顔のたるみを改善する方法|簡単にできる7つの対策で解消!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

たるみの改善するには何をしたらいいの?

顔の輪郭をおさえた女性 人間は生きていれば肌も老化してきます。更に地球には重力があるので、毎日肌も下に下がる力が加わってたるんできます。なのでたるみが出来てしまった時に改善することや日頃のたるみ対策が大切になります。 そこで今回はたるみを改善する方法について紹介していきます。

たるみが出来てしまう原因

失敗や後悔をして悩んでいる女性 たるみ改善の効果を高めるためにもたるみを原因も知っておくことが大切です。原因を理解した上で悪化しないように対処していきましょう。

表情筋の衰え

顔にはたくさんの筋肉があります。ですが、実際に使われているのはほんの一部だけです。人は表情を作るのにクセがあり、偏った表情筋の使い方をしているからです。顔の表情筋は使わないと弾力が失われ、どんどん堅くなり垂れ下がっていきます。 そしてたるみだけでなく、表情筋が堅くなることでシワにもなりやすいです。地球には重力があるので、毎日肌も下に下がろうとする力が加わってたるんでいきます。できるだけ、たくさんの表情筋を動かして凝り固まるのを防ぎましょう。

肌のハリがなくなる

肌細胞は、加齢と共に弾力が失われ元気がなくなっていきます。肌細胞一つ一つに元気がなくなってくると、肌のふっくら感がなくなりハリも失われます。他にも毎日浴び続けている紫外線によっても肌にダメージを与えていきます。 紫外線が強い夏だけでなく、一年を通して紫外線対策が必要です。乾燥も肌の水分量を奪ってゆくので弾力がなくなります。肌は30歳を境にどんどんコラーゲンが減少して、潤いや弾力をなくしていきます。保湿して潤いを保つことがかなり大切になります。

皮下脂肪の増加

先ほどの表情筋の話の続きでもありますが、顔の筋肉を動かさなと凝り固まり、更には皮下脂肪となっていきます。表情筋を動かさないと、肌の体温も下がり余計に皮下脂肪が付きやすい状況になります。 表情筋の代表である目の周りの"目輪筋"や頬の"小頬骨筋"、口周りの"口輪筋"を中心に動かしてあげると顔も温かくなり血行もよくなり、皮下脂肪が付きにくいでしょう。顔も体と同じで、動かさないと皮下脂肪が付きますし、血行が悪いのも皮下脂肪が付きやすいです。

たるみを改善する方法

顎・顔のラインを手で押さえている女性

マッサージする

たるみを改善させたいなら、ハンドマッサージも効果的です。凝り固まった顔のコリをほぐして血行を良くしてたるみを改善していきましょう。 余分な水分が顔に溜まったむくみによってたるみがおきている場合もあります。余分な水分や老廃物を流してむくみをとると、顔もすっきりして重みが減りたるみの改善になります。 耳の下にリンパがあるので、そこにいらない老廃物や水分を流してあげましょう。リンパはゴミ箱の役目があり、老廃物などを流してくれます。それから、耳下から首に流してあげ、最終的には鎖骨になるリンパまで流してあげると、より余分な物が排出されスッキリしてたるみが改善されます。

顔の体操をする

顔にはたくさんの筋肉があります。ですが、実際に使われているのはほんの一部だけです。ですから、意識的に顔の表情筋を動かしほぐしていきましょう。顔ヨガを行うのも良い方法です。たるみが出やすいフェイスラインは、上を向き顎を引き上げると二重顎まなくなりフェイスラインがすっきりします。 顔体操の方法は、口を閉じた状態で舌を使って口の周りの皮膚を持ち上げる様に回す方法です。また黒目を上、下、右、左を動かしてあげると目の周りの筋肉を動かし、むくみを改善できるのでまぶたもすっきりします。まぶたのたるみ改善につながります。

食事を改善する

たるみを軽減するために良い食べ物として、コラーゲンに注目すると良いでしょう。コラーゲンが豊富な食べ物として、鶏肉の皮や牛すじがあります。 また、大豆製品にも女性ホルモンに似た大豆イソフラボンの摂取が出来、ホルモンバランスを整えてくれます。コラーゲンやイソフラボンは肌に保湿力や弾力を与えてくれるのでたるみを軽減させます。鶏肉の皮には、保湿成分のヒアルロン酸も豊富に含まれています。 さらにポリフェノールが豊富な明日葉は、血行を良くし、体内の水分調整に大切なミネラル成分のカリウムが豊富に含まれているためたるみの解消に効果的な食べ物です。ビタミンをたくさん含んだフルーツの摂取もよいでしょう。

たるみに効果のある化粧品を使用する

たるみを改善したいのならば、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンが含まれた化粧品は使用することをおすすめします。肌を保湿をして潤いを与えやハリのある若々しい基盤を作ってくれます。 また表面だけが潤いものではなく、肌の奥になる深層まで浸透する化粧品を使用されると良いでしょう。肌の奥から肌細胞が元気になると、肌がふっくら持ち上がり引き上げ効果が生まれます。そうしますと、垂れ下がらずリフトアップされるのでたるみが軽減されます。 より浸透をよくするために、美顔器をお使いいただくのも良い方法です。化粧品をより効果的に肌の奥から働きかけることができます。

ツボを押す

顔にはいくつものツボがあります。たるみに効くのは、黒目のふち下1センチぐらいの場所の「四白」というツボがあります。そこを押してみると顔全体のむくみがとれ、たるみにも効果的です。パソコンで疲れた目にも効果があります。 次に、小鼻の脇にあるツボで「迎香」です。乾燥やたるみ、ほうれい線、小じわ、肌荒れ、しみ、吹き出物にも効果的で、美容効果の高い万能なツボです。 そして「迎香」のもう少し横、先ほどの「四白」を下におろしてきた部分に「巨りょう」というツボがります。むくみやたるみ、ほうれい線や皮脂の分泌を調整も行てくれ、毛穴も目立たなくしてくれる効果もあります。

姿勢を正しくする

今は、デスクワークやスマホを見ることが多くなり、姿勢が前傾姿勢になりやすくなっています。そうしますと、頭が前に出てストレートネックにもなりやすいです。 体の軸が前に出ていることで、体の負担にもなりますし、頬杖をついてバランスをとろうとしたりします。このように無理な姿勢をとることでたるみの原因になります。 なので姿勢をよくするとバランスが取れて、余計な所に負荷がかからなくなります。日頃から姿勢を気をつける事でたるみを解消することができますよ。

クリニックで治療する

すぐにたるみを改善したい方はクリニックで治療を受けることがおすすめです。クリニックでのたるみ改善は様々な方法があるので、特徴などをよく知って自分に合った施術を選ぶことがポイントになります。 ・たるみ改善の施術 【ヒアルロン酸注入】 ヒアルロン酸注入すると、肌に潤いやハリが出て肌が持ち上がりたるむことがなくなります。肌細胞が元気に潤いを持つことで、肌をふっくら持ち上げてくれるのでたるむことがなくなります。 【脂肪吸引】 脂肪吸引をすると、余分な脂肪が減るので肌を下げる余分な物が減るので顔自体小さくなりたるむことを軽減させます。 【ボトックス注射】 ボトックス注射も筋肉をブロックさせるのでしわの軽減や引き上げ効果ができ、肌のたるむことを軽減させていきます。 【サマークール】 サマークールも肌を一時的に肌の再生化をはかっていきます。どれも肌のたるむことを減らし、肌自体に潤いやハリを与え、若々しい肌にしていきます。肌細胞を活性化させると肌を持ち上げる力がくっわり引き上げられます。 顔自体がスッキリ小顔になることで、重みが減り重力の負荷も減らすことができます。主に頬や、まぶた、ほうれい線、フェイスライン、顎周りに効果的です。その部分がスッキリしたり、リフトアップされるだけで見た目の印象がかなり変わります。

日頃の生活に気をつけてたるみを改善していきましょう

ベンチに座って笑ってる女性 たるむことを改善したいならば、とにかく表情筋を毎日動かしてあげることが大切です。動かしてあげることで余分な水分や老廃物が流れ、むくみがなくなり結果として肌のたるむことを軽減させていきます。毎日の地道な努力が大切です。

関連記事