レーザー脱毛後の赤み|原因・期間・対処法などを詳しく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

レーザー脱毛後の肌の赤みはどのくらい続く?

顎に手を当てて悩んでいる女性 レーザー脱毛は、家庭用脱毛器や光脱毛とは異なり、脱毛施術の中でも高い脱毛効果が期待できる方法です。 高い効果が期待できる分、術後に赤みやヒリヒリ感といった症状が出てしまうケースも少なくありません。 なぜ赤みが出てしまうのか気になりますよね。 そこで今回は、レーザー脱毛後に赤みの正体、原因、赤みが出やすい部位、赤みが続く期間、赤みの対処法と予防法を紹介していきます。

レーザー脱毛後の赤みは「炎症」である

人差し指を立ててポイントや注意点を示している女性 レーザー脱毛は、ムダ毛の毛根に向けて照射すると、毛に含まれている黒色のメラニン色素に反応し、熱を発生させて毛根に熱ダメージを与えるという仕組みです。 毛根には、毛母細胞という体毛の成長のもととなる細胞があり、レーザーでこの細胞に熱ダメージを与え、毛根を破壊し、発毛機能を停止させます。 このとき、レーザーの熱が皮膚内にこもり熱が放出されるまでに時間がかかると、「炎症性浮腫」という皮膚の赤みが生じます。 これは、その名の通り、レーザーによる熱ダメージによって肌が炎症を起こすことで赤みを帯びますが、異常なことではなく、レーザー脱毛を行う過程で起こる正常な皮膚反応のです。

炎症による赤みの原因

もちろん、個人差によって、レーザー脱毛後の赤みがほとんどないくらいの軽度の方もいれば、数日ほど赤みが続いてしまうような重度な方もいます。 これには、いくつかの原因が考えられるようです。

もともと肌が弱いため

肌質は個人差があり、少しの刺激でも敏感に反応してしまう方がいます。 特に、レーザー脱毛の場合は高出力なレーザーを照射するため、もともと肌が弱い敏感肌皮膚が薄い方は、通常よりもレーザー脱毛後に赤みがあらわれやすい傾向です。 少し引っ掻いただけで肌が赤くなりやすい方は注意しなければなりません。 肌質と部位によってはレーザー脱毛が受けられない可能性も出てくるため、事前にしっかりと相談をするようにしてください。

照射のエネルギーが強すぎるため

レーザー脱毛では、肌の状態に合わせて出力を調節することが可能です。 高出力にすればその分、脱毛効果も高まると言われていますが、高すぎると強い熱が発生し「赤み」が出やすくなります。 特に、施術時に強い痛みを感じた場合には赤みが出やすくなるので、その場で出力を下げてもらうようにしましょう。 また、その日の体調次第では、いつもと同じ出力でも赤みが発生してしまう場合もあります。体調が優れないという場合には、事前に伝えておいたほうが術後の赤みが起こるリスクを下げることが期待できそうです。

毛穴が密集している部分に照射したため

レーザー脱毛では、一般的にメラニンに反応するタイプのレーザーを使用するため、メラニンが多ければ多いほど強く作用します。 そのため、デリケートゾーンやワキなど、ムダ毛が密集して生えている部位に対してレーザーを当てる場合、発生する熱の強さや範囲などが大きくなり、赤みが出やすくなります。

シミ・ほくろなどメラニン色素が多い部分に照射したため

メラニン色素は、ムダ毛だけでなく、シミやほくろなどにも多く含まれています。 そのため、誤ってシミ・ほくろがある部分に照射してしまうと、レーザーが反応し、熱が吸収されてしまいます。 それによって、肌に赤みが出てしまうので注意しなければなりません。

日焼けをしている肌に照射したため

ムダ毛をはじめ、シミ・ほくろ以外にも、日焼けしている肌の浅い層にはメラニン色素が多く存在しています。 脱毛施術に使用するレーザーは、一般的にメラニンに反応して皮膚から深い位置に存在する毛根に熱ダメージを与えますが、皮膚の浅い層に蓄積しているメラニン色素にも反応してしまう恐れがあります。 それによって毛根のない浅い層に強いレーザーの熱が当たってしまうと、炎症を起こしてしまうでしょう。 炎症だけではなく、火傷をしてしまうリスクも高まるため、注意が必要です。

赤みが出やすい部位

顎ひげを気にしている男性 レーザー脱毛後の肌の赤みは、正常な皮膚の反応のため、どこの部位に照射しても赤みが出るのが一般的です。 特に、レーザー脱毛後に赤みが出やすい部位として、太くてメラニン色素が多く含まれている濃い毛が密集していところといえそうです。 代表的な部位としては、 ・男性のヒゲワキVIOライン などです。この部位の照射を希望している場合には、術後の日程に影響しないかなどを十分に考慮した上で、脱毛施術を受ける必要があります。

レーザー脱毛の赤みが続く期間

時計とスケジュール帳 レーザー脱毛後の赤みは通常の過程で起こる症状の一つですが、個人差や状態によって赤みが続く期間は異なります。 以下で紹介する日数は一般的な目安であり、目安の日数よりも早く落ち着く場合もあれば、時間がかかる場合もあるため、スケジュールなどの考慮しながら受けていきましょう。

毛穴が赤くなっている場合は2〜3日ほどで治る

個人差や状態の程度にもよりますが、健子な肌の方の場合、赤みが毛穴のみの場合は、2〜3日で落ち着くようです。 敏感肌の方は長引く可能性があるため、変化に注意しながら様子を見るようにしましょう。

肌が赤くなっている場合は1週間〜10日ほどで治る

毛穴のみではなく、肌がが全体的に赤くなっている場合には、落ち着くまでに1週間〜10日ほどの時間が必要になる可能性があります。 単純に肌の回復が遅い場合などは様子を見ても問題ないということもありますが、1週間〜10日以降も落ち着かないという場合には、火傷や重度の炎症を引き起こしている可能性があるため、様子を見ながらクリニックに相談して見てください。

レーザー脱毛後の赤みの対処法

足にクリームを塗っている女性

十分な保湿を行う

レーザー脱毛後は、レーザーの熱ダメージによって肌のバリア機能が低下していると言われています。 これが起こると、皮膚に含まれている水分が蒸発しやすくなり、肌の乾燥が感じられます。 このままの状態を放置し、脱毛施術を繰り返すと、毛周期が遅れ脱毛効果が十分に得られない可能性が出てきます。 さらに、高出力のレーザーを照射することが難しくなったり、炎症や火傷を引き起こすリスクが高まり、色素沈着しやすくなったりもします。 そのため、保湿成分が含まれているスキンケア用品でしっかり保湿してあげることが重要です。

クーリング(冷却)を行う

レーザー脱毛後の肌は、日焼けをして炎症を引き起こしている状態を同じと言われています。 そのため、肌にこもっている熱を下げると同時に、炎症の拡散を抑える目的で、脱毛施術後はしっかりとクーリング(冷却)を行います。 方法としては、冷水で冷やす・清潔なタオルを水で冷やし、患部に当てて熱を下げる・タオルで包んだ氷や保冷剤を当てるなどです。 特に、氷・保冷剤は肌に直接当てると肌にくっついてしまったり、低温やけどを起こしてしまったりするという可能性があるため、注意しなければなりません。処方された薬を塗る

処方された薬を使って炎症を抑える

クリニックにもよりますが、レーザー脱毛後は、抗炎症作用のあるステロイド剤が処方されることが多いです。 ステロイド剤と聞くと、危険ではないかなどが懸念されますが、実際には、用法・用量をきちんと守れば効果的な作用が得られる安全な薬と言われています。 この薬によって炎症が抑えられ、結果的に赤みも落ち着くので必要に応じて処方してもらうようにしましょう。

レーザー脱毛後の赤みの対策法

日焼けの対策をしている女性

飲酒・運動・入浴を控える

レーザー脱毛後ですが、すでに熱がこもって赤みが出ているのにも関わらず、飲酒・運動・入浴で体を温めてしまうと、再度施術部位に熱をこもらせてしまったり、すでに熱がこもっている部分の熱を上昇させてしまう危険性があります。 これによって、レーザー脱毛後の肌の赤みを悪化させてしまう可能性があるため、体を温める行為は控えなければなりません。

紫外線対策を行う

日焼けをすると、肌の浅い層にメラニン色素を蓄積させてしまう可能性があります、 そこに皮膚の深い位置にまで届く高出力なレーザーを当てると、炎症や火傷を引き起こすリスクを高めます。 また、施術後の赤みのある肌に紫外線が当たってしまうとさらにダメージを与えてしまうことにもなり、炎症がひどくなってしまうでしょう。 そのため、脱毛施術前後は日焼けをしないように紫外線対策を行わなければなりません。

肌に刺激を与えない

レーザー脱毛後の肌は、熱ダメージによってバリア機能が低下している状態です。 その状態は外からの刺激を受けやすく、ダメージを受けてしまうと、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが上手くいかず、黒ずみ・色素沈着を引き起こしてしまう可能性が高まります。 そのため、脱毛施術後のまもない時期は、引っ掻く・こするといった刺激が加わらないように注意しましょう。

レーザー脱毛後の赤みが気になったらクリニックへ相談しよう

カウンセリングを受けている女性と医師 レーザー脱毛後は、熱ダメージによって肌に赤みが見られます。 通常の過程で起こるもので、数日〜1週間ほどで落ち着くと言われていますが、いつもとは異なる違和感などが感じられたら、脱毛施術を受けたクリニックへ相談し、必要に応じて処置をしてもらいましょう。

関連記事