの開け方について紹介します

笑顔のクリニックの男性医師 普段は服に隠れていますが、ちょっとした時に見えるへそピアスはオシャレな箇所として人気があります。へそピアスの開け方は自分で開ける方法と病院やピアススタジオで開ける方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。 今回は、そんなへそピアスの開け方に関する情報をご紹介していきたいと思います。

へそピアスのホールの開け方:セルフピアッシング

へそピアスを自分で開ける時には、ピアッサーを使う方法とニードルと呼ばれる太い注射の針のような物を使用する方法があります。 ホールを開ける時には、まず開けたい箇所に印をつけるようにしましょう。ピアッサーを使う時には、印に合わせて皮膚を挟み込み、最後まで握りしめるようにしましょう。ニードルを使う場合も皮膚に印をつけますが、開ける時には皮膚をフォーセプスなどで挟むと開けやすくなります。

メリットとデメリット

セルフでへそピアスを開けるメリットとしては、費用を安く抑えることが出来るということや自分の都合に合わせて開けることが出来るという事があります。 一方のデメリットとしては、ピアスホールが曲がってしまうということや、思ったような位置に開けることが出来ない可能性があるということがあります。へそは皮膚が硬いので、力がないと開けにくい場合があるようです。

へそピアスのホールの開け方:ピアススタジオ

ピアススタジオでへそピアスを開け方は、ニードルと呼ばれる物が使用されます。ピアスホールの位置を話し合った上で決め、その部分に印をつけ、皮膚を消毒してニードルで開けていきます。 開ける時間はそれほどかからず、数秒で終わるため、強い痛みを感じるということも少ない傾向にあります。最初に装着するピアスは、少しカーブしているバナナバーベルと呼ばれるタイプとなります。

費用

ピアススタジオでへそピアスを開ける時の費用はスタジオによっても異なりますし、選択するピアスによっても異なりますが、1万円程度というところが多いようです。 シンプルなピアスかラインストーン付きのものかを選択することが出来る場合もありますが、シンプルなピアスよりもラインストーン付きのピアスのほうが高額であることがほとんどです。

メリットとデメリット

へそピアスをピアススタジオで開けるメリットとしては、自分で開ける場合と比べて適切な開け方で開けることが出来るということ、豊富な経験と知識があるため、安心して任せることが出来るという事があります。 一方のデメリットとしては、開ける人によって結果に違いがあるということや開ける人は医師ではないため、トラブルがあった時には適切な対応が出来ないということがあるでしょう。

へそピアスのホールの開け方:皮膚科・美容外科などの医療機関

皮膚科や美容外科などの医療機関でもへそピアスを開けてくれるところがあります。開け方はニードルを使用する場合とピアッサーを使用する場合があります。ピアッサーは持ち込みで開けてくれる場合もあります。 開け方は希望するところに印を付けた上で、ニードルやピアッサーでピアスホールを開けるというものです。医療機関であれば、麻酔を使用する事もできます。

費用

皮膚科や美容外科などの医療機関でへそピアスを開ける時にかかる費用としては、医療機関や開け方によって差がありますが、1万円から3万円程度です。 なお、別途ピアス代金が掛かることもあります。この費用の中には、麻酔代や化膿しないようにするための外用薬の費用が含まれている場合もありますので、確認するようにしましょう。

メリットとデメリット

医療機関でピアスホールを開けるメリットは、安心感があるということでしょう。ピアスホールを開けるという行為は医療行為ですし、皮膚を傷つけることですので、医療機関であれば万が一のトラブルでも迅速に対応してもらうことが出来ます。また、開ける際の痛みが不安な場合、麻酔などの方法があり安心です。 デメリットは、価格がピアススタジオやセルフで開ける場合と比べると高額になる傾向にあるということでしょう。

開けた後のケアの方法・痛み

へそピアスは、うつ伏せになった時にピアスホールに負担がかかりやすいところです。その為、普段の生活ではピアスホールが安定するまではうつ伏せにならないようにしましょう。 開けてから数日間は痛みや赤みを感じることがありますが、化膿していないような場合にはそのまま様子をみても良いでしょう。痛みや化膿が見られるような場合には早めに医療機関を受診するようにしましょう。

開けた後に注意すること・避けるべき行為(行動)

へそピアスを開けた後にはピアスホールが安定するまでは、付け替えることは避けるようにしましょう。また、激しい運動も避ける必要があります。 季節によっては、プールや海などで楽しむこともあるかもしれませんが、ピアスホールを開けた直後はそのような行為は行わないようにしましょう。 キツいパンツ類をはくと、ピアスホールに負担がかかる可能性がありますので、少し緩めのパンツを着用することをおすすめします。

へそピアスを開けるなら皮膚科・美容外科などの医療機関がベター!

細身の女性 へそピアスは、普段の生活でも負担のかかりやすい部位です。 万が一のことも考え、皮膚科や美容外科などの医療機関で開けてもらうことをおすすめします。費用は高額になりますが、トラブルが起こってしまっては意味がありません。安心感のあるところで開けるようにしましょう。

関連記事