【二重修正】埋没法はどうやって修正するの? 具体的な施術やかかる費用を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
2
失敗や後悔をして頭を抱えて悩んでいる女性 二重形成として人気の「埋没法」ですが、手軽に受けられる施術である分トラブルも多い施術だと言われています。 デザインに不満があったり、糸に関する問題で修正手術を受ける方が多いようです。今回は、埋没法の修正手術の方法や費用などについて詳しくご紹介します。 ▽「埋没法」の詳しい情報はこちら ┗【徹底解説】埋没法とは|効果やダウンタイム、失敗例や口コミまで紹介

埋没法の失敗例

何か考えている女性

糸が緩んでラインが取れてくる

埋没法は糸を縫い込んで二重を形成する方法ですので、切開法よりも元の状態に戻りやすくなってしまいます。 糸のかけ方、結び方が弱かったすると二重のラインが取れてきてしまうことがよくあります。

糸の結び目が飛び出してくる

糸を使用する施術のため、縫合した部分が目の周辺から糸が飛び出してくることがあります。特に結び目がまぶたの内側にある場合に飛び出してしまうと、眼球に結び目が触れて角膜に傷をつけてしまうことがあります。 このような状況が起きてしまった場合は、すぐに抜糸を行う必要があるため、修正手術を受けなければなりません。

たるんでくる

埋没法は、切開法と違い、糸でとめてラインを作るだけなので、たるみや内部組織が元々たるんでいる方が埋没法を行うと、さらにたるみが目立ってしまう可能性があります。 この場合は修正手術を行い、たるみの除去を行う切開法の方がきれいに修正することが出来ます。

希望の形にならない

デザインが希望通りにならないケースの失敗もあります。 元々二重のラインがついている方が埋没法を行った際に、元のラインもついてしまって三重のようなデザインになってしまったり、平行二重を希望していたのに末広な形になってしまった。というケースが起こる可能性があります。 たるみが強い一重の方や、奥二重の方が施術を受けた際に起こりやすい失敗と言われています。

左右差ができる

施術を行った後に両目の仕上がりに差が出来てしまうという失敗も考えられます。大きく差がある場合は目立ってしまうため幅を合わせるために修正手術を受ける必要があります。 ただし、人間の顔はもともと左右非対称となっているため、完全に左右で同じ目にすることはほとんど不可能だということは理解しておきましょう。

埋没法の修正方法

クリニックの女性医師二重形成埋没法の修正方法は、大きく分けて埋没法による再手術と切開法による再手術の2つです。それらの施術を行うまえに必要であれば抜糸を行います。 修正手術を繰り返して糸が埋没しすぎている、ラインの位置を狭くしたいなど特殊な理由が無ければ、基本的に抜糸は行わないケースが多いようです。 抜糸は、術後間もなければ糸を挿入した傷口から、術後時間が経過している場合は糸の先端がある場所を小さく切開して行います。 ▽「埋没法の抜糸」の詳しい情報はこちら ┗埋没法の抜糸の方法|抜糸後の経過や腫れがでる期間とは

埋没法による修正

糸が出てきてしまったという方や、ラインが取れ来てしまったという理由で修正手術を受けられた方は、新しいラインで再度埋没法を行って修正することが多いようです。 切開法に比べてダウンタイムが短く済む、一度施術を経験しているので不安が少ないなどの点はメリットといえます。ただしラインが取れやすい方は修正してもまた取れてしまうリスクがあるため、長期的な持続を期待する場合は適さないかもしれません。 また、埋没法を繰り返して糸がまぶたに複数本埋没している場合は再度うけることが難しいケースも考えれるため注意しましょう。

切開法による修正

たるみによってデザインが不自然になってきた場合には、たるみを除去してから切開法で修正される場合が多いです。   埋没法とは違い、切開の跡がそのまま二重のラインとして残るため、施術の効果は長期間持続しやすい背j修正方法となっています。またまぶたの脂肪が厚い方など埋没法が適さない人でも施術を受けることが可能です。 しかし、メスによる切開を用いるため、ダウンタイムの期間や症状が長引く傾向があり、一度施術を行うと修正が難しい点はデメリットです。 修正方法を選ぶ場合は、自分の目的や体質に合った施術を医師と相談しながら決めるようにしましょう。 ▽「切開法による修正」の詳しい情報はこちら ┗埋没法から切開法で修正をすることについて|受ける前に知っておきたい基礎知識

埋没法修正の費用

たくさんの100ドル札 埋没法の修正の料金は、2本の糸を取り外す場合で4万円程度です。 更に修正として、再度切開法や埋没法を行う場合は、通常通りの料金が必要となります。おおよその相場としては埋没法が50,000~150,000円程度、切開法が250,000~300,000円程度と言われています。 保証期間を設けているクリニックの場合は無料で修正を行ってくれる可能性もありますので、まずは埋没法を受けたクリニックに確認してみるようにしましょう。

埋没法はトラブルが多いと聞くけど本当?

鏡を見て頬のシミやニキビなどのできものを気にしている女性 埋没法は切開法と比較して、修正がしやすくダウンタイムも少ないので、安心して施術を受けれることが出来る!と考えている方も多いのではないでしょうか。 しかし、実際は埋没法においてトラブルは非常に多く起こっています。 糸を使用して行われている施術ですので、糸が取れてしまったり緩んできてしまう、飛び出してきてしまうといったトラブルは非常に起こる可能性が高いです。 また、目を閉じたときに糸が浮き出るようなデザインの違和感があらわれることもあります。 埋没法の手術を修正し続けることでも多くのトラブルが考えられます。埋没法の修正の際にきちんと糸を取り除かないとまぶたの毛細血管を傷つけ、目に悪影響を与えてしまいます。 また、そのような施術を続けると、抜糸したいときに糸を見つけるのが難しくなってしまい、完全に抜糸することが不可能になってしまいます。 気軽に受けることが出来るような印象を持たれがちな二重形成埋没法ですが、実際に施術を受けられた方の中にはトラブルを感じている方も沢山いらっしゃいます。 まだ施術を受けられていない方は慎重に検討するようにしましょう。 また、これから修正手術を考えられている方は、確実に正しい修正を行えるクリニックや医師を選ぶようにし、「失敗してもまた修正できる」という考えはやめましょう。

他院での修正も可能

笑顔のクリニックの男性医師 施術を受けたクリニックだと比較的安価に修正手術を受けられるケースも多いですが、もちろん他院での修正も可能です。 施術を受けたクリニックが修正手術に取り合ってくれない、もう施術を受けたクリニックに行きたくない、というような場合は他院での修正手術を検討してみましょう。 もし、二重形成術の修正手術を他院で受けたい場合や、クリニック選びでお悩みの場合は、美容医療相談室へご相談下さい。 ドクターのご経歴や学会発表だけでなく、実際に治療を受けた方の体験談、ドクターが評価・信頼するドクターなどの情報などを基準にして、推奨できるクリニックをご紹介でる場合があります。 どうぞお気軽にご相談くださいね。

関連記事