クレーター肌の改善法|8つの方法で気になるニキビ跡もキレイに!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

クレーター肌を改善してキレイな肌に!

鏡をみて顔の肌にできたニキビやシミなどのできものを気にしている女性 肌の炎症が起こった後にはクレーター肌になりやすくなりますが、こうした症状はレーザー治療によって改善していくことが出来ます。では、具体的にその治療内容、費用にはどういったものがあるのか、詳細をチェックしていくことからはじめていきましょう。

クレーター肌とは

クレーター肌とは肌表面が凸凹になった状態のことを指します。皮膚で炎症が起こった後、ターンオーバーの乱れなどによって肌の再生がうまくいかない事でこうした症状が引き起こされていくことになります。人によって多少の差はあるものの、クレーター肌の大半はこうしたターンオーバーの乱れによっておこるものばかりです。

クレーター肌になる原因

失敗や後悔をして両手で顔を押さえて落ち込んでいる女性

間違った洗顔・スキンケア

こうした肌トラブルが起こる原因として、まず挙げられるのが間違った洗顔・スキンケアです。洗顔の際に乱暴に肌をこすってしまえばそれが肌へのダメージを蓄積していくことになります。 またスキンケアの際に肌に刺激を加えることによって、ニキビや毛穴の開き、肌荒れが起こっていきます。患部の炎症が慢性化すれば、それがクレーター肌への繋がっていくこともあるため、とりわけ注意が必要になってくるというわけです。

睡眠不足や偏った食生活

肌トラブルの原因として睡眠不足や偏った食生活も挙げられます。睡眠不足が続くと肌細胞の機能も低下していき、それが老化の要因となっていきます。食生活の偏りも同様で、栄養バランスが乱れてしまうことによって、肌が本来機能するはずの機能を果たさなくなっていきます。 結果的にこうした肌機能の低下がターンオーバーの乱れを引き起こして、クレーター肌への発生へと繋がっていくというわけです。普段から仕事やプライベートの影響で生活習慣が乱れているという人は注意が必要になってきます。

アトピーなどの皮膚炎

肌トラブルを引き起こす原因として、アトピーなどの皮膚炎が関係してくることもあります。アトピーの人であれば、慢性的に肌に炎症が起こっている状態が引き起こされてしまいます。 皮膚炎はそれだけでターンオーバーの乱れを引き起こしていきますし、炎症が悪化すればするほどその跡が色素沈着やクレーターなどで残ってしまうわけです。

クレーター肌の改善は「セルフケア」と「美容皮膚科」の2通りがある

肌の綺麗な女性 こうしたクレーター肌の改善のためには、美容皮膚科を利用するか、自分で対処していくかの二つの方法が挙げられます。自分で対処する方法であればスキンケアの方法を工夫していくことになりますし、美容皮膚科であればレーザー治療を主に行っていくことになります。

セルフケアで改善するメリット・デメリット

自分でできるクレーター肌の対策の場合、費用負担を最小限に抑えることができるというメリットがあります。普段のスキンケアの内容をかえるだけなので患者にとっては手軽なのですが、その反面で効果があらわれるまでにある程度の期間が必要になってくるというデメリットがでてきます。 人によっては効果がいつまでたってもあらわれないこともあるので、クレーター肌の症状が顕著な場合には不向きな方法となってきます。

美容皮膚科で改善するメリット・デメリット

美容皮膚科でのクレーター治療は、より効果的に症状を緩和していくことが出来ます。これが最大のメリットとなってくるわけですが、その反面で費用負担が大きくなること、通院の手間が増えてしまうという点がデメリットとして挙げられます。 治療を受けたいという場合にはまず、予算や通院の都合をつけて、自分によりあった治療方法、病院をさがしていく必要があります。

セルフケアでのクレーター肌の改善方法

ベンチに座って笑ってる女性

正しい洗顔・スキンケアを行う

自分でできる肌トラブルの対処として、正しい洗顔・スキンケアを心がけることが挙げられます。まずは洗顔料をしっかりと泡立てて肌を泡でなでるようにして洗っていきます。スキンケアの際にも肌をこすらない事を心がければ、不用意なダメージを避けることが出来ます。 自分に合った化粧品を選ぶことでスキンケアに有効な美容成分を効率的に肌内部に浸透させていくことも可能になります。

質の良い睡眠をとる

自分でできる肌質の対処として質の良い睡眠をとるという方法も挙げられます。特にゴールデンタイムと呼ばれる22時から2時までの間には成長ホルモンが多く分泌されるため、この時間帯に質の良い睡眠をとることが大切になってきます。 人によって多少の違いはあるものの、平均で8時間の睡眠をとるのがベストですし、寝る前には保湿ケアを徹底して肌の乾燥を予防することが大切です。

食生活を見直す

自分でできる肌トラブルの対処方法として、食生活の見直しが挙げられます。肌の保湿力を高めるとされるコラーゲン成分、美肌効果のあるビタミンやミネラル分をバランスよく取り入れて体質改善を図っていきます。 脂っこい食事ばかりでなく、野菜を中心とした食事を心がけるだけでも肌の状態を幾分改善していくことが可能になっていきます。

美容皮膚科でのクレーター肌の改善方法

クリニックの女性医師 クレーター肌の対処のために、美容皮膚科で治療を受けるという方法も挙げられます。こうしたクレーター肌の改善は美容目的での治療となる為、通常の皮膚科ではなく美容皮膚科での受診がベストになってきます。治療の幅もその方が広がっていきますし、肌質の改善にも効果的です。美容目的での治療は費用が自己負担となりますが、それで肌質が改善されるというのであれば決して悪い話ではありません。

レーザー治療

美容皮膚科で出来る治療としてレーザー治療が用いられることになります。特殊な波長のレーザーを肌に当てることによって肌細胞を一度破壊し、患部の肌再生を促していきます。 具体的には「ヤグレーザー」や「フラクショナルレーザー」などを用いて複数回の治療を繰り返していきます。肌の再生は1回の施術で10%前後進みますが、クレーターの状態を完全になくして見た目をより綺麗にしていく為には複数回の施術が必要になってくるわけです。 【レーザー治療にかかる費用相場・治療回数】 レーザーによる治療のほとんどは、複数回の施術が必要になってきます。多くは2週間から1か月に1回のペースで行われていきますが、相場としては1回数万円程度の費用が必要になってきます。つまり、トータルで10万円から数十万円の金額が必要になってくるというわけです。

ピーリングによる治療

美容皮膚科で出来る治療の方法として、ピーリングという方法も挙げられます。ピーリングは肌の表面のごく浅い部分を削って行う治療のことで、一度肌を削ることで肌の再生を促していくことが出来ます。クレーターが出来た部分を広範囲にわたって削っていくのでその部位の肌質改善、美肌効果も期待していくことができます。 ただしその分施術の後には痛みや腫れなどの症状があらわれやすいため、この点がデメリットとして挙げられることになります。 【ピーリングによる治療にかかる費用相場・治療回数】 ピーリングの相場は利用する病院によって違いが出てきますが、多くは1万円弱程度の費用が必要になってきます。ただ、これはあくまで施術1回にかかる費用です。治療回数が複数回となれば、その分金額もかさんでいくことになるので注意が必要です。

フォトフェイシャル

美容皮膚科で出来る治療の方法として、フォトフェイシャルという方法も挙げられます。フォトフェイシャルの場合、幅広い波長の光を同時に患部にあてて施術を行っていきます。クレーター肌の改善の他、しわやニキビの改善など幅広い症状に効果があるのが特徴となってきますが、その反面で具体的な効果を実感するまでに時間がかかるというデメリットとなってきます。 この治療にはフォトフェイシャルファースト、フォトブライト、オーロラなどの種類があるため、その都度自分に合ったものを選んでいく必要があります。 【フォトフェイシャルにかかる費用相場・治療回数】 フォトフェイシャルの治療は1回あたり1万円から5万円ほどの費用が必要になってきます。基本的に効果があらわれるまでに複数回の施術が必要になる為、トータルで数万円から数十万円の費用が必要になってくる場合もあります。

ヒアルロン酸注入

美容皮膚科で出来る治療の方法として、ヒアルロン酸注入による治療が挙げられます。肌機能を活性化させる成分を患部に注入していきます。 非常に手軽で傷跡も残らない、この点はメリットとなりますが、効果があらわれるまでにある程度の期間が必要になってくるという点はデメリットとなることがあります。即効性のある効果を期待する人であれば不向きとなるケースがあるという事です。 【ヒアルロン酸注入にかかる費用相場・治療回数】 ヒアルロン酸注射を用いる方法であれば、1回あたり数千円から2万円程度の費用で治療を受けることが出来ます。人によっては複数回の施術が必要になりますが、それでもトータルで10万円以下で十分な効果を実感していくことが可能です。

皮膚の移植などの再生療法

美容皮膚科で出来る治療の方法の中でも、即効性があるものであれば皮膚移植などの再生療法が挙げられます。自分の身体から採取した皮膚をクレーター部分に移植することで直接的に肌トラブルを改善していくことが出来ます。 確実に効果が得られるという点がメリットとなりますが、その分皮膚細胞の採取などプラスαの手術が必要になる点がデメリットとして挙げられます。手術後のダウンタイムもその分長くなっていく為、仕事や私生活への影響も懸念されることとなります。 【皮膚の移植などの再生療法にかかる費用相場・治療回数】 皮膚移植などの再生療法での治療を行う場合、保険が適用されないケースであれば数十万円ほどの費用が必要になってきます。利用する病院によっては費用が100万円を超えることもあるため、予算が限られているという人には不向きとなってきます。

クレーター肌の改善は「根気強く続けること」が大切

ポイントや注意点を教えている女性医師 クレーター肌はそう簡単に治せるというものではありません。美容皮膚科の治療でも複数回の施術が必要ですし、治療期間もそれに応じて長くなっていきます。こうしたクレーター肌は長い期間をかけて根気強くケアを続けていくことが大切になってくるわけです。

自分に合った改善策を試しましょう

寝転んで肌の保湿やスキンケアをしている女性 一度できてしまったクレーターは美容皮膚科での治療、自分でできるスキンケアなどで対処していきます。どちらの方法でも根気強くケア、治療を続けることで初めてその症状改善がみられることになる、この点はしっかり押さえておくといいでしょう。

関連記事