クマの色素沈着とは|原因や消すための様々な治療方法などを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
3
顔のパックでスキンケアしている笑顔の女性目の下にクマができると「目つきが悪い」「不衛生」と周りにマイナスな印象を与えてしまうため気になってしまいます。 このような症状は、様々な原因で発生するとされていますが、具体的な対策を打てていない人も少なくないのではないでしょうか? 今回は、そんなクマの中でも、主に"色素沈着"で引き起こされてしまうクマに注目して、「そもそもどうして引き起こされてしまうのか」「どのように対処したらいいか」といった点を詳しくご紹介していきたいと思います。 ▽クマの種類や各種解消方法についてさらに詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてくださいクマの除去について|種類別の効果的な施術法を一挙公開

目元の色素沈着は「茶クマ」

クマにはいくつか種類がありますが、主に色素沈着によって出来てしまうクマを茶クマと呼ばれています。 この茶クマは年齢や性別に関係なく現れてしまいやすく、そのまま放置していても症状の改善を図ることが出来ないため注意が必要です。

茶クマの原因:目元の摩擦

皮膚は刺激を受けるとメラニン色素が発生してしまう性質を持っています。そのうえで、目元の皮膚は他の部位と比べて薄いため、ちょっとした刺激でメラニン色素が作られてしまい、クマが出来てしまう可能性があります。 そのため、よく目元をこするクセがあったり、クレンジング時に強く擦ってしまったりすると、こうした色素沈着が現れてしまう可能性があります。

茶クマの原因:乾燥による肌の代謝(ターンオーバー)の乱れ

肌の乾燥によって肌の代謝、ターンオーバーを乱れることで茶クマが出来てしまう可能性があります。 このターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのサイクルのことを指します。これが乱れてしまうと新しい健康な肌を作ることが難しくなり、メラニン色素の排出過程にも乱れが生じ色素沈着の原因を作ってしまいます。

茶クマの原因:紫外線ダメージ

紫外線にも肌の代謝、ターンオーバーを乱す働き存在します。そのため対策を怠ると色素沈着の原因を作ってしまいます。 夏などの日差しが強い時期は紫外線を気を付けている人は多いと思いますが秋や冬の時期は大半の人が紫外線対策を怠ってしまいがちです。 確かに紫外線というのは夏の時期は強くなると言われており、秋や冬は夏と比較して紫外線は弱いとされています。しかし、秋や冬の紫外線は全くない訳ではありません。そのためきちんと一年間紫外線対策を行わないと気づいた時に色素沈着を引き起こしてしまうケースも少なくありません。

茶クマの原因:ストレス・生活習慣の乱れ

色素沈着はストレスや生活習慣の乱れによって発生してしまうこともあります。 現代社会ではストレスを全く感じることなく生活することは難しいのですが、上手く発散させる方法を見つけておくことが大切です。 また、普段の生活習慣を見直してみることもポイントです。特に睡眠不足や栄養不足などは肌のターンオーバーを乱れさせる大きな原因となります。ターンオーバーが乱れていると色素沈着が起こりやすくなり、クマができやすくなるので注意しましょう。

茶クマの元凶!色素沈着の解消法

保湿ケアを十分に行う

目元の皮膚はもともと薄いので乾燥しやすい部分です。特に寒い時期になると皮膚が乾燥してしまい、ターンオーバーの乱れや痒みが発生してしまうこともあります。 そのため、まずは保湿ケアをしっかり行うことが大切です。目元専用の保湿効果が高いクリームなどを使用することで、こうした茶クマを少しずつ解消し、また予防といった効果が期待できると言われています。

美白化粧品を使用する

クマを消したいという場合、美白化粧品を使ってみるのもおすすめです。そうした美白化粧品には、色素沈着を予防する成分や改善する成分などが配合されています。 しかし、中には強力な美白成分が配合されている化粧品などもあります。そのため肌への負担が大きく色素沈着を悪化させる場合もあるので注意しましょう。

レーザー治療を行う

クマを消すためにレーザー治療を受けるという方法もあります。色素に反応するレーザーや高周波を照射することで症状の改善を図ることが可能と言われています。 レーザー治療の費用は1回あたり2〜5万円が相場となっています。必要な回数は人によって異なっているため、施術にかかる費用も個人差があります。

光治療を行う

クマは光治療によって解消することもできます。 レーザーとは異なり、顔全体に照射してさまざまな効果が得られます。光によって発生する熱は皮膚表面から真皮にかけて届きます。この熱によってメラニン色素の排出を促すことができます。さらに皮膚の再生を促進することもできるとされています。 費用は1回で3万円程度です。しかし、1回だけでは効果が実感できないことが多いため、3~4回の施術を受けた方が良いでしょう。また、最初から多めの回数に契約しておくと1回あたりの費用が安くなることもあります。

ケミカルピーリング

クマはケミカルピーリングで治療することもできます。これは酸を塗って古くなった角質を除去するという方法です。 古くなった角質を除去すると肌のターンオーバーが促進されます。それによってメラニン色素をスムーズに排出できるようになり、色素が薄くなって目元が明るくなる効果が期待できます。 ケミカルピーリングの費用はクリニックによって異なっていますが、1回で5000~1万円程度が相場です。

ハイドロキノン

ハイドロキノンとは、色素沈着の原因であるメラニン色素をつくるチロシナーゼという酵素の働きを弱め、減少させる効果がある外用薬です。 主にシワや色素沈着を治療する時に使われます。このハイドロキノンには、色素沈着を改善する効果の他にも美白効果もあり、予防対策で使用する方もいるそうです。 ハイドロキノンは、薬局や皮膚科で取り扱っているので必要な方は、そちらで購入することができます。また通販での購入も可能ですが、濃度が高い場合があり、肌質を悪化させる危険性があります。そのため安全面を優先する場合は、肌質にあった薬を処方してくれる皮膚科での購入が望ましいです。

目の下のクマが気になる方はクリニックに相談しましょう!

色素沈着のクマ、茶クマがあると周りに疲れた印象を与えてしまいます。そんな茶クマを皮膚科やクリニックでは、短期間で治すことができます。 皮膚科やクリニックで処方される治療薬を決められた量を守って使用することで短期間での完治が期待できます。そのため茶クマで悩んでいる方は、一度医療機関に相談することをおすすめします。 また、色素沈着による目の下のクマは保険が適用されない点も注意が必要です。継続して受け続ける必要がある施術の場合は、トータルの費用が高額になってしまう可能性もあるため、事前のカウンセリングなどであらかじめ見積もりを出しておくことが大切になってきます。

適切な治療法を知ることが重要です!

目頭に蒙古ひだがない奥二重の大きな目 茶クマは、第一印象を悪くする要因の一つです。この茶クマを短期間で解消するには、最適な解消方法を選択することが必要になります。それには、まず自分の下まぶたの状態を知ることが大切です。自分の下まぶたの状態をしり、適した解消方法を選択することが短期間で茶クマを改善する方法です。 自分の下まぶたの状態が把握できない、解消方法がわからない人は、近くのクリニックまたは皮膚科でのカウンセリングを受けましょう。 クリニックや皮膚科に抵抗があり、来院することができない人は、美容医療相談室にご相談ください。経験豊富なアドバイザーがあなたに適したクリニックや医師情報を提供させていただきます。

関連記事