脂肪融解注射を徹底解説|効果や費用、メリットやデメリットなど

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

脂肪融解注射について紹介

注射器を持ったクリニックの女性医師一般的なダイエットでは実現の難しい部分やせも、脂肪を溶かす成分を注射することで実現可能です。それが美容外科クリニックなどで受けることの出来る脂肪溶解注射です。今回は、この施術の特徴や効果、費用などについてご紹介します。

脂肪融解注射の概要・特徴

脂肪融解注射とは、皮膚下の脂肪層にレシチンを中心にしたアミノ酸(ホスファチジルコリン)脂肪溶解する作用を持った薬液を注射する施術です。ホスファチジルコリンは欧米では高脂血症の治療にも使用される薬液です。これにより施術部位の脂肪が溶解して、老廃物として血液中に排出することにより、該当部位に徐々に浸透して脂肪細胞を分解していき、脂肪のみを選択手的に減少させることが出来るので、部分痩せも実現することが出来ます。

脂肪融解注射と脂肪溶解注射は大差ない

眉毛の上に注射を打っている女性 脂肪融解注射に類似した治療法に脂肪溶解注射もあります。脂肪溶解注射は脂肪細胞、セルライト解消効果、血流改善効果も期待できます。しかしいずれの治療法も類似した作用を持ち、治療効果も大差ないとされています。

脂肪融解注射の効果

脂肪溶解注射の最大の特徴は従来のように脂肪吸引を行うことなく部分痩せを可能にした点にあります。それは施術部位の脂肪細胞やセルライトなどにも分解効果を発揮し、局地的に大きなサイズダウンを行うことが可能です。脂肪細胞自体の数を減少させるためリバウンドの心配もありません。脂肪除去のムラが少ないので脂肪吸引のように皮膚の表面に凸凹や皮膚のたるみなどの症状の心配も少ないのも特徴です。安全性も高く日本国内でも広く普及しています。

脂肪融解注射の効果が現れやすい部位

脂肪溶解注射は脂肪の付きやすいお腹や内もも、二の腕などに効果が現れやすいです。メスを使用しないので顔の部分痩せにも効果を発揮します。

効果を実感できるまでの期間

脂肪溶解注射はどの程度で効果を実感できるようになるのでしょうか。この点について1回の施術で効果が現れることは、あまりありません。施術部位の脂肪やセルライト分解を期待できますが、薬液の効果が及ぶ範囲は限定されるからです。顔などの狭い部位では3回程度で効果を実感できることもありますが、内ももやお腹、臀部などの脂肪細胞が多く分布する部位の場合には、3-5回、場合によっては6回以上の施術を行う必要があります。

脂肪融解注射のダウンタイム

睡眠をしている女性脂肪融解注射はダウンタイムがほとんど無いのが特徴です。ダウンタイムとは施術後のダメージから回復する過程に現れる症状のことです。施術時間は10分程度で済み身体への負担がほとんど無いので、術後に制限を受ける事項も特にありません

脂肪融解注射の費用相場

脂肪融解注射は保険適用外の施術になるので全額自己負担の自由診療です。そのためクリニックにより費用には差が生じます。一般的には脂肪融解作用の高い成分なほど費用も高額になります。費用の相場としては、1本あたり3万円ほど、キャンペーンを行っていると1万円以下のクリニックもあります。

脂肪融解注射のメリット

女性の綺麗な肌を虫眼鏡で拡大している

①脂肪吸引などに比べると比較的手軽に行える

脂肪融解注射のメリットとしては、脂肪吸引に比べるとハードルが低いことが挙げられます。脂肪吸引では切開を伴い、吸引管を皮下組織に挿入して脂肪細胞を吸引する必要があります。脂肪吸引量も多く、効果も確実ですが、施術時間が長くダウンタイムの負担も大きく、失敗のリスクも抱えていました。これに対して、脂肪融解注射では切開を加えることもなく、施術時間も短時間で済み、ダウンタイムの負担もありません。肉体的負担の軽さは大きなメリットと言えます。

②痩身を希望する部位にピンポイントで施術可能

脂肪融解注射のもう一つのメリットとして、ピンポイントで痩身を希望する部位に注射できることがあります。また注射による施術なので、他の痩身術に比較して治療適応が広く、注射可能部位が多いのもメリットです。顔のピンポイントな部分やせも低リスクで行うことができます。

③脂肪吸引などに比べると比較的安価で行える

施術が注射で行えることから、大掛かりな手技や装置を使用する必要がありません。そのため脂肪吸引などに比べると比較的安価で行うことが出来ます

脂肪融解注射のでデメリット

失敗や後悔をして両手で顔を押さえて落ち込んでいる女性

①部分やせに向くため、広範囲の痩身には向かない

脂肪融解注射のデメリットとしては、痩せる範囲は限定されたポイントに限られる点があげられます。短期間の施術でお腹や内ももなどの大きなパーツの部分やせを達成するのは不向きな治療法である点はデメリットと言えるでしょう。

②一度の融解量が少なく、1回だけの注射では効果の実感が難しい

また脂肪融解注射は、脂肪融解成分が施術部位に浸透することで部分やせ効果を発揮します。しかしその効果が発揮されるのは薬液が浸透できる範囲に限られます。そのため一度の施術で融解できる脂肪量には限度があり、1回だけの注射では効果を実感するのは難しいのが現状です。

③何回か注射しなければならないので、通院が必要になる

このように何回かの注射を行うのが脂肪融解注射の前提になるので、何回かは通院が必要になるというデメリットもあります。

④効果を感じられない場合がある

脂肪融解注射は脂肪を分解する作用を持つ薬液を注射しますが、1回あたりの注射量が少量に止まります。そのため脂肪組織が大量に分布する部位では、注射のみで大幅なサイズダウンを達成するには難しいといわざるをえません。大幅なサイズダウンを達成するには治療回数を増やすなどの対策を考える必要があります。

さいごに

砂浜で背中を向けて座っている女性脂肪融解注射は注射するだけで、施術箇所の脂肪を分解させることにより部分やせも実現できます。適応部位も広く、部分やせしたい部位なら、ほとんどどこにでも注射することが出来ます。しかし治療効果には限界もあるので、脂肪融解注射の特性を理解したうえで治療を受けることが大切です。

関連記事