ニキビ菌について|原因から増やさないための対策法までご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビ菌について紹介します

調合しているクリニックの医師 ニキビが慢性的に出来てしまう、といった声が多く聞かれます。それは、ニキビ菌が影響しているからかもしれません。そこで、今回はそんなニキビ菌について原因と、そこから見えてくる正しい対策方法について迫ってみたいと思います。

ニキビ菌の種類

①アクネ菌

顔にできるニキビはアクネ菌が原因です。アクネ菌自体は珍しい細菌ではありません。常在菌の一つなので、誰の肌にもあると思ってください。 アクネ菌は、腸内細菌と同じように善玉と悪玉がいます。善玉は肌を弱酸性に保ったり病原菌の繁殖を抑えます。悪玉は皮脂量が多いところに分泌し、毛穴の奥にたまって免疫システムが作動してしまいます。すると、炎症を起こしてニキビになってしまうのです。

②マラセチア菌

ニキビができるのは顔だけではありません。体のニキビができる原因はマラセチア菌です。体の中でもニキビができやすい背中や腕、胸や肩などにあります。 アクネ菌とは違うので、顔のニキビと体のニキビと比較してみるとあまり痛みやかゆみを伴いません。顔のニキビのように大きく広がることはありませんが、放っておいて簡単に治ることはありません。 マラセチア菌も常在菌の一種で、アクネ菌と同じように皮脂が多いところに分泌します。体の皮脂が多いと感じている人はマラセチア菌の体のニキビも気を付けましょう。

ニキビ菌が増える原因

毛穴詰まり

ニキビ菌のアクネ菌やマラセチア菌は皮脂が多い場所に発生しているので、毛穴詰まりには注意が必要です。 顔の場合はファンデーションなどのメイクが毛穴詰まりの原因にもなります。クレンジングで落とす時は毛穴に詰まっているメイクまできちんと落とさないとそれが原因でニキビ菌が増える恐れがあります。

乾燥

乾燥もニキビ菌が増える原因です。肌が乾燥すると肌を守ろうとして皮脂がたくさん分泌してしまいます。その過程でニキビが出来てしまいます。 また、乾燥すると皮膚が硬くなってしまい毛穴の伸縮が悪くなるのでより一層毛穴詰まりがひどくなるでしょう。 鼻や口の周りは摩擦が多くなりがちな場所ですから、皮脂が多く分泌しやすいけれど、実は乾燥していることが多いです。

男性ホルモンの過剰な分泌

男性ホルモンが過剰に分泌するとニキビ菌が増えてしまう傾向にあります。 男性ホルモンのアンドロゲンは皮脂の分泌を促進しますし、肌の角質を増やしすぎてしまいます。すると毛穴を古い角質がふさぐのでニキビ菌が増えるわけです。 Uゾーンのニキビに悩んでいる人は男性ホルモンの分泌が原因かもしれません。

ニキビ菌を増やさないための対策

保湿ケアをしっかりする

肌が乾燥すれば皮脂が増えてしまいますから、保湿ケアに力を入れましょう。肌に潤いを与えれば皮脂の分泌が抑えられます。シートマスクが保湿ケアには良いですが乾くまで付けているとかえって肌の水分が吸い取られるので表記されている時間通りに使ってください。 乳液やクリームは適量を付けましょう。たっぷりつけたくなるかもしれませんが、かえってニキビ菌のえさとなってニキビ菌が増える恐れがあります。適量を付けて肌のバランスを整えましょう。

生活習慣の改善

寝ている間に肌を修復しますので睡眠の質を高めましょう。湯船に浸かって体温を上げたり、寝る前に強い光を浴びないようにしてメラトニンを増やしてください。真っ暗にして寝るとよりメラトニンの分泌が増えて睡眠の質が高くなります。 甘いものや油っこいものもニキビ菌が増える原因なので食べ過ぎないようにしてください。全く食べないのではなく、ニキビができたときは減らすなどしてみましょう。また、水分を多めに摂取するのもおすすめです。

正しい生活リズムで過ごして、ニキビ菌と上手に付き合おう!

女性の綺麗な肌を虫眼鏡で拡大している ニキビ菌とは言っても顔と体とでは種類が違います。しかし、どちらも正しい予防法がありますので、日ごろからニキビ菌ができにくい生活を送りましょう。 そうすれば、慢性的なニキビで悩むこともなくなりますし、いつまでも美しい肌でいることも可能になります。

関連記事