【二重修正】部分切開法・小切開法の修正は出来るの?修正方法解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

部分切開(小切開法)…失敗してしまった。

二重形成術の一つである部分切開法(小切開法)を受けて、違和感がある、デザインが失敗してしまったという方はいらっしゃいませんか?部分切開法は切開を伴う施術になるため修正の難易度が高いです。しかし、部分切開法も修正は可能です。今回は部分切開法の修正方法はどのように行われるのか、ご紹介します。 ▽部分切開法・小切開法について 部分切開法(二重形成)とは~口コミ&体験談もあり!-目・目元・二重形成 小切開法(二重形成)とは~口コミ&体験談もあり!-目・目元・二重形成

部分切開の失敗とは?

部分切開法は全切開法埋没法の中間に位置する施術となっています。埋没法以上に医師の高い技術が要求される施術となっています。 部分切開法を行って考えられる失敗はいくつかあります。

希望のデザインより広い・狭い

希望したデザインと二重幅が異なってくるケースの失敗はよくあります。これは担当医との打ち合わせがしっかりできていなかった場合や、自分に似合うデザインを考えられなかったなどの原因が考えられます。

デザインの失敗

目を閉じている状態のラインがへこんでいて不自然というケースは、瞼板固定法でラインを形成する際に、強く抑えすぎてし待っていることが原因で起こります。伏し目にした際に、切開ラインが分かりやすくあらわれてしまう症状もこれが原因です。

たるみが残る

また部分切開法で施術を行うということは最小限の傷で二重を形成できるメリットと同時に、たるみなどを除去できないというデメリットもあります。元々のまぶたが薄い方には向いている施術ですが、まぶたの厚い方が行うとたるんでしまったり、二重を形成したラインが狭くなってきてしまうことがあります。

修正方法

基本的に全切開法と同様の施術で修正を行います。部分切開法は切開を行う二重形成のため修正の難易度が高く、全切開法と同様に切開法で修正を行うケースが多いです。埋没法で修正をしても切開を行った部位のラインが強いため、もとに戻ってしまうことが多々あります。 二重幅をより広げたいという場合には、前回切開したラインの癒着した箇所を外し、そのラインよりも上に内部処理を行って、新しく二重のラインを形成します。 二重幅を狭くしたいという場合には、前回切開をしたラインから下(目側)を切除し、新たなラインを作り、皮膚を縫合します。 しかし部分切開法はクリニックによってやり方が異なっていることが多いので、修正方法も症状によって異なってきます。症状によって修正を切開法で行う方がよいのか、、埋没法の方がうまくいくのかも異なってきます。カウンセリングできちんと診察してもらい、適切な方法を決定しましょう。

部分切開の修正のダウンタイム・デメリット

部分切開の修正の多くは切開法で行われますので、傷痕や腫れが残ってしまうことがあります。ダウンタイムは基本的に通常の二重形成術と同じくらいと考えていただいて問題ありません。 傷痕や腫れが完全に目立たなくなるまでには半年ほどかかってしまいます。 腫れが引くのに4~5日程度、傷や赤みなど炎症が1カ月~3カ月程度かかります。 施術後の痛みはほとんどありませんが、痛みが出る場合はクリニックによっては痛み止めを処方してもらえる場合があります。 また、どんな修正手術にも言えることですが、何度も皮膚を切開すると、皮膚に大きな負担がかかってしまいます。

最後に

部分切開法は、人によって施術が異なっていることが多いため、修正方法も人それぞれです。今回は一例をご紹介させていただきましたが、必ずしも紹介したような方法で施術が行われるわけではありません。カウンセリングの際にご自身に適した方法をしっかりと見極めてもらいましょう。

関連記事