エラボトックスの効果がいつから?継続期間まで詳しく紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

エラボトックスの効果はいつから感じられる?

顎・顔のラインを手で押さえている女性 エラボトックスは、別名小顔注射とも呼ばれる施術です。エラボトックス注射の効果を感じるまでには時間がかかるとも言われています。では、実際にエラボトックスの効果がいつから発現するか、その期間についてご紹介いたします。

エラボトックスとは

エラボトックスとは、エラの張りが気になる部分の咬筋と呼ばれる筋肉に、ボツリヌス菌から生成された、ボツリヌス毒素の抽出エキスを配合した薬剤を注射器で注入する施術です。これによって咬筋の働きを意図的に抑制し、咬筋を弱らせ、フェイスラインをシャープにします。 咬筋が発達していることが、エラの張りの原因となっている方には、非常に効果的な施術法であると言われています。

エラボトックスの効果が感じられる期間は?

エラボトックスは、フェイスラインにある筋肉を徐々に弱体化させることで小顔になることができるため、効果が発現するまでには、一定期間が必要になります。 該当箇所への直接的なアプローチではないことから、整形手術よりも効果を実感するまでの期間が長いと言われています。また、多汗症治療やシワ治療の一環として、ボトックス注射を用いた場合よりも、ボトックス注射の治療成果が出るまでの期間が長いことから、短期間での治療を望まれる方には向きません。

エラボトックスの効果の持続期間について

エラボトックス注射は、治療成果が実感できるまでの期間が長く、一度効果が発現すると、6か月から1年ほどその効果が持続します。 そして、エラボトックスの施術回数を経るごとに、持続期間は長くなっていくことから、治療の頻度も少なくなります。根治的な施術ではないため、効果を持続させるには、定期的に施術を受けることが必要となります。エラボトックスでは、施術を受け続けることで小顔効果をあらわすと言えるでしょう。

エラボトックスの効果が出る時期や持続期間には個人差がある

エラボトックスの効果がいつから出るかは、人によっても大きく異なります。早い人であれば、注射を打った後、2週間ほどで筋肉が萎縮を始めます。 ボトックス注射は注射の量などに個人差があり、持続期間が短い方で3ヶ月、長い方でも1年ほどで、体質や咬筋の筋肉量でも持続期間が違います。そのため、体質やエラの張り具合、咬筋の発達具合などで、ボトックス治療の方が適している方と整形手術が適している方の二つに分かれます。

エラボトックス治療を受ける際は、十分なカウンセリングを行ってから治療を受けよう

エラボトックスは、治療期間が長期間となるため、治療計画を立てたうえで施術を受ける必要があるでしょう。また、施術内容、施術料金の確認、副作用の説明などのカウンセリングの時間を十分に取ってから、実際の施術を受けられることをおすすめします。 エラボトックス治療は、多くの美容クリニックが行っていますが、クリニックによっては、薬剤の使用量を減らして、安価な値段で施術を行っているクリニックなどもあるため、使用量を含めて、しっかりと確認しておきましょう。

エラボトックスの効果は個人差があるため医師と確認したうえで施術を受けよう!

あごに脂肪溶解注射やBNLSなどの注入施術を受けている女性 エラボトックス治療は、施術頻度が少ない施術法ではありますが、その分、高度な治療技術と綿密な治療計画が必要となります。効果の出初めや、持続期間は個人差があるものなので、担当のクリニック医師に確認した上で、治療を受けるようにしましょう。

関連記事