ピアス穴を塞ぐ方法について|期間や原理など気になる情報をご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ピアス穴を塞ぐための方法について紹介します

横顔の綺麗な女性 一度開けたピアス穴は適切な処置を行うことで塞ぐことができますが、方法を誤ると綺麗に塞ぐことができなかったり傷が悪化してしまう可能性があります。そのため塞ぎたい場合には正しい知識を持って対応する必要があります。

ピアス穴が完成していない場合は、すぐに塞がってしまう

個人差がありますが、一般的にはピアス穴が完成していない場合だと1日かからずに穴は塞がってしまいます。 体質によっては早ければ半日以内に塞がる人もいます。ピアス穴は体にとって傷であり自然治癒の力が働くためです。 逆にピアス穴がしっかりと完成している場合は自然治癒が働くのに時間がかかり、塞がるまでに何カ月も時間がかかることがあります。ピアス穴が完成した状態の期間が長ければ長いほど自然に塞がるには時間がかかります。

基本的には自然治癒で塞ぐことが可能

かかる時間の長さを気にしないのであれば、基本的にピアス穴は自然治癒で塞ぐことができます。穴が完全に形成される前であれば短期間で塞がるため特に有効です。 形成された後でも長い時間をかければいつか穴は塞がることになります。ただし綺麗に塞ぐためにはピアス穴を清潔な状態に保ち続けることが大切です。 特に穴が形成される前は傷の状態であるため、雑菌が入ってしまうと化膿してしまうことがあります。綺麗に塞ぐためにはピアス穴のケアが欠かせません。

きちんと改善させる場合には、病院での施術が必要

ピアス穴をきちんと塞ぐためには病院で施術を受けることが望ましいです。 糸を使用して穴を縫い合わせる外科的方法によって処置を行います。傷痕のよれや盛り上がり、ひきつれが起こらず比較的綺麗に穴を塞ぐことができます。 およそ30~40分程度の時間で完了することが多く後日抜糸の必要があります。自分で開けたピアス穴を閉じる場合は保険適用されず自己負担となるため全額支払う必要があります。 費用は病院によって大きく異なり、1か所3万円~8万円というところが多くあります。

ピアス跡も同様に、病院での治療で対処が可能

ピアス穴が塞がった跡が残ってしまった場合も病院で処置を受けることで改善できる場合があります。 医療用のレーザーを照射することで色素沈着を改善する方法が一般的ですが、1度の照射では完全に色素沈着が取れないこともあります。 その場合は複数回病院に通って照射を繰り返し徐々に傷跡を薄くしていきます。また、ピアス穴があった付近にしこりが残ってしまった場合などは外科的な手術によって中に溜まってしまったものを取り除く方法が採られます。

ピアス穴は清潔にしておくことが重要

手で望遠鏡を作って覗いている子供 ピアス穴は完全に形成される前であれば自然治癒で塞げるほか、形成された後であれば病院での処置によってきちんと塞ぐことができます。いずれの場合も、綺麗に穴を塞ぐためにピアス穴を清潔に保っておくことが重要です。

関連記事