脂肪溶解注射の効果について|最大限の効果を得るために

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

脂肪溶解注射で得られる効果について紹介

注射器を持ったクリニックの女性医師脂肪溶解注射は別名メソセラピーとも呼ばれる、新しいダイエット美容法です。 痩せたい部分に注射をするだけで脂肪を減らすことができるという気軽さが人気ですが、施術を受けるに当たっていくつか注意点もありますので事前に詳しく知識を学ぶことも必要です。

脂肪溶解注射の概要

脂肪吸引などで痩せた時のイメージ

①施術の流れ

脂肪溶解注射は本格的な外科手術とは異なり注射一本を打つだけの簡単な施術ですので、入院の必要がなく当日日帰りで行うことができます。 流れとしてはまず事前にカウンセリングを行い、問題がなければ改めて予約をして施術を受けるという形です。 注射を打つだけですので施術自体は10分前後で終了し、すぐに帰宅することが可能です。顔に施術をする場合は施術前にメイクを落としてから施術室に入ります。 複数箇所に注射する場合でも施術時間は短時間で済むことが一般的です。

②脂肪を溶解するメカニズム

脂肪溶解注射で使用される薬液には大豆由来の天然成分が配合されており、この成分に脂肪を溶かす作用があるためダイエット効果を得ることができます。 施術後すぐに変化が現れるというものではなく、数週間かけて徐々に脂肪を溶解し、体の外へと排出させます。 薬液は完全に体に吸収されその後排出されますので、安全性も高いとされています。 脂肪吸引とは異なりゆっくりとしたペースでダイエット効果を実感することができますので、自然な形で脂肪を落としたいという人に適した方法です。

③ダウンタイムについて

脂肪溶解注射は注射を打つだけの非常に簡単な施術ですが、体への負担がまったく無いというわけではなく、施術後にはダウンタイムが存在しますので注意が必要です。 薬液を注入する分皮下に膨らみが出ますので、しばらくは施術箇所がむくんだような状態となります。 また注射針の跡が赤くなったり、施術箇所周辺が紫っぽく変色するということもあります。 こうした症状は1週間ほどで消失しますので心配はいりませんが、顔への施術の際は目立ちやすいので、施術後の日常生活にまったく影響が出ないとはいい切れません。

④複数回の治療が必要

個人差や部位によっての違いもありますが、脂肪溶解注射は効果が現れるまでにおよそ3~5回程度の治療が必要とされています。 薬液の力で徐々に脂肪を溶かしていきますので、1回の治療で劇的な変化は得られないということを心得ておきましょう。

⑤費用相場について

費用に関してはクリニックによって多少ばらつきがありますが、目安としては手のひらサイズの範囲を1回施術するのに2万~3万円程度です。 あるいはセット料金であればボディの一部分につき5~6回を1セットで10~15万円ほどの料金に設定しているクリニックも多いです。 セット料金で申し込んだ方がお得なケースが多いですが、3回程度で満足のいく効果が得られるということもありますので、その場合は単発の治療の方が安く済む可能性もあります。

脂肪溶解注射の効果

目の下や頰に注射をしようとしている女性

①痩せにくい部位の部分やせ効果が得られる

脂肪溶解注射の最大のメリットは、なんといっても痩せにくい部分に対してもダイエット効果が得られるという面です。 どれだけダイエットをしてもどうしても下半身が痩せないというような人でも、お尻や太ももに対して脂肪溶解注射を行えば無理なくすっきりとした下半身へと変身することが可能です。 全体で見ると太っていないのに、部位によって脂肪が気になるというような場合にこそ、脂肪溶解注射は利用する価値が高いと言えるでしょう。

②効果が実感出来るまでの期間

目に見えるダイエット効果が現れるまでには、最低3回は治療が必要と言われています。 また1回治療後に薬液が体内に完全に吸収されるまでには2~3週間かかりますので、治療のペースは最短でも2週間に1回ということになります。 そのため例えば1セット3回の治療であれば、効果が現れるまでには6週間ほどは見ておかなければいけません。 ただしもちろん人によってはそれ以上の回数、期間を必要とすることもありますので、上記の回数と期間はあくまでも目安として考えおきましょう。

③効果が出やすい部位

脂肪溶解注射は効果が出やすい部位とそうでない部位があり、血流が滞りにくいアゴ周りやお腹などは比較的効果が現れやすいとされています。 血流が滞りやすい部位、あるいは脂肪が非常に多い場合には脂肪を溶かすスピードが緩やかになりますので、もともとの脂肪の多さなどによっても効き目は変わってくるということを理解しておきましょう。

④リバウンドする可能性が低い

リバウンドのしにくさも脂肪溶解注射のメリットの一つです。 脂肪溶解注射は運動や食事制限でダイエットした場合とは異なり、脂肪細胞を溶解して減少させるため、一度治療を施した部位はその後脂肪がつきにくくなります。 まったく太らなくなるということではありませんが、痩せにくい部位に治療を行えばその後も脂肪がつきにくい状態に保つことができるのです。

脂肪溶解注射の効果が得られないケース

失敗や後悔をして頭を抱えて悩んでいる女性

①1回しか施術を受けていない

効果が得られないケースの一つとしては、治療回数の不足があります。 脂肪溶解注射は外科的に脂肪を取り除く手術とは異なり、科学的に体内で脂肪を溶かし、自然な形で排出させるというダイエット法です。 1回の薬液注入で溶かすことができる脂肪の量は限られていますので、どの部位への施術であろうと1回だけでは目に見えるような変化は得られない場合がほとんどです。 何度も治療に通うのが煩わしくても、継続して施術を受けることで初めて結果が出る治療法ですので、必要な回数は必ず通うようにしましょう。

②粗悪な成分が注入された場合

脂肪溶解注射で使用される薬液はクリニックごとの調合となりますので、稀ではありますが粗悪な成分が混ぜられており、結果十分な脂肪溶解作用がないというようなこともあります。 料金設定が明らかに相場よりも低いという場合には粗悪な薬液を使用しているということも考えられますので、クリニック選びは慎重に行うようにしましょう。

③アフターケアを十分行っていない

脂肪溶解注射は作用を最大に高めるためには施術後のアフターケアも欠かせません。 施術後薬液の浸透を促し、むくみを予防するためには施術部位へのマッサージが効果的です。 また施術部位を温めて血流を促進させることも、薬液の吸収速度を速めることになります。 何もせずに放置しておくとむくみが出やすく、薬液がなかなか吸収されずに効果が出にくくなってしまう可能性もありますので、施術後のケアもしっかりと行うようにしましょう。

さいごに

微笑んでいる女性このように脂肪溶解注射は施術の気軽さなど多くのメリットがあるものの、施術後のケアなどいくつか注意点も存在するダイエット美容法です。 正しい施術回数や間隔を守り、アフターケアも怠らずに作用を最大限引き出し満足できる結果を得ましょう。

関連記事