顔のたるみを解消するケア方法|悪化しないための予防法も紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

顔のたるみを取る方法はどんなものがあるの?

顔の輪郭をおさえた女性 年齢を重ねるごとに気になるのが、顔のたるみ。頬や口元、おでこなどたるみがシワやほうれい線へと繋がり、「老け顔」へと進展してしまいます。 これらは日頃のケアやマッサージによって、ある程度対策することができます。なので肌がたるむ原因や対策・予防法などについて知っておくことが大切になります。

たるみの原因

顎に手をついて考えている女性 まずはじめにそもそもたるみが現れてしまう原因について紹介して行きます。原因を知ることでより有効な治療や予防の方法などを見つけることができるのでチェックしておきましょう。

表情筋の衰え

私たち人間の構造は、皮膚の奥に脂肪、そして筋肉、骨という順番でついています。当然顔の皮膚の下にも筋肉があり、奥の方で脂肪や皮膚を支えていますが、この顔の筋肉=表情筋が衰えることにより上層部の皮膚を支えきれなくなり、顔がたるんできます。 表情筋が衰える原因としては、普段表情筋を使っていないこと、そして加齢による衰えが挙げられます。手足の筋肉が使っていないと衰えるように、顔の表情筋も同様に鈍った結果たるんでくるのです。

肌にハリがなくなる

顔がたるんでくる原因に肌のハリがなくなることも関係しています。加齢や肌の乾燥、紫外線の照射などによって肌に含まれるコラーゲンやエラスチンが減少し、肌のハリや弾力が損なわれます。 コラーゲンは皮下組織の中に存在し、クッションのような役割を果たして肌の弾力を生み出し、エラスチンは、コラーゲンを支えます。これらが肌の弾力やうるおいを保っています。 しかし、コラーゲンやエラスチンは、年齢とともに減少する傾向にあります。さらに、肌の乾燥や紫外線など、お肌がダメージを受けることでもハリが失われていくのです。

生活習慣の悪化

十分な睡眠時間をとっていないこと、偏った食事や暴飲暴食など食生活の乱れ、喫煙といった生活習慣の乱れもたるみの原因となってしまいます。内臓や皮膚、身体そのものに負担をかけ、代謝やターンオーバーを低下させる行為を自ら行っているようなものです。 また、猫背や頬杖をつくといった悪い姿勢も原因となります。身体の歪みを生じさせ、わざわざ顔の皮膚を下に引っぱってたるませるエクササイズをしていると言っても過言ではありません。

たるみを解消する方法

適切なスキンケアを行う

寝転んで肌の保湿やスキンケアをしている女性 スキンケアはたるみ解消の有効な手段のひとつですが、気をつけたいことがあります。化粧水を肌に浸透させるとき、手でパチパチと叩いたりコットンで叩き込んだりしてはいけません。顔面の皮膚は他の身体の部位より繊細で、ちょっとした刺激にも弱く、赤ら顔や肌のくすみ、角質の硬化を招き、逆効果となります。 化粧水をつけた後は、優しくハンドプレスする程度に抑えるのが正しいお肌のお手入れ方法です。同様に、フェイシャルマッサージも適度な力加減で行えば効果的ですが、それが過度の力や量になってしまうと逆効果となります。頻度を少し減らしたり、優しく行うことを心がけましょう。

マッサージをする

顔の輪郭と顎をマッサージされている女性 マッサージの中でも、「表情筋を鍛える顔の運動」はたるみを解消する上で非常に効果が高いです。顔がたるむ原因のひとつである、表情筋の衰えを解消することで、脂肪や皮膚を持ち上げる力を取り戻せるからです。 すぐにできる簡単な方法として、まず鏡の前に座り、口をすぼめて「ウ」の形のまま前に突き出します。次に、突き出した口をあごの方に下げます。そして、手を使わずに頬の筋肉を上に吊り上げます。この時、後頭部にも力を入れるようにしてください。顔面の皮膚を上に引っぱり上げているのは、この後頭部の筋肉なので、この方法によって顔の表情筋と後頭部の筋肉を同時に効果が期待できます。

クリニックで治療する

クリニックの女性医師 目立ってしまったたるみの早期改善・解消には、クリニックによる治療が効果的です。クリニックで治療する場合は、たるみの進行度合いによって選ぶべき施術が変わります。初期段階から中程度であればリフトアップが有効とされていますが、その状態によっては他の施術が必要な場合もあります。 最適な施術を受けるために、医師による十分なカウンセリングが受けられること、そしてアフターケアが万全なクリニックを選ぶ必要があります。 ・たるみ解消に効果的な治療法①【サーマクール】 サーマクールは、近年日本に上陸した解消手術のひとつです。メス切開をせず、ダウンタイムも少ないため人気の施術方法です。比較的簡単な手法であるため、医師による差がそれほど大きくないのもメリットのひとつです。 効果があるのは6ヶ月~1年程度であり、それ以降は老化などによって徐々にたるみやシワが出てきてしまうことがある点がデメリットでしょう。費用相場は10〜30万円ほどです。 ・たるみの解消に効果的な治療法②【ヒアルロン酸注入】 水分保持力の高いヒアルロン酸を注入して、肌の水分を増やして肌をみずみずしくさせてたるみを解消する手術です。ボリュームが得られ、若返り効果が見られます。 リスクとしては注入量が多い・頻繁になると、その重みで返ってたるんでしまうことです。一定期間を空けつつ2本から4本注入するのが平均的な施術方法で、相場額は8〜20万円ほどです。 ・たるみ解消に効果的な治療法③【ボトックス注射】 ボトックス注射を首に打つことで、たるんだ顔の皮膚だけでなく首の縦・横のしわも解消して、美しいフェイスラインを作り出します。注射だけという手軽さに加えて、痛み・腫れもほとんどありません。 リスクとしては、効果は3〜6ヶ月ほどしか持たないためその都度打つ必要があります。また、顔の筋肉が細くなって支える力が弱まり、たるみやすくなる可能性も高いです。費用相場額は一回1万円前後です。 ・たるみ解消に効果的な治療法④【脂肪吸引】 おもりとなっている頬の脂肪を脂肪吸引で取り除くことにより、たるみを解消する手術です。施術方法は、耳たぶの裏から切開してカニューレ(吸引管)で脂肪を吸い取ります。手術冒頭の麻酔注射の段階では少し痛みますが(5分程度)、手術中の痛みはありません。 リスクとしては、ほうれい線が既にある方は、逆に目立つため逆効果です。頬がこけている方にも効果がありません。相場価格は20万円前後です。

たるみの予防法

ポイントや注意点を教えている女性医師

バランスのよい食事をとる

バランスのとれた食事は、予防対策となります。肌のハリを保つ栄養素を積極的に摂取しましょう。肌の再生や生成を助けるビタミンB2やビタミンB6は有効です。B2が含まれる食品は、牛や豚レバー、うなぎや鶏卵、小麦や納豆などです。B6が含まれる食品はピスタチオ、玄米などです。 その他にも、マグロ・カツオなどの魚やレバー、鶏肉やナッツ類などに含まれるナイアシン、ニンジンやホウレンソウ、小松菜やブロッコリーなど色の濃い野菜・果物に含まれるβカロテンも有効です。ワカメや海苔など海藻類に含まれるミネラル、大豆製品に含まれているイソフラボンも効果があります。

姿勢に気をつける

姿勢が悪くなるタイミングは、デスクワークなどでイスに座る時です。正しい姿勢で座ることで、改善できるのでぜひ正しい座り方のポイントを覚えておきましょう。 まず、足の裏が床にしっかりついていること、足首と膝が直角になっていること、骨盤がイスの座面に対して垂直になっていること、この3点を意識して座るようにします。もし、猫背になっていることを自覚したら、このポイントを思い出してください。 正しい姿勢へと矯正するのに、バランスディスクやバランスボールも有効です。座面が不安定なため、正しい姿勢を保つための筋肉が衰えているのを鍛え直すことができます。

エイジングケア化粧品を使用する

たるみ改善には、肌のハリに効果がある成分が含まれていて高保湿な化粧品を選ぶ必要があります。特に、肌のハリを促進するためにコラーゲンを増やす成分が含まれるものを選びましょう。 具体的には、肌のハリ・引き締め効果のある「ビタミンC誘導体」、コラーゲン増加促進効果のある「レチノール」、そしてコラーゲンそのものが含まれる化粧品がおすすめです。 保湿効果が得られる成分としては、セラミドやヒアルロン酸が多分に含まれる製品を選ぶと良いでしょう。ただし、乾燥肌・敏感肌の方は、なるべく低刺激な化粧品を選ぶことも大切です。

たるみの解消は自分に合った方法で!

少し笑顔の女性 たるみが目立つ状態まで進行すると最終的には美容医療が必要となりますが、結論を急がずまず原因を知ることが大切です。ご自身のたるみの原因がどれで、どういう対処法や予防法が効果的かを見極めましょう。普段の生活習慣や癖の改善、日々のケアで身体の内側から解消するというポイントも忘れずに。

関連記事