だんご鼻は美容整形で治る?施術方法からアフターケアまで大紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

だんご鼻の整形について詳しく知りたい!

匂いを防ぐために鼻をつまんでいる女性 鼻先が低く、形が丸くついぶれたようになっている鼻のことをだんご鼻呼ぶことがあります。 鼻は、顔の中心部にあって目立つ場所ですから、何とかして治したいと考える人も多いはずです。だんご鼻は美容整形術で治すことも可能にな症状です。今回は美容整形でだんご鼻の治療についてご紹介いたします!

だんご鼻の原因について

鼻はほかの顔のパーツと比べても出っ張っている部分で顔を洗う時にも良く触れてしまうように、一番刺激を受けやすい場所です。空気を取り込むために重要な場所でもありますから、守るために皮膚の厚みが増してきてだんご鼻になることがあります。 鼻の穴を形成する部分には軟骨が入っていて鼻の中央部分に皮下脂肪が多かったりつぶれていたりすると軟骨の開きが大きい状態になって、整形したくなるようなだんご鼻の原因になってしまい幅が広く大きく見せてしまいます。

だんご鼻の整形術(鼻尖形成)手術の種類について

①皮下脂肪の除去

鼻の中央部分に皮下脂肪が多くなっていると大きく見えるだけでなく、鼻の穴を押しつぶして空気の通りを悪くしていることがあります。 だんご鼻の整形術として行われる鼻尖形成の中でも余分な皮下脂肪除去の内容は、鼻の穴の内側から切開して鼻翼軟骨の上にある脂肪を不要な分だけ取り除き形を整えるもので、丸く肥大して見えていた部分がすっきりスマートになる効果が期待できます。

②軟骨の固定術

皮膚が厚く硬くなりだんご鼻になっているときの整形術として行われる鼻尖形成には軟骨の固定術があります。皮膚の厚い部分を薄くするため筋膜組織を切り取り、場合によっては皮膚の裏側についている脂肪細胞にもアプローチしてできた空間を軟骨に固定させるためにギプスで固定します。皮膚を薄くした分小鼻になる効果が期待できる術式です。

③軟骨の切除

軟骨が広がっていて大き過ぎることが原因でだんご鼻になっているときに行う整形術で軟骨の切除の内容は、鼻の形が不自然にならないよう注意しながら鼻翼軟骨を部分的に切除して角度と高さを調節します。 切り離された鼻翼軟骨は不安定になるので中央部分で縫い合わせます。先端部分が細く、とてもシャープになる効果が得られやすい鼻尖形成術です。

④切らない手術(ループ法)

メスを使う方法に抵抗がある場合は切らない手術にループ法というだんご鼻の整形術があります。鼻翼軟骨を中央部分で数か所縫い止める糸だけを用いて行われる方法で、手術による負担があまりなく治りも早い特徴があります。 効果は丸くて大きかった鼻先をとがらせることができて、細く小鼻にできるプチ整形で見た目の印象を少し変えたい場合に適しています。

鼻尖形成術の施術のダウンタイムについて

手術の方法によってダウンタイムも違ってきますが大体の施術は入院する必要がなく、30分から1時間程度の手術が終わった後は少し休憩をとってから帰宅することが可能です。 腫れがひどい期間は3日程度から1週間ほどあるとお言われています。糸で施術をしただけであれば回復が早いですが、メスを利用して切開して切除などを行っていれば1週間程度はダウンタイムを見込んだ方が良く、抜糸も腫れが落ち着いてきた術後1週間ほどしてから行われることが多いです。

鼻尖形成術の施術後のアフターケアについて

手術の後はきれいな形に整えて皮膚を定着させて落ち着かせるためにもギプスの取り付けを行う必要がああります。場合によって傷口の消毒が必要になることがあるようです。 また、感染症が起きていないか術後の経過が順調であるか医師が確認するため、抜糸を行った後も通院が必要になることがあります。医師によって通院間隔には違いがあるようですが、状態が落ち着いて整形が完成したといえる術後6か月を経過するまでは定期的な診察が行われることが多いようです。

鼻尖形成術の失敗・リスクについて

脂肪を取り除いて皮膚の厚みを薄くする手術は何センチも変化が出るものでは無く数ミリ単位であることが多く、手術の仕方によってはだんご鼻が変わっていないように見える失敗もあり得ます。 鼻翼軟骨を切り離す方法も失敗すると鼻の形がいびつになる可能性があり、糸だけで行われるプチ整形も手術よりは変化が乏しく修正が必要になってしまう可能性があります。 医師の知識や技術が低いとリスクが高まって、左右のバランスが悪くなって顔のほかのパーツとのバランスがおかしくなってしまうこともあるためよく検討が必要です。

鼻尖形成術の施術の費用相場について

難易度の高いものと比較的短時間で終わる手術とでは費用に差があり、プチ整形で鼻翼軟骨の中央部分を糸で縫い止める場合は200,000円から300,000円位が相場と言われています。 手術でメスを入れる場合は500,000円程度必要になると言われています。鼻の穴の中からアプローチすると視野が狭く難しい手術であることや部分麻酔やギプス固定などを行う必要性もあるため、小さいパーツの手術でも費用がかかります。鼻の付け根から切開して視野を広げてアプローチする場合も、丁寧な縫合が必要になって施術費用が高額になることも多いです。

鼻尖形成術を受けるときは慎重にクリニックを選ぼう!

悩みを解消したくてだんご鼻の整形の施術を受けようとしても、医師が十分なシミュレーションを行わず患者の意見を反映させなかった場合、満足できない仕上がりになる可能性があります。見た目の変化がなく修正が必要になってしまうと形が崩れてしまうことや傷跡が残ってしまうリスクが高まります。 鼻尖形成術に実績があってだんご鼻の原因に合った手術を選択し、デザインの検討を十分に行ってくれる患者により沿った対応をしてくれる医師がいるクリニックを探すのが良いでしょう

だんご鼻を美容整形術で治すなら自分に適した施術方法を選ぼう

綺麗な二重をした女性の目元 だんご鼻の美容整形術は、施術方法も多様で、患者様の状態に合わせた施術を受けることが出来ます。そのため、施術を受ける際は、術後のダウンタイムやアフターケアを理解したうえで施術を受ける必要があります。また、だんご鼻の整形を数多くこなしてきた名医がいるクリニックで原因を解消できる術式で手術を受けられるように、クリニックは慎重に選んで決めるようにしましょう。

関連記事